FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 3;白猫夢」
    白猫夢 第8部

    白猫夢・新月抄 2

     ←白猫夢・新月抄 1 →白猫夢・新月抄 3
    麒麟を巡る話、第375話。
    鬼のいぬ間に。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2.
     ルナにデコピンされた額をさすりながら――この時点でルナが本当に出かけたことは確認済みである――マークはフィオとパラに問いかける。
    「で、どうする?」
    「どうって」
    「そう仰られましても」
     ニヤニヤしているマークに対し、フィオとパラは顔を見合わせている。
    「ルナさんがいないのって、最長でも2日だろ? 勝手に研究進めるって言っても……」
    「マークのこれまでの平均研究期間から想定しますと、2日で何らかの研究を企画および実行し、かつ完了することは不可能と思われます」
    「だよな。他にルナさんの鼻を明かせるようなことって言っても、特に無いよな」
    「わたくしも全面的に、フィオの意見に賛成です」
    「せいぜいルナさんの机に蛾でも仕込むくらいじゃないか? あとはベッドに芋虫とか……」
    「ば、バカにしないでくれ」
     マークは顔を真っ赤にし、ぶんぶんと首を振る。
    「そんな子供みたいなこと、しないよ!」
    「まあ、そりゃそうだよな」
    「マークの年齢からは想定しづらい行動です」
    「……ん? いま、マークっていくつだっけ」
    「わたくしの保持する情報によれば20歳です」
    「あれ? もうそんなだっけ。まだ10代だと思ってた」
     フィオの言葉に、マークは今度は、憮然とした顔を見せた。
    「君と何年一緒にいると思ってるんだよ……」
    「そう言や、そうだ」

     マークが頬をふくらませつつ研究室へ戻っていったところで、フィオは改めて、パラに話しかけた。
    「あのさ、パラ」
    「何でしょう」
    「その……、こんなことを聞くのも、失礼かも知れないけど」
     フィオはチラ、とパラの顔を一瞥し、こう続けた。
    「一人きりで、困ったりしない?」
    「と申しますと」
    「いつもルナさんから命令を受けてるし、一人だと何していいか分かんなくなるんじゃないかって」
    「ご心配には及びません」
     そう返しながら、パラは自分の胸を指す。
    「わたくしには長時間命令を与えられない場合に備え、待機モードが設定されております故」
     その返答に、フィオはずっこける。
    「おいおい……。ルナさんが戻ってくるまで寝てるつもりなのか?」
    「……クス」
     と、パラがわずかに、唇の端をにじませた。
    「冗談です」
    「……参るな。君、段々ルナさんに似てきた気がするよ」
    「光栄です」
     小さく頭を下げつつ、パラはこう続けた。
    「この後の予定ですが、特に優先すべき事項が発生しない限り、屋内全域の掃除を行おうかと」
    「掃除? いつもやってるような気がするけど」
     尋ねたフィオに、パラはぴん、と人差し指を立てて見せた。
    「主様が1日以上不在であれば、主様のお部屋を最大限に掃除する、絶好の機会でございます故」
    「……あー、なるほど」
     フィオは何度か目にした、ルナのごちゃごちゃとした、小汚い部屋を思い出した。
    「じゃあさ、パラ。僕もそれ、手伝うからさ、……それが終わったら、ちょっと、二人で出かけないか?
     いや、特に行きたいってところも無いんだけど、まあ、ルナさんに茶化されずにあちこち見て回れるって言うんなら、その、行かないのは損かもなって思ってさ」
    「了承いたしました。しかしフィオ」
     と、パラがほんのわずか、心配そうな目を向ける。
    「わたくしの清潔度の基準は、一般的な平均より著しく高く設定しております。主様のお部屋の現状から算出するに、その基準を満たすためには、非常に時間を要することが予想されます。
     それでもよろしければ、是非、手伝っていただきたいのですが」
    「勿論さ。二人でやった方が早く済むだろ?」
    「ありがとうございます」
     ぺこ、と頭を下げたパラに見えないよう、フィオはぐっと握り拳を固めていた。

     一方、マークは研究所の机に頬杖を付きながら、ぼんやり思案していた。
    (どうやったら2日以内にルナさんの鼻を明かせるかなぁ)
     机上のメモ帳にぐりぐりと、絵とも単語とも付かないものを書き散らしつつ、そんなことを考えていると、背後からひょい、と両目を塞がれた。
    「おわっ」
    「さーて、誰かしら?」
     口調と声色を変えて尋ねてきた相手に、マークは苦笑しつつ答える。
    「ルナさんにしちゃ、声が高いよ。それにもっと可愛げがある」
    「じゃ、だーれだ?」
    「シャランだろ?」
    「はっずれー」
    「えっ?」
     顔からぱっと手を離され、マークは振り返る。
     そこにはニヤニヤ笑いながら離れて見ているシャランと、研究員の一人――昨年チームに入ってきた紫髪の短耳、クオラ・マキソフの姿があった。
    「だまされちゃいましたねぇ、主任」
     クオラはのったりとしたしゃべり方で、ケラケラ笑っている。
    「あー、うん、今のは完全に騙されたよ」
    「マーク、いつにもまして隙だらけだったもん。イタズラしてくださいって言わんばかりに」
    「ホントですよぅ」
    「参ったな……」
     マークも苦笑して返しつつ、このいたずら好きの二人に、ルナを驚かせる方法が無いか、尋ねてみることにした。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【白猫夢・新月抄 1】へ
    • 【白猫夢・新月抄 3】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    確かに白猫党の情勢は緊迫しつつありますが、
    マークたちのいるところにはその情報が伝わっていません。
    この時点ではまだ、党員が殺された話も緘口令を敷き、秘密にしているはず。
    そのため、事情を知らない彼らは、こんなゆるーい会話をしています。

    突っ込んでいいですか? 

    「そんなことやってる場合じゃないだろうーっ!」(^_^;)
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【白猫夢・新月抄 1】へ
    • 【白猫夢・新月抄 3】へ