FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 3;白猫夢」
    白猫夢 第8部

    白猫夢・三狐抄 1

     ←2014年7月携帯待受 →白猫夢・三狐抄 2
    麒麟を巡る話、第403話。
    選挙月間開始前日。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    1.
     双月暦570年、6月30日の午後8時ちょうど。
    「ただいまを以って、第19代金火狐総帥選挙の立候補受付を終了します」
     財団監査局の選挙管理委員が、壁に掛かった時計を眺めながらそう告げる。
    「ごくろうさん。ほんで、今回の立候補者は?」
     尋ねた監査局長、ルカ・ベント・ゴールドマンに、管理委員はこう答えた。
    「3名です。御三家から1名ずつ」
    「ほな、エミリオとルーマと、……あと、えーと」
    「マラネロ様です」
    「おう、ソレやソレ。マロも入れて、3人か。
     しかし、エミリオとルーマが立候補すんのは元々決定事項みたいなもんやったけど、マロも来よったか。十中八九、何やかや理屈つけて辞退すると思うてたんやけどな」
    「ええ、我々も今回は2人での争いになるか、マラネロ様以外の方が立候補するかと思っていたのですが……、今月中頃に、ご本人がこちらに来られました。
     その時、少し気になることがありましたが……」
    「何やあったんか?」
    「ええ。ひどく顔色が悪く、お付きの方の肩を半ば借りるような形で現れまして……」
    「ふーん……? 確かに気になるな。
     まあ、これから色々準備せなアカンし、アキュラ邸にいとるやろ。今後の選挙戦でポカされてもかなわんから、ちょっと様子見てこよかな」
     そう言い残し、ルカは選挙管理事務所を後にした。

     ゴールドマン家、通称金火狐一族が三つの家に分かれて以降、ゴールドコースト市国のあちこちに、それぞれの屋敷が建てられていた。
     その中でも最も下位とされているアキュラ家も、一応は市国内に邸宅を構えている。しかし市国の一等地に堂々と居を構えるトーナ屋敷と違い、アキュラ屋敷は振り向けばすぐ山肌が見えるような、鉱山区と隣接した場所にある。
     そのため、道も市街地のように整備されてはおらず――。
    「……お、おっ、ちょっ、わっ、とまっ、とまっ、止まれっ」
     乗っていた自動車が、山道の途中でガタガタと震え出し、停車する。
    「な、なんや、パンクしたんか?」
    「そのようです」
    「砂利道どころや無いからなぁ……。かなわんわ、ホンマ」
     車の修理を運転手と付き人に任せ、ルカは一人、徒歩でアキュラ屋敷に向かった。
    「邪魔すんでー」
    「へ? ……ああ、ども」
     玄関に入ったところで、ちょうど居合わせたアキュラ家の主、モデノと出くわす。気さくに挨拶したルカに対し、モデノはどこか面倒臭そうな声で応じる。
    「なんや、辛気臭い。覇気が無いで、覇気が!」
    「ああ、まあ、はい。
     ほんで財団の監査局長さんが、うちに何か用でっか?」
    「他人行儀な言い方すんなや、モデノ。前みたいにルカでええがな」
    「ん、まあ……、じゃあ、ルカ。うちに何か用か?」
    「マロのことや。こないだ立候補しに来たって聞いたけども、何や暗い顔しとったらしいやないか。ちょっと様子見でもしとこか思てな。
     あとついでに、今夜はもう予定無いし、たまには交流の一つでもしとこかな、と」
     そう言って、ルカは脇に抱えていた木箱からワインを取り出す。
    「西方のワイン処、シャトー・メジャンの最高級ワイン、『チャット・ル・エジテ』の562年物、当たり年のヤツや。お前好きやったやろ、ワイン?」
     ワイン瓶を目にした途端、モデノの尻尾がぴくんと跳ねた。
    「おっ、おう。ええんか?」
    「よう無かったら持って来おへんやろ。お前も今日はもう、仕事無いやろ?」
    「あったけど……」
     モデノは陰気な表情をころっと変え、嬉しそうに笑う。
    「それ見てしもたら、もうどないでもええわ。明日に回すっ」
    「そうしとき。せや、マロも呼んでもろてええか?」
    「おう」
     モデノは先程まで見せていた憂鬱そうな様子から一転、駆け出すように奥へと消える。
     と、くる、と振り返り、ルカにこう返す。
    「客間行っといてくれ。先に呑むなよー」
    「わはは……、分かっとるわ、アホっ」
     モデノの態度の変わりように、ルカはげらげらと笑った。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【2014年7月携帯待受】へ
    • 【白猫夢・三狐抄 2】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【2014年7月携帯待受】へ
    • 【白猫夢・三狐抄 2】へ