黄輪雑貨本店 新館


    「白猫夢」
    白猫夢 第8部

    白猫夢・幹談抄 3

     ←白猫夢・幹談抄 2 →白猫夢・幹談抄 4
    麒麟を巡る話、第412話。
    総帥の質問。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    3.
     7月20日。
     現在の総帥夫妻が暮らし、また、財団の重要な会議が催される場でもある金火狐一族全員の本拠、通称「フォコ屋敷」の前に、ルーマは立っていた。
     選挙前の唯一の所信表明の場、幹部面談会に出席するためである。
    「あっ」
     と、彼女とほぼ同時に、屋敷の前にエミリオが現れた。
    「おはよう、エミリオくん」
    「……ああ、おはよう」
     エミリオの顔色は悪い。どうやらセリカに植え付けられた病気が進行しているらしい。
    「大丈夫?」
     思わず尋ねたルーマに対し、エミリオはフン、と鼻を鳴らした。
    「人の心配をするより、自分の心配をしたらどうや?」
    「大丈夫そうやね」
    「当たり前や。こんな大事な日に体調を崩す奴がおるわけない。もしおったら、そいつは総帥職を軽く見とるアホや。体調管理もでけへんような奴が、……ぐ」
     いつものように高圧的な言葉を吐いていたエミリオが、突然口を押さえ、黙り込む。
    「エミリオくん?」
    「……ゴホン。何でもない、先、行く」
     エミリオはそれ以上言葉を交わさず、足早に屋敷へ入っていった。
    (全然、大丈夫そうやないやないの)
     ルーマははあ、とため息を付き、自分も屋敷へと入る。
     と、玄関に着いたところで、もう一人の候補者――マロと会う。
    「あ、マロくん」
    「どうも」
     十数年ぶりに再会した親戚を眺め、ルーマはぽつりとつぶやく。
    「あたしと同い年やったよね?」
    「確か、そのはずやで。22やんな?」
    「うん。……なんか、老けたね」
     老けたと言われ、マロは顔をしかめさせた。
    「色々あってん。……先、行ってるで」
    「うん」
     背を向けたマロを見たルーマは、今度は心のなかでつぶやいた。
    (マロくんの背広、っちゅうか背中。……なんか煤けたみたいに見える)
     その後、ルーマも控室に入ったが、討論会が始まるまでの30分、誰も言葉を発しなかった。

     同日、午前11時。
     ルーマたち3名は、屋敷2階の会議室へと移動した。
    「失礼します」
     まず、エミリオから入室し、ルーマ、マロと続く。
    「本日はお忙しい中、ご苦労さんです」
     いつものひょうきんな様子を一切見せず、監査局長ルカが挨拶する。
     そして金火狐の現総帥、レオン・モント・トーナ・ゴールドマン――通称、レオン6世が3人に声をかけた。
    「まあ、座りや」
     言われるがまま、ルーマたちは着席する。
    「ほな、早速質問していこか。
     まず、……せやな」
     そう前置きし、レオンはニヤっと笑う。
    「好きなおやつでも聞こか」
    「……へっ?」
     この質問に、マロは素っ頓狂な声を上げる。一方で、エミリオは表情を変えず、淡々と答えた。
    「アップルパイです。中でも、シナモンがかかったものを特に好んで食べます」
    「うん、確かに美味いな。ルーマはどうや?」
    「あ、は、はひ、……はい」
     裏返りかけた声を何とか立て直し、ルーマも答える。
    「メイプルシロップが仰山かかったパンケーキが好きです。ミルクティと一緒に食べるのんが特に好きです」
    「ええな。ほんで、マロはどうや?」
    「あっ、お、えー、そうですな、……ええと」
     どうやらレオンの質問があまりにも予想外だったらしく、マロは目を白黒させている。それでもどうにか、しどろもどろながらに答えた。
    「み、ミッドランドで食うた、ショコラシフォンケーキ。今まで食べた中で一番美味かったで、……す」
    「確かに美味そうやな。今度持ってきてくれるか?」
    「あ、は、はい。……ミッドランドの封鎖が解けてたら」
    「ああ……、せやったな。ちょっとかかりそうやな。まあええ。
     次の質問や。去年一年、何して過ごしてた? ……せやな、今度はルーマからマロ、エミリオの順で、1分で答えてくれ」
    「はい。去年は会社を立ち上げようと思て、金火狐商会のあっちこっちに顔を出してました。
     あとはおばあちゃん、……あ、失礼しました、総帥の奥様と政治や経済について、何度か意見交換を行いました。
     それ以外では、趣味で家庭菜園と陶芸を、少々。あと、先程の回答にパンケーキを上げましたが、それが美味しい店を、友達と一緒に探してました」
    「ふむ」
     レオンはチラ、と時計を見て、それからこう返した。
    「フォルナと政治経済の話しとったっちゅうてたけど、実際は二人でパンケーキの店探してたやろ」
    「……分かります?」
     はにかんだルーマに対し、レオンは肩をすくめて返した。
    「私が何年あいつと一緒にいる思てんねん。で、美味しいとこは見つかったんか?」
    「はい。一番のお気に入りは、『ランクス&アレックス』ちゅうお店です」
    「分かった。後でフォルナに聞いてみるわ。美味そうやし。
     次、マロ」
    「はっ、はい」
     マロは額の汗を拭いつつ、やはりしどろもどろに答えた。
    「去年は、ええと、央北で、まあ、その、銀行業のようなものに、手を貸してたっちゅうか、加担して、……やなくて、あの、た、携わっとりました。
     あ、あとは、まあ、同僚と一緒に酒飲みに行ったり、まあ、経済の話をしたりして、まあ、えーと、他は、えー」「もうええ」
     あまりにたどたどしかったためか、レオンはマロをにらみつけ、話を止めさせた。
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【白猫夢・幹談抄 2】へ
    • 【白猫夢・幹談抄 4】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【白猫夢・幹談抄 2】へ
    • 【白猫夢・幹談抄 4】へ