FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 3;白猫夢」
    白猫夢 第8部

    白猫夢・訪賢抄 5

     ←白猫夢・訪賢抄 4 →白猫夢・訪賢抄 6
    麒麟を巡る話、第366話。
    ソリがあわない。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    5.
     モールが廊下に出たところで、再びルナと顔を合わせた。
    「どうかしら、うちのレベルは? 賢者サマが満足行くほどじゃないでしょうけど」
    「そうとも」
     にべもなくそう言い放ったモールに、ルナはニヤッと笑って見せた。
    「でしょうね。特に気になったのはチームワークかしら」
    「……君、聞いてたね?」
    「いいえ? これはあたしなりの所見よ」
     そう前置きし、ルナはこう続けた。
    「最近、マークが――まあ、注意するほどじゃないけど――あたしに相談や報告もせずに、自分勝手な研究計画を立てることが度々あったのよね。ま、実行に移す前に、カノジョにやんわり止められてるみたいだけど。
     大方、あたしの鼻を明かしたいと思ってやってるんでしょうけどね」
    「目的を見誤ってるね、そりゃ。崇高に扱うべき学術研究を自分の名誉欲で濁してるね」
    「そんなところね。余計なものに囚われて本道を踏み外す好例よ」
    「だからここらで一旦、ちょっと離れて見守っててやろう、ってコトかね」
     モールの指摘に、ルナはまた、ニヤッと笑う。
    「ふふ……、流石の見識ね。
     ええ、そのつもりもあるわ。勿論あたしの本意はあなたを引き入れ、研究を大きく進めることにあるわ。
     そろそろあの子を人間にして、ためらってる一歩を踏み出させてあげたいもの」
    「あの子?」
    「パラよ。あなたにとってはただの人形でしかないでしょうけど」
    「ああ、ソレについて聞きたいんだけどもね」
     モールはぴっ、とルナを指差した。
    「あの人形、ドコで手に入れたね? 分かってると思うけど、アレはただの自律人形じゃないね」
    「百も承知よ。あの子はあたしにとって、とっても大事な愛娘よ」
    「ケッ」
     モールはルナをにらみ、にじり寄る。
    「何が愛娘だ、アイツの危険性を分かってもいないクセに」
    「危険? どこがよ?」
    「分かってるはずだね、アレは難訓の造った高性能ゴーレムだ。今は可愛がりしてても、いつ何時、難訓の支配下に戻って牙を剥くか分からない、物騒な代物だね。
     それはこの先、人間になったとしても同様だ。克の関係者なら、ソレを知ってるはずだろう?」
    「なったら、その時はその時よ。あたしが引導を渡してやるわ」
    「自分の思い通りにならなきゃ即、廃棄ってか? 勝手な親もあったもんだね」
    「ならないと確信しているが故に、よ。あの子は絶対にそんなこと、しないわ」
    「どうだかね」
    「アンタの思ってるより、あたしとパラの絆は強いってことよ。うわべの知識で物を測るアンタよりもね」
    「フン」
     モールは不機嫌そうに鼻を鳴らし、ルナの横をすり抜けて、玄関へと歩いて行く。
    「話は平行線だ。コレ以上何を言い合っても無駄だね。
     また明日、同じ時間に来るね。詳しい予定を話し合いに来る。それじゃね」
    「はい、はい。じゃあね」
     ルナは背を向けたまま、モールに手を振った。

     バタン、と乱暴気味に玄関の戸が閉まったところで、ルナの寝室からパラが出てきた。
    「主様」
    「なに?」
    「……」
     パラは一見、いつも通りの無表情を浮かべているように見えるが、ルナは見透かした。
    「いいのよ、何も言わなくて。失礼な奴だったから、こっちも失礼で返しただけよ」
    「はい」
    「あなたのことは、あたしが一番信頼してる。あなたはどんな時も、あたしの味方であり、友であり、そして娘よ」
    「はい」
     パラはぎゅっと、ルナの手を握りしめた。



     市街地に入ったところで、モールはフィオとばったり出会った。
    「あっ」
    「ん?」
     しかし、フィオが驚いている一方、モールはきょとんとしている。
    「……あの、夕方はどうも」
    「夕方? ……あーあー、はいはい。あの時の君か」
    「忘れてた、……のか?」
    「色々やってたからね」
     モールは苛立たしげに、研究所でのルナとのやり取りを説明した。
    「ホントにあの猫女ときたらね、……ん?」
     が、話を聞いていたフィオが、神妙な顔をして黙りこんでしまったため、モールはけげんな顔をする。
    「どうしたね?」
    「……570年……そうか、よく考えれば今年だ……!」
    「あ?」
     突然、フィオはモールの手を握る。
    「お?」
    「モールさん、是非僕も、その調査に加わらせてくれ!」
    「はあ? いきなり何を……」
    「お願いだ! そうしなきゃ……」
     言いかけて、フィオは口をつぐむ。
    「そうしなきゃ、何なの? はっきり言いなってね」
    「詳しい事情は言えないが、僕はそれに参加しなきゃいけないんだ」
    「ワケ分からんね。その事情が何なのか、言わなきゃどうしようもないね」
    「……それは……」
     黙り込んだフィオを、モールはじっと眺めていたが、やがて「ま、いいさ」と返した。
    「え……」
    「パッと見、君は私が『ダメだね』っつっても無理やり来るタイプだね。なら最初から、目の届くトコにいててくれた方がマシってもんだね」
    「……ありがとう」
     フィオは再度、モールと堅い握手を交わした。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【白猫夢・訪賢抄 4】へ
    • 【白猫夢・訪賢抄 6】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【白猫夢・訪賢抄 4】へ
    • 【白猫夢・訪賢抄 6】へ