FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 3;白猫夢」
    白猫夢 第8部

    白猫夢・騙党抄 6

     ←白猫夢・騙党抄 5 →白猫夢・新月抄 1
    麒麟を巡る話、第373話。
    こっそり愚痴吐き。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    6.
     央中進出がシエナの強い主張の元、正式に決定された、その日の晩。
    「これで、いいのよね?」
    「うん」
     シエナは密かに、葵と話していた。
    「多少後ろめたい思いが無いわけじゃないけど……、でも、央中進出論を皆に認めさせるには、一番の方法よね」
    「シエナ」
     ベッドに半身を潜らせたまま、葵はこう返した。
    「覚悟、決めたって言ったはずだよね」
    「……ええ、そう、そうよ。そう、決めたわ。確かに、そう。
     でも、……でも、こんなコトがある度、言わずにいられないのよ」
     シエナは顔を両手で覆い、ぼそぼそとつぶやく。
    「アタシは迷ってばっかりよ……。党員が犠牲になる度、なると知らされる度に、吐きそうなくらいにめまいを感じるのよ。
     でも、そんなコト、他の誰にも言えないもの。アンタ以外には」
    「ん」
     短くうなずいた葵に、シエナは続けて愚痴を漏らす。
    「党首である以上、党員にも幹部にも、アタシが動揺してるコトは知られるワケには行かないもの。
     でも、いくら装っても、本当のアタシは、本気で大泣きしたいくらいに戸惑ってるのよ。だから……」
    「分かってる。落ち着くまで、聞くよ」
    「……ありがと、アオイ」
     その後、十数分ほど愚痴を吐き続けて、シエナの顔にようやく穏やかな気配が差す。
    「はあ……。大分、楽になったわ。ホントにゴメンね、アオイ」
    「いいよ。シエナに落ち着いてもらわないと、困るもの」
    「ええ、そうね」
     シエナはにこっと笑い、葵の手を握った。
    「アンタに会わなきゃ、アタシは今でも片田舎の潰れかけた工房で、貧乏暮らししてたでしょうしね。こうして活躍の場をくれたコト、ホントに感謝してる。
     期待しててね、アオイ。20年、いえ、10年以内に、アンタの野望はアタシが叶えて見せるから」
    「……ん」
     葵がうなずいたところで、シエナはクス、と笑った。
    「そうだったわね。アンタに未来の話は野暮だったわ。
     じゃあ、教えて? アンタとアタシの計画は、成就するの?」
     そう問われ、葵は目を閉じ、しばらく間を置いてから答えた。
    「すると思う」
    「確実じゃないの?」
    「遠すぎるもの」
     葵は目を開け、こう続けた。
    「未来は現在から連なっているものだから、今の状態が変われば、未来も変わるよ。
     一応『見て』はみたけど、まだ、ぼんやりしてる。まだ、確実じゃない要素がいっぱいあるから。
     でも、確実じゃないってことは、成就の可能性もあるってことだよ」
    「……はっきりしないわね」
     口をとがらせたシエナに、葵は小さく頭を下げる。
    「ごめんね。でも、手近なところから固めていけば、きっと、狙った通りになるはずだよ」
    「そうね。……そのためにも、この央中攻略は絶対、成功させないとね」
    「ん」
    「じゃあ、教えてくれる? この後、央中、いえ、ミッドランドでは何が起こるのか」
     シエナの問いに、葵はもう一度、目をつぶった。
    「……はっきり見えてるのは、ミッドランドが無血開城したこと。強行突入した白猫軍に敵わないと諦めて、全面降伏するよ」
    「でも、アオイ? テンコちゃんがいる以上、ミッドランドは抗戦も辞さないと思うんだけど……」
    「戦闘は起こらないよ。テンコちゃんは、出てこないもの」
    「え?」
     意外な返答に、シエナは目を丸くする。
    「どうして? いくらアタシたちが昔の教え子だからって、軍をけしかけてきたら……」
    「あたしたちが突入する時、テンコちゃんはミッドランドにはいないみたい」
    「へえ……? 旅行か何かしてるってコト?」
    「……かも知れない。あたしにも、何がどうなるのか、……これだけははっきり分からないの」
    「そうなの?」
     ぼんやりと眠たげだった葵の顔に、ほんのわずかに、不快そうな色が差した。
    「不思議だよ。今まで『見よう』と思って、はっきり見えないことなんて無かったのに」
    「……不安ね」
     と、葵の表情がふたたび、ぼんやりしたものに戻る。
    「そこだけはね。それ以外は結構、はっきり見えてる。
     あたしたちがミッドランドを占領することは、間違い無いよ」
     葵の言葉を聞き、シエナは再度、にっこりと笑って見せた。
    「そう。……ソレだけ分かれば十分ね。
     分かったわ。アタシはいつも通り、自信満々に党の舵を切るわ」
    「ん、お願い」



     双月暦570年、白猫党は央中地域への進攻を開始した。

    白猫夢・騙党抄 終
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【白猫夢・騙党抄 5】へ
    • 【白猫夢・新月抄 1】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【白猫夢・騙党抄 5】へ
    • 【白猫夢・新月抄 1】へ