FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 3;白猫夢」
    白猫夢 第8部

    白猫夢・散狐抄 2

     ←白猫夢・散狐抄 1 →白猫夢・散狐抄 3
    麒麟を巡る話、第385話。
    禍々しき母。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2.
    「一聖、……だと?」
     天狐は構えたまま、少女と言葉を交わす。
    「人違いじゃねーのか? オレは天狐だ」
    「いいえ、一聖様。我らが主様より、真の名を伺っております」
    「ケッ」
     天狐は舌打ちし、少女との間合いを詰める。
    「ポンコツめ。人の区別も付きゃしねーのかよッ!」
     天狐に応じるように、少女も剣を振り上げて彼女に襲いかかる。
    「ふざけてんじゃねえぞ、このガラクタッ!」
     しかし次の瞬間、少女の握っていた剣は、その右腕ごと彼方へと飛んで行った。
    「あっ」
    「何が『あっ』だ、寝ぼけんのも……」
     続けざまに、天狐は魔術を放つ。
    「大概にしとけやあああッ!」
     極太の雷に撃ち抜かれ、少女は――己の名前、トリノを名乗る暇も与えられず――真っ二つに裂かれ、そして蒸発した。
    「……ケッ。あのイカレ女め、これしきのオモチャでオレをどうにかできると思ったか?」
     天狐は苛立つ様子を見せながらも、未だ壁に磔(はりつけ)にされたままの鈴林に目をやる。
    「生きてるか、鈴林?」
    「……い……生き……てる……」
    「しゃべり辛そうだな。いいよ、今抜いてやっから黙っとけ」
     天狐はコキコキと首を鳴らしつつ、鈴林の方へと近付いた。

     だが、その足が途中で止まる。
    「……」
     天狐はくる、と横を向き、再度鉄扇を構えた。
    「そんなにオレを怒らせて楽しいか、ババア」
    「その不躾な口、それ以上わたくしに開くな」
     天狐の視線の先には、白いローブに身を包んだ女性――克難訓が立っていた。
    「その言葉、そっくり返してやんぜ。
     そもそもババア、何故お前は今更、オレの前に現れた?」
    「知れたこと。お前を殺すためだ」
    「だから、何で今更なんだよ」
     天狐は一歩、難訓に詰め寄る。
    「親父から聞いた話だけど、お前は『契約』したらしいな。オレを殺さない、と」
    「何を聞いたのやら」
     難訓は大仰な仕草で、肩をすくめて見せた。
    「重要な点がいくつも欠けている。大事なことを何ら聞いていやしない。ああ、やはりお前は欠陥品だ。わたくしの血を分けたなどと考えたくもない、怖気の走る駄作!」
    「言ったはずだぞ、ババア。その躾のなってねえ口を、オレに利くなと!」
     天狐はさらに距離を詰め、難訓に斬りかかった。
     だが難訓はそれをすい、と紙一重で避け、嘲笑うように語りかける。
    「まず第一に、その『契約』は非常に限定的なものだ。『わたくしが手を出してはいけない』と言う、実行者のみ限定した内容だ」
     更に二度、三度と鉄扇を振り回し、難訓を追うが、彼女はひらりひらりとかわし、話し続ける。
    「第二にわたくしは、『一聖を殺さない』と言ったのだ。
     お前は、違う。お前は一聖本人ではない。駄作を更に劣化コピーしただけの、ただの肉人形だ」
    「ソレがどうしたッ!?」
     天狐は怒りに任せ、鉄扇を投げつける。
     だが難訓はそれを魔杖で弾き――。
    「である故に、人形たるお前をどうしようと、わたくしがあの方と交わした『契約』には、何ら抵触することはない」
     そのまま天狐に向けて、魔術を放った。
    「『バールマルム』」
     次の瞬間、びちゃっ、と廊下に水音が響く。
    「テ……メ……エ」
     続いて、天狐の声が弱々しくこだまする。
     その天狐の左上半身は肉塊となって、廊下にバラ撒かれていた。
    「まだ抗う気か、ゴミめ」
    「抗う……さ……テメエにゃ……死んでも……負けたく……ねえんだよ……」
     天狐の九つある尻尾が、1本光る。
     そしてその1本が消えると同時に、天狐の体は元通りに復元された。
    「ここで引導渡してやらあッ! 消し飛べ、ババアああああッ!」
     天狐はパン、と手を合わせ、そして引く。投げ付け、どこかに飛んで行った鉄扇が、再び彼女の掌中に現れた。
    「『ナインヘッダーサーペント』!」
     鉄扇の先から、9つの電撃がほとばしる。
    「クスクスクスクス」
     難訓は一歩も動くこと無く、その電撃に呑まれた。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【白猫夢・散狐抄 1】へ
    • 【白猫夢・散狐抄 3】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【白猫夢・散狐抄 1】へ
    • 【白猫夢・散狐抄 3】へ