FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第3部

    蒼天剣・傑士録 3

     ←蒼天剣・傑士録 2 →蒼天剣・傑士録 4
    晴奈の話、第158話。
    傑士の矜持。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    3.
    「久しぶりだな、セイナ」
     川の向こう岸で、ウィルバーは声を上げる。赤い月に照らされたその姿は、ひどく憔悴したように見えた。
     晴奈はそのまま、川岸に向かって進む。
    「久しぶりだな。聞いたぞ、お前の窮状を」
    「ヘッ、そうでもねえよ。うるさい血縁関係から解放されて、清々してる」
    「清々? そうは見えぬな。顔色が悪いぞ。それに、目が野獣のようだ。
     止んぬる哉、とでも言いたげな顔だ」
    「……はは、そうかもな。確かにオレ、もう後戻りできねーんだ。
     こんなコト言っちまったらもう実も蓋もねえけど、お前を倒したって、元の暮らしに戻れるワケでも無え」
    「なれば、こんな愚行を犯す必要などあるまい」
     会話を交わしつつ、晴奈もウィルバーも同時に川へ入る。
    「……っ」
    「ぬ……、く」
     梅雨が明けたばかりの川は大分増水しており、油断するとすぐ足を取られてしまう。
     だが二人はそのまま、じゃぶじゃぶと足を進めていく。
    「オレのプライドの問題だ。心の整理を付けたいってヤツでもある。
     何としてでも、お前だけは倒さなきゃ、あるいは、お前に倒されなきゃ――きっちり決着付けなきゃ、オレの気が済まねえんだよ」
     腰まで水に漬かり、両者が互いにすぐ手が届くところまで近付いたところで、ウィルバーは三節棍を構える。晴奈も刀を抜き、ウィルバーに応じる。
    「そうか。では付けよう、決着を」
    「そう来なくちゃな。……いざ」
    「いざ、尋常に……」
     ばし、と水しぶきが2つ、弾ける。
     同時に、二人の叫び声が辺りに轟いた。
    「勝負!」

     まずはいつも通りに刀と棍をぶつけ合い、鍔迫り合いが始まる。
     そしてすぐ離れ、壮絶な打ち合いが続く。
     まるで剣術の型稽古のように、二人は何年も続けた戦いを繰り返す。
    「今日こそテメーを打ち負かす! この川の勢いなら、一回でも倒せば間違い無く浮かんで来られねえ! 決着を付けるには、持って来いの場所だろ!?」
    「ああ、確かにな! おあつらえ向きの場所だ! 存分に、心行くまで戦い抜こうぞ!」
     川に足を取られながらも、両者の技は平地と見劣りするところが無い。
     互いに一撃、一撃と打ち込む度に、まるで雨が降っているかの如く川の水が噴き上げられ、二人に降り注いだ。
    「セイナ! お前とは本当、長い付き合いだったな!」
    「そうだな、ウィルバー! もう、何年になる?」
    「オレが16、お前が15の時からだろ? 10年だ、丸10年!」
     川の音と打ち合いの音が激しいせいか、二人は絶叫に近い声で話をする。
    「そんなにか……! いい加減、ここで終わりにしたいところだな!」
    「ああ、そうさ、そうだよ! 終わりに、してえよ!」
     途中からウィルバーの声が震えてくるが、攻撃は逆に鋭さを増してくる。晴奈も心がひどく揺れたが、刀に目一杯気合と力を込めて応戦する。
    「ならば、全力でかかってこい! 全力で、この私に打ち勝って見せろ!」
    「言われなくても……!」
     バシャ、と水音を上げてウィルバーが飛び上がり、棍を振り上げて晴奈に飛び掛る。一撃必殺の、打ち下ろし攻撃だ。
    「そのつもりだあああァァァーッ!」
     ドバ、と重たい音を立てて、水柱が立つ。明奈のいる辺りにも、水が降り注いできた。
    「お姉さま……!」
     明奈が思わず声をあげるが、それに応える声は無い。
     その代わり――。
    「どうした、ウィルバー! それが、お前の全力かッ!?」
     ざば、と水をかき分け、晴奈が声を張り上げた。
    「ヘッ、んなわけねーだろ! まだまだ、これからだッ!」
     ウィルバーが立ち上がり、晴奈に負けないくらいの大声で返し、また打ち合いが始まった。



     戦い始めてから、あっと言う間に1時間が経過した。
     既に二人とも、最初の頃の勢いは無い。激しく流れる大量の川水のせいで、いつもより余計に体力を失っているのだ。
    「ゼエ、ゼエ……」「ハア、ハア……」
     二人とも顔色は真っ青になっており、互いに相手が限界に達していることを悟っていた。
    「……たかった」
     唐突に、ウィルバーが何かをつぶやく。
    「何……、だと?」
    「ずっと、戦い続けたかった」
    「……」
     ウィルバーの独白が続く。
    「オレは本当、戦うことが好きだったんだ。女も、酒も良かったけど、何が一番、って聞かれたらやっぱり、戦うことを挙げる。
     でも、教団はもう、戦わなくていいって言った。オレから戦いを取ったら、何が残る? 女たらしのオレ? 酒好きのオレ? ……んなもん、いらねえ。そんなもん全部、次の戦いが始まるまでの暇つぶしだったと、今んなってようやく気付いた」
     ウィルバーはぶるぶる震えながら、棍を上段に構える。
    「セイナ、ちょっと前にオレ、お前を口説いたけど、やっぱ、受けないで正解だったと思うよ。オレみたいなクズを伴侶にしたらそれこそ、地獄だったろうさ。
     ……オレ、還るわ。オレのような修羅に似合う、地獄の底に」
    「ウィルバー……?」
     ウィルバーは棍を掲げたまま、ばちゃ、と川の中に倒れる。そしてそのまま、川下に流れていく。
    「おい、ウィルバー、おい……」
     晴奈は助けようとしたが、体が寒さで震え、その場から動けない。手さえ伸ばせないまま、晴奈の前をウィルバーがするすると流れていく。
    「おい、ウィルバー! 目を覚ませ、ウィル!」
     晴奈は初めて、ウィルバーを愛称「ウィル」で呼んだ。
     だがそんな珍事にも、女好きのはずだったウィルバーは応えず、静かに流れていった。
    「ウィル……!」
     やがて晴奈の意識も遠のき、彼女もそのまま、水の中に沈んでいった。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2016.04.08 修正
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【蒼天剣・傑士録 2】へ
    • 【蒼天剣・傑士録 4】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【蒼天剣・傑士録 2】へ
    • 【蒼天剣・傑士録 4】へ