FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 3;白猫夢」
    白猫夢 第8部

    白猫夢・新月抄 5

     ←白猫夢・新月抄 4 →白猫夢・新月抄 6
    麒麟を巡る話、第378話。
    所員たちの評価。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    5.
    「そう言えば……」
     パラの手伝いをしていた研究員の一人が、唐突に口を開く。
    「ギアトさんって、普段は何してるんでしょう? あんまり話しないから、よく知らないんですけど……」
     ちなみにフィオとパラの素性については、シャランを除く研究員たちには明かされていない。あまり吹聴すれば、白猫党(特に葵)や克難訓など、厄介な相手にうわさが伝わる危険があるためだ。
    「あー」
     壁の脂を落としつつ、別の研究員が応じる。
    「俺が聞いた話だと、主任の護衛官らしいよ。主任、一応この国の第一王子だし」
    「そう言やそうでしたね」
    「いつも所長に小突かれてるイメージしかないから、あんまりピンと来ないけどな」
    「あはは……」
    「失礼だ、それは」
     と、ルナ参入以前からマークの研究チームに加わっていた古株、長耳のエイブ・リスターがたしなめる。
    「確かに殿下は王族らしさをあまり感じさせぬ方だが、言い換えれば別け隔てなく接してくださる、気さくな方だ。……まあ、確かに気さく過ぎる節はあるが。
     にしても、ギアト君はいささか職務怠慢ではないかとは、確かに私も感じている」
    「ですよね? いっつもパラちゃんと遊んでるイメージしか無いですよ」
    「ははは……」
     研究員たちが笑ったところで、パラが静かに口を開いた。
    「それは誤った認識と判断されます」
    「え?」
    「フィオは普段より、わたくしと各種戦闘技術の訓練を行っております。遊んでいると言う認識は、実際と大きく差異が生じているものと断言いたします。
     万が一マークを狙う者が現れた際には、その与えられた職責に足る行動を執るはずです。そのような存在が発生していないため、フィオの活躍は現在、確認できませんが」
    「……ごめん」
     素直に謝ってきた研究員に、パラは静かに首を振って見せた。
    「事実の再認識をしていただければ結構です」
    「まあ、確かに平和だからこそ、ギアト君がブラブラしていられるわけだ。むしろその太平楽な姿に安堵すべきか」
    「でも、なーんかダメなヤツだなって、俺は思いますけどね。カノジョがこうやって一所懸命に仕事してんのに、チラっと見るだけでどこか行っちゃうし」
    「確かに……」
    「女性の扱いを知らんな」
     研究員たちがうんうんとうなずく一方、パラの顔にほんのわずか、困った色が浮かぶ。
    「彼女とは、どなたのことでしょうか」
    「え?」
     パラの問いに、研究員たちは一斉に、パラの方を向く。
    「……パラちゃん?」
    「何でしょう」
    「君じゃないの?」
    「何がでしょう」
    「いや、俺たちずっと、パラちゃんがギアト君の彼女だと思ってたんだけど」
    「え」
     困惑する様子を見せたパラの顔に、やはりほんのわずかだが、嬉しそうな気配が浮かんだ。
    「それも、『誤った認識』だったかな?」
    「否定は、できかねます」
    「おや」
     パラの反応に、エイブが目を丸くした。
    「君がそんなに戸惑うとは」
    「いいえ、そんな」
    「あの奔放なフラウス所長の娘さんにしては、あまりにも無感動な子と思っていたが……、いやいや、やはり歳相応の感情はあるようだ。
     悪かったね、ギアト君を貶すようなことを言ってしまって」
    「い、いえ」
     パラは研究員たちにくるりと背を向け、そのまま黙り込んでしまった。

     と――部屋の外から、驚いたような声が飛んできた。
    「あーっ!? アンタたち、何してんのよ!?」
    「え? あ、所長」
     研究員たちとパラが振り返った先に、ルナの姿があった。
    「パラ、あたしの部屋で何やってんの?」
    「掃除を行っておりました。皆様はわたくしのお手伝いを」
    「もう、別にそんなのいいのに」
     唇を尖らせつつ、ルナはコートを脱ぐ。
    「ある、……お母様」
     パラはきょとんとした仕草で、ルナに尋ねる。
    「お帰りは明日、もしくは明後日と伺っておりましたが」
    「そのつもりだったんだけどねー」
     ルナは机に腰掛けつつ、煙草を口にくわえる。
    「いなかったのよね。師匠も、その師匠も。いそうなところ全部回ったんだけど、どこにもいなかったのよ。
     で、それ以上ウロウロしててもしょうがないから、さっさと切り上げて帰ってきたのよ」
    「そうですか」
     どことなくしょんぼりした様子のパラを見て、ルナは笑い出した。
    「アハハ……、そんなにあたしの部屋、綺麗にしたかった?」
    「はい」
    「いいわ、分かった分かった。じゃ、お願いしようかしらね」
    「ありがとうございます」
     パラはぺこりとお辞儀をし――ルナの口から煙草を抜き取り、灰皿とともに手渡す。
    「それでは屋外で喫煙をお願いいたします」
    「……ちぇ」
     ルナは苦笑しつつ、外に出た。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【白猫夢・新月抄 4】へ
    • 【白猫夢・新月抄 6】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【白猫夢・新月抄 4】へ
    • 【白猫夢・新月抄 6】へ