FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 3;白猫夢」
    白猫夢 第8部

    白猫夢・訪賢抄 3

     ←白猫夢・訪賢抄 2 →白猫夢・訪賢抄 4
    麒麟を巡る話、第364話。
    魔女の不穏な動き。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    3.
    「その賢者様が、この研究所に何の用なの?」
     研究所に通されたモールは、ルナにこう切り出した。
    「なに、要件は2つさ。大したコトじゃないね」
    「2つ?」
    「1つは、君たちが研究してる、再生医療術についての助言を申し出たいんだけどね」
    「……!」
     ルナの横で話を伺っていたマークは、目を丸くした。
    「あなたが?」「マーク、黙ってて」
     一方、ルナは険しい表情を崩さない。
    「話をする前に、確認したいことがあるわ」
    「分かってるってね。私が本当の本当に、賢者モールかどうかってことだろ?」
    「分かってるなら証拠を見せ」
     と、途中でルナの言葉が切れる。
     次の瞬間、モールの魔杖とルナの刀とが、応接机の上で交錯していた。
    「……やるね。このスピードに付いてくるか。目一杯加速したつもりなんだけどね」
    「うわさに聞いてた通りの剣呑ぶりね」
     何が起こったのか分からず、マークは一瞬、呆気に取られる。
     が、机の上に置いてあったコーヒーが、いつの間にかモールの三角帽子と共に、壁に張り付いているのに気付き、ぶるっと身震いした。
    「とりあえず、コーヒーは元に戻しとくね」
     モールはルナから離れ、杖をかざす。
    「『ウロボロスポール:リバース』」
     瞬時に、壁に撒かれたコーヒーと三角帽子が、それぞれ元の位置に戻る。
    「これが証拠と言うわけね?」
    「ちょいと乱暴だけどもね。結果的にゃ被害なしだしね」
    「いいわ。とりあえず信用するわ。
     で、何であなたがあたしたちの手伝いを?」
    「要件の2つ目の報酬ってとこだね」
    「そう。それで、2つ目は?」
    「ちょっとした調査依頼だね」
    「うちは探偵事務所じゃないわよ」
    「知ってるってね。最初は友達に協力してもらおうと思ったんだけどね、その友達がケチ臭くってね。君も知ってるよね、そいつのどケチっぷりはね?」
    「……ああ。何となく分かったわ。で、その『友達』に断られたところで、その友達の弟子であるあたしの師匠から、ここを紹介されたってところでしょ」
    「大正解だね」
     モールはニヤッと笑い、こう続けた。
    「実はここ1年ほど、央中で気になるヤツらを目にしてるんだよね。
     ひらっひらのドレスを着た、一見ふつーの人間っぽい、だけど明らかに人間とは違うヤツをね」
    「……!」
     モールのこの言葉に、ルナとマークは顔を見合わせた。
    「実は君に依頼する理由は、ソレもあるんだよね。ま、先に出会っちゃったけども」
    「パラのこと?」
    「そう。君にとっちゃ可愛いお人形ちゃんだね。
     で、あの子にそっくりな人形が、央中各地をうろついてるんだよね。今まで確認したところでは、2体。黒と赤のドレスと、もう一方は黒と青だね。
     そのうち1体と接触したけども、こっちの質問に一言も答えず、いきなり襲いかかって来た上に、どさくさに紛れてソイツは消えちゃったんだよね。
     分かってると思うけども、あの人形はただの人形じゃないね。人と見紛う高性能ゴーレム、克難訓の忠実なる下僕であり、敵を見逃さぬ猟犬であり、そして千人力の騎士だ。
     重ねて分かってるだろうけども、難訓は……」
    「人に知られることを嫌う、でしょ? その『隠れたがり』が人形を動かしまくってるってことは……」
    「ああ。何かを企んでるっぽいんだよね。
     だけども克のヤツ、『すまんが別の件で忙しい。不確実な情報ではそちらに手は回せん、な』つって、調査協力を断りやがったんだよね。ついでにアンタの師匠もね」
    「ふうん……? あの『悪魔』や師匠が忙殺されるような件ってのが、気になるところだけど……」
    「私の知ったこっちゃないね。後で自分で聞いてみた方が早いと思うね」
    「そうさせてもらうわ。
     で、アンタの依頼だけど、受けるわ。そのパラそっくりの人形も気になるし、こっちの研究に、伝説の『賢者』が協力してくれるって言うなら、願ってもない話だもの」
    「どーも。んじゃ、前払いってコトで、ちょこっと研究室を見させてもらおうかね」
     モールは「よっこいしょー」とうめきながら、ソファから立ち上がった。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【白猫夢・訪賢抄 2】へ
    • 【白猫夢・訪賢抄 4】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【白猫夢・訪賢抄 2】へ
    • 【白猫夢・訪賢抄 4】へ