FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 3;白猫夢」
    白猫夢 第8部

    白猫夢・散狐抄 1

     ←白猫夢・陥湖抄 4 →白猫夢・散狐抄 2
    麒麟を巡る話、第384話。
    天狐を狙う邪悪。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    1.
     双月暦570年、4月28日――早朝。
     天狐と、そして鈴林はまだ、彼女たちの住まう屋敷で眠っていた。
    「……ッ!」
     だが突如、天狐が跳ねるように起き上がった。
    「鈴林! 鈴林ッ!」
     天狐は隣のベッドで眠る鈴林に声をかけて起こしつつ、壁にかけた自分の狩衣に向かってくい、と指を引く。
     すると寝間着が天狐の体から勝手にはだけ、脱げるとともに、狩衣が体に貼り付き、自動で着替えが終わる。それと同時に、鈴林がむくりと起き上がった。
    「なぁに……? まだこんな時間……」
    「地下へ行くぞ」
     天狐の言葉に、鈴林はぎょっとする。
    「地下っ? 地下って、『姉さん』のいる、地下のコトっ?」
    「そうだ。すぐ行くぞ」
     言った瞬間、二人は「テレポート」により、地下――天狐の本体が封印されている、ミッドランド丘陵地下の遺跡へと移動していた。
    「ふにゃっ!?」
     まだベッドから上半身を起こした姿勢のままだった鈴林は、どすんと尻もちを着く。
    「あいったー……。ひどいよっ、姉さんっ」
    「悪い。だが緊急なんだ。この魔法陣内に誰かが入ってきてる」
    「えっ……」

     二人が今いるこの地下遺跡は地下3階分にも及ぶ、巨大な魔法陣となっており、その中心に天狐の本体が封印されているのだ。
     しかし魔法陣は天狐を封印するだけのものではなく、彼女を核として魔力を集め、彼女の父であり師匠でもある克大火にそれを供給する、ある種の「発電所」のような役割も果たしている。
     厳重に封印が施されていることもあり、ここに誰かが入り込むようなことは、基本的に有り得ない。
     そんな場所にもし何者かがいるとすれば、それは即ち大火、もしくは天狐に害を成す存在であることは明白なのだ。

    「お師匠ってコトは……?」
     鈴林の問いに、天狐は首を振る。
    「こんな朝っぱらから、オレに声もかけずに、か? まあ、親父のコトだし有り得なくはないが、だとしても『無理矢理』ってコトは絶対ねーよ」
    「無理矢理ってっ?」
    「島に大穴を開けられてる。魔法陣にまで達するほどの、な」
    「穴……!?」
     鈴林は辺りを見回し、異状が無いか確認する。
    「でも、ちゃんと機能してるみたいだよっ?」
    「ああ。だからこそヤバいんだ」
     天狐は鉄扇を構え、歩き出す。
    「親父がこしらえた、この複雑極まりねー超巨大魔法陣の、そのほんのわずかな隙間を縫うようにして穴が穿たれてる。
     この魔法陣に異常が発生した場合には当然、センサーが働いてオレや親父に知らせるように設計してあるが、ソレが一切感知してねーんだ。恐らく親父も、異常には気付いてねーだろうな」
    「姉さんはどうやって気付いたの?」
    「勘、……ってヤツかな。いや、もっとはっきりした感じか。気配を感じたんだ。殺気と言った方がいいかな」
    「殺気……? 姉さんを、殺そうとしてるってコトっ?」
    「他に生き物なんていねーだろ?
     気を付けろよ、鈴林。センサーをほんの少しも感知させずに大穴をブチ抜く、精密さと大胆さを併せ持ち、そしてオレの本体の存在を知っていて、その上でオレを殺そうとするヤツだ――ものすげえ強い相手なのは、まず間違いないんだから、な」
    「……分かっ」
     鈴林がうなずきかけた、その直後――ばきん、と言う硬い破裂音が、鈴林の胸から響いた。

    「……あ……がっ……」
    「どうした、れい……」
     振り返った天狐の目に、背後から胸を剣で貫かれた、鈴林の姿が映る。
    「鈴林ッ!?」
    「流石にこれでは致命傷とは参りませんか」
     鈴林の背後から、抑揚のない声が聞こえてくる。
    「そこでじっとしていてくださいませ」
     鈴林の背後にいた者は、鈴林を刺し貫いたまま、壁へと突進する。
    「は……ぐ……あっ……」
     鈴林はそのまま、壁に打ち付けられた。
    「あ……ね……さん」
     血こそ流してはいないが、鈴林の動きは鈍い。
    「てめえ……ッ」
     天狐は鈴林を襲った者に向けて、鉄扇を構える。
    「さて、一聖(かずせ)様」
     鈴林を襲った黒と赤のドレスを着た少女も、もう一振り剣を抜いて構え、天狐と対峙した。
    「あなた様もお静かになさいませ」
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【白猫夢・陥湖抄 4】へ
    • 【白猫夢・散狐抄 2】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【白猫夢・陥湖抄 4】へ
    • 【白猫夢・散狐抄 2】へ