FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 3;白猫夢」
    白猫夢 第8部

    白猫夢・新月抄 1

     ←白猫夢・騙党抄 6 →白猫夢・新月抄 2
    麒麟を巡る話、第374話。
    ルナの不安。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    1.
    「来ないのよね」
     唐突にそうつぶやいたルナに、マークはぎょっとした。
    「何がです?」
    「ん?」
     尋ねたマークに、ルナは一瞬間を置いて、こう尋ね返した。
    「何だと思ってんの?」
    「いや、まあ、その、何だか分からないですけど」
    「来ないって言うのは、師匠からの返事よ」
    「ああ……」
     ルナは腕組みし、いぶかしげにつぶやく。
    「おかしいのよね。今までこんなこと、一度も無かったのよ」
    「と言うと?」
    「いつもなら、師匠に通信魔術を送れば即、応答してくれるんだけどね。何度送っても、返事が返って来ないのよ。
     これが普通の『魔術頭巾』とかだったら、通信手が席を外してるとかってことも考えられるんだけど、師匠の場合、いつでも返事できるように術式を組んでるの。
     それなのに……」
    「何かで忙しくて手を離せない、とかじゃないんですか?」
    「それでも、よ。電話で言うなら、常に受話器を耳に当ててるような状態なのよ?
     それで応答できないって、耳が聞こえなくなったか舌が無くなったかでもしない限り、応答できるはずでしょ?」
    「『できない』じゃなく、『しない』って可能性は?」
     と、話の輪にフィオが入ってくる。
    「応答したくないってこと?」
    「それも考えられなくはないけど、マークが言うように、忙しいんじゃないかな。例えば修羅場の真っ只中、だとか」
    「誰かに襲われてる最中、ってこと? ……うーん」
     フィオの意見を聞いてなお、ルナはいぶかしげな表情を崩さない。
    「考えられなくはない、わね。でもあの師匠がてこずるような相手なんて、そうそういないはずなんだけど」
    「存在だけなら、いるじゃないか」
    「って言うと?」
    「師匠さんの師匠。つまり、カツミとか」
    「んー……。確かに克大火が相手だったら、そりゃ、まあ、苦戦どころじゃ済まないでしょうね。
     でも可能性としては、考えにくいわよ。二人ともすごく仲いいし」
    「そうなんだ? ……まあ、そりゃそうか。でなきゃ師匠と弟子の関係なんて築けないよな」
    「でも僕、実際にカツミさんを見たことがあったけど、何て言うか……」
     言いかけたマークに、フィオも同意する。
    「天狐ゼミの、アオイが消えた時だよね? 僕もあの時初めて目にしたけど、親しみのあるようなタイプじゃなかったもんな」
    「そうそう。すごいしかめっ面してたし、威圧感がものすごかったし」
     マークたちが思い出話に花を咲かせている一方、依然としてルナの顔からは、険が抜ける様子が無い。
    「……うーん」
     と、ルナは顔を挙げ、唐突にこう告げた。
    「見てくるわ、様子」
    「え?」
    「直に行って、何してんのか見てくるわ。このまま放っておいたら、気兼ねなく央中になんて行けやしないし」
    「いつ行くんです?」
    「すぐよ」
     そう返し、ルナはキッチンにいるパラに声をかけた。
    「パラ、ちょっと出かけるわ。明日か、明後日には戻ってくるから」
    「承知いたしました」
    「あれ?」
     これを聞いて、フィオは意外そうな顔をした。
    「パラは連れて行かないの?」
    「ちょっと行って帰ってくるだけだもの。あたし一人で十分よ」
    「まあ、そっか」
    「ま、1日か2日だけだけど、たまにはあたし抜きであの子と過ごせるわよ」
    「え? あ、うん」
     ルナは若干目を泳がせたフィオに背を向け、今度はマークに釘を刺した。
    「あたしがいないからって、自分勝手なことするんじゃないわよ?」
    「分かってますって」
    「戻ってきたらシャランちゃんから、何してたか聞くからね」
    「……大丈夫ですってば」
     マークが口を尖らせて応じたところで、ルナは居間を後にした。
    「じゃ、行ってくるわ」
    「はい。行ってらっしゃい、ルナさん」
    「行ってらっしゃいませ」
     居間のドアが閉まると同時に、マークがこうつぶやいた。
    「……どうする?」
    「どう、と申しますと」
    「うるさいのがいない、ってことだよ」
     マークのその発言に、フィオが噴き出した。
    「君、単純だなぁ」
    「なんでさ?」
    「僕の勘だけどさ、ルナさんはまだドアの向こうにいると思うぜ?」
    「えっ」
     フィオの予想通り――ドアの向こうから、ルナの笑う声が漏れ聞こえてきた。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【白猫夢・騙党抄 6】へ
    • 【白猫夢・新月抄 2】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【白猫夢・騙党抄 6】へ
    • 【白猫夢・新月抄 2】へ