黄輪雑貨本店 新館


    「白猫夢」
    白猫夢 第8部

    白猫夢・幹談抄 5

     ←白猫夢・幹談抄 4 →補足;双月暦570年7月のカレンダー
    麒麟を巡る話、第414話。
    怒れるフォルナ、黄昏るレオン。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    5.
     最高幹部7人でのほほんと茶を飲んでいる間に、1時間が経った。
    「お、もうそろそろ時間やな」
    「ほな、行こか」
    「フォルナも行くか?」
    「ええ」
     全員で角部屋を後にし、先程の会議室へと向かう。
    「おう、おつかれさ……」
     面接開始時と同様、気さくに声をかけようとして、レオンは目を丸くした。
    「……どうした!?」
    「あ、その……」
     討論の書記を務めていた選管委員が、顔を蒼くして説明する。
    「たった今、倒れられまして」
    「今?」
    「え、ええ。ついさっきまで、堂々とした態度で話をされていたのですが」
    「……」
     顔を真っ赤にし、床に倒れ込んだエミリオの姿を見て、フォルナは悲しそうな表情を浮かべていた。



     1時間後、「ランクス&アレックス」。
    「よお、フォル……」
     やってきたフォルナに挨拶しようと手を挙げかけて、モールは絶句した。
     明らかに怒っている様子で、フォルナが足早にやって来たからだ。
    「な、何怒ってるね?」
    「これが怒らずにいられますか!」
     フォルナはモールのすぐ前まで迫り――そしていきなり、モールを平手打ちした。
    「あがっ……」
    「今すぐ、エミリオを治しなさい!」
    「いててて……、分かった、分かったってね、もう」
     モールは頬を押さえながら、渋々と言いたげな様子で立ち上がる。
    「そんなに焦らなくてもいいじゃないね。元々、今日か明日には治すって約束してたんだしね」
    「あなたのことですもの。わたくしが急かさなければ、『はいはい、じゃあこのパンケーキ食べてからね』などと仰りそうですから」
    「……ちぇ、信用ないねぇ」

     さらに20分後、今度はルーマがやって来た。
    「あれ? おばあちゃんもモールさんも、まだ来てへんのかな」
     いつもモールが陣取っているテーブルを確認するが、誰も座っていない。
     と、店員が恐る恐ると言った足取りでやって来る。
    「あのー……、大奥様とあの魔法使いっぽい方ですが、先程までいらっしゃいました」
    「え? もう帰ってしもたんですか?」
    「いえ、大奥様の方がひどく怒っているご様子で、その……、魔法使いさんを平手打ちされまして」
    「平手打ち?」
     思ってもいない話に、ルーマは面食らう。
    「ええ。その後、二言、三言交わされた後、店を後にされました」
    「もしかして、今日のアレかなぁ」
    「アレ?」
    「……いえ、何でも。じゃあ、あたしもおばあちゃんのとこに行ってみます。また明日、食べに来ます」
     ルーマは小さく頭を下げ、店を後にした。



     同時刻、フォコ屋敷。
    「フォルナさんは?」
    「いや……、なんや分からんけど、ものっすごい苛立った感じで、『申し訳ございませんが急用ができました。夕方には戻ります』ちゅうてどっか行きおった」
     首を傾げながら答えたレオンに、幹部たちもけげんな顔をする。
    「何やそれ」
    「多分、エミリオんとこやろな。お見舞いに行ったもんと……」
    「それで何で怒るねん」
    「知らん。……まあ、ともかく。折角病気をおして討論してくれたんや。内容をちゃんと吟味せなな」
    「おう」
     6人は刷り上がってきた討論内容の写しを受け取り、読み始めた。
    「……エミリオ、ホンマに病気やったんか?」
     一人がぼそ、とつぶやく。
    「その場でウチの主治医に診てもろたんや。間違いなく何かの病気やと言うとった」
    「ふーむ……。にしては、いつものアイツっちゅうか」
    「せやな。この偉そうな物の言い方、完璧にいつものアレやな」
    「アレやね」
    「ああ、アレとしか言いようが無いな」
    「アレ言うたら、マロはホンマもんのアレや」
    「全く同感だ。ほぼ『うん』とか『そうですな』しか言っていない」
    「ホンマに頭ん中、スッカラカンかっちゅうの」
    「いや、これは結局んとこ、エミリオ一人でベラベラしゃべり倒した結果やないか?」
    「確かに……。ルーマも口を挟めていなかったようだ」
    「うわ、ホンマや。ルーマも『ええ』くらいしか言えてへん」
    「……アレやなぁ、エミリオ」
    「ホンマ、アレやわ。討論や言うてるのに、一人で演説ぶちよって」
     幹部らが一通り目を通したところで、ルカが写しを回収する。
    「ほな、これは選管の方で預かるわ。今日はこれで解散、ちゅうことで」
    「おう」
    「おつかれ」
     ルカを先頭に、幹部たちがぞろぞろと会議室を後にする。
     残ったレオンは、だらりと椅子にもたれかかり、ため息をついた。
    「ふう……。後は30日の投票を待つばかり、か。
     と言うても――皆もう、誰を推すか確定しとるみたいやな。私も含めて」
     レオンは窓のそばに寄り、外の景色を見下ろしながら、ぽつりとつぶやいた。
    「……落ち着いたら、まずはゆーっくり、フォルナとパンケーキ食おうかな。アップルパイとかシフォンケーキでもええけど」

    白猫夢・幹談抄 終
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【白猫夢・幹談抄 4】へ
    • 【補足;双月暦570年7月のカレンダー】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【白猫夢・幹談抄 4】へ
    • 【補足;双月暦570年7月のカレンダー】へ