FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 3;白猫夢」
    白猫夢 第8部

    白猫夢・陥湖抄 4

     ←白猫夢・陥湖抄 3 →白猫夢・散狐抄 1
    麒麟を巡る話、第383話。
    央中侵略、開始。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    4.
     月をまたぎ、5月1日を迎えても、一向に偽党員を発見できず、それでもなおミッドランドに居座り続ける白猫党に対し、ミッドランド周辺の国や都市では不満が高まりつつあった。
     ミッドランドを経由する交易路が軒並み、白猫党によって封鎖・凍結されているからである。

    「……」
     冷汗を流すロンダから、その日も成果を挙げられなかったと言う報告を受け、シエナはあからさまに苛立つ様子を見せていた。
    「いかがいたしましょうか……?」
    「何を?」
     ジロリとシエナににらまれ、ロンダはしどろもどろに答える。
    「そのですな、確かに党員が殺されたこと、これは許されざる凶行であります。しかし、軍の精鋭が三日三晩に渡って捜査を行ってなお、偽党員と思しき輩を発見できずにいるのです。
     これは、その、あくまで私の意見ではあるのですが、……その、我々がこの周辺を封鎖したことにより、その偽党員が警戒し、ミッドランドから逃げてしまったのではないか、と」
    「……」
     シエナは依然、苛立った目をロンダに向けている。
    「で、あればですな、これ以上、ミッドランドに駐留しても、何ら益のあるものではないのではないか、と、そう、思うのですが」
    「つまり?」
    「撤退すべき、では、ないかと」
    「へぇ」
     シエナはバン、とテーブルを叩く。
    「つまりアンタは、党員3名を殺害したヤツを放っておく、と言うのね?」
    「そっ、そうではありません! 勿論、追える限りは全力で追う所存であります!
     しかしですな、この街とその近隣に犯人がいないことは最早、明白であると思われます。ここでの捜査は切り上げ、他の国や街に捜査網を広げるべきではないか、と」
    「……」
     シエナはしばらく、無言でロンダをにらみつけていたが、やがてため息を漏らした。
    「分かったわ、ココからは撤収しましょう」
    「そ、そうですか」
     シエナの言葉に、ロンダ及び最高幹部らもほっとしかけたが、次の一言にまた、胃を痛めさせられた。
    「でもその代わり、近隣諸国を占領しなさい。少なくとも都市3ヶ所」
    「……えっ? な、なんですと?」
    「今回の遠征を、ただ央中の印象を悪くするだけで終わりにするつもり?
     どうせならこの機会、地理的有利を最大限に活かすのよ。毒を食らわば皿まで、ってヤツよ」
    「無茶です!」
     この提案にも、最高幹部たちは食い下がる。
    「今回率いてきた兵はたった1個中隊、250名程度です!」
    「いかに我々の装備や戦術が優れていようと、近隣の兵力、武力組織を撃破できるほどの数ではありません!」
    「そ、そうです! せめてその10倍は無ければ、到底話になりませんぞ」
    「あら、そう」
     シエナは薄く笑いを浮かべ、こう返した。
    「2日前に、党本部に5個大隊をミッドランドへ送るよう指示したわ。早くて明日には到着するでしょうね」
    「なっ……」
    「ソレだけ兵力があれば攻略可能なんでしょう?
     再度命令するわ、ミゲル・ロンダ司令。戦力が到着し次第近隣諸国を強襲し、占領しなさい」
    「……」
     ロンダは目を見開き、驚きと恐れに満ちた表情を浮かべていたが――やがて、「了解であります」と、いつもよりトーンの落ちた声で応じた。



     結果から言えば、この蛮行極まりない行為としか思えなかった侵攻作戦は、成功を収めた。
     白猫党はミッドランド市国に隣接する小国3ヶ国と、央中南部の中堅国、バイエル公国の港町、オリーブポートをはじめとする都市数ヶ所を電撃的に襲撃し、陥落・占領した。
     これにより、白猫党はこれまでより容易に、本国から大量の兵員を行き来させることが可能になるとともに、ミッドランド周辺の交易網を牛耳ることとなった。



     そして日は進み、5月4日。
     白猫党は既にミッドランドから兵を引き上げ、ラーガ家一族を解放させていたが――ミッドランドの周囲を白猫党が押さえている今、この島を取り巻く状況は占拠中と比べ、何の変化も無かった。
    「ああ、何ということだ……」
     ポエトは自らの足で市街地へと赴き、すっかり静まり返った街を目にし、苦々しくうめいた。
    「湖外周の港は、依然封鎖されたままなのか?」
     ポエトの問いに、兵士長が答える。
    「そのようです。厳密には『白猫党の管理下の元、運行されている』とのことですが、事実上は封鎖が継続されているも同然です。彼奴らが船を出すことを許可するとは、到底思えませんからな。
     近隣国も現在、白猫党との戦闘状態にあるとのことですが、恐らく党側の勝利に終わるでしょう。いずれの国も、彼らを撃退できるほどの力はありますまい」
    「となると、ミッドランド外の交易路も白猫党に握られたわけか……。央中が引っくり返るだろうな」
    「ええ……」
     ポエトはくる、と振り返り、丘の上に建つ自分の屋敷と、そのふもとに佇む天狐の屋敷を眺める。
    「……ラーガ家始まって以来の屈辱だ。央中域内の経済とその流通を司る我がラーガ家が、このような辱めを受けるとは!
     何故だ……! 何故テンコちゃんは、……テンコ・カツミは、この街から消え失せた!? 彼女がここに居てくれさえすれば、こんなことにはならなかったのに……!」
    「旦那様……」
     ポエトに付き従っていた者たちは、揃って苦渋の表情を浮かべていた。

    白猫夢・陥湖抄 終
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【白猫夢・陥湖抄 3】へ
    • 【白猫夢・散狐抄 1】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    とりあえず、現時点での葵は「自分の神様のために」行動しています。
    それを妨げる相手があれば、全力で排除しに行きます。
    例えそれが、「他の人の神様」であったとしても。

    NoTitle 

    もしかしたら、アオイの真の目的は、「神殺し」じゃないのかなあ。

    「神」や「神に準ずるような強大な力を持つもの」と永遠に手を切り、

    「人間」が「人間」だけの力で生きていく世界を作るため、

    この世界をリセットしようとしている……。

    それはそれで間違っているんじゃないかと思うけど。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【白猫夢・陥湖抄 3】へ
    • 【白猫夢・散狐抄 1】へ