黄輪雑貨本店 新館


    「白猫夢」
    白猫夢 第8部

    白猫夢・金冠抄 1

     ←補足;双月暦570年7月のカレンダー →白猫夢・金冠抄 2
    麒麟を巡る話、第415話。
    「アレ」なエミリオ。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    1.
     7月22日。
    「おはようございます」
     すっきりとした表情で食堂にやって来たエミリオを見て、パルミラはほっとしたような顔で出迎えた。
    「おはよう、エミリオ。今日は気分、どうや?」
    「昨日、一昨日に比べたら、大分良くなりました」
    「治ったみたいやな。良かったわ、ホンマ。おばあちゃんに感謝せなね」
    「……? と言うと?」
     けげんな顔をしたエミリオに、パルミラが説明する。
    「一昨日はあんた、熱で朦朧としとったから、気付かんかったかも知れへんね。
     おばあちゃんが魔術師の方を呼んできて、あんたの病気、治してくれたんやで」
    「魔術ですって?」
     エミリオのけげんな顔に、険が差す。
    「何かの詐欺に騙されてるんじゃないですか?」
    「アホなこと言わんの。実際、その人が何かしら唱えた途端、あんたそれまで苦しそうにゼエゼエしとったのんが、急にすうすう言うて大人しくなってんで?
     それにその魔術師さん、『今日、明日ゆっくり休ませたら、明後日にゃウソみたいに回復するからね』って言うてはったんよ。その通りになっとるやないの」
    「いかがわしいですね。僕は信じませんよ、そんなペテン」
     エミリオはフン、と鼻を鳴らし、普段通りに新聞を読み始めた。
    「……この子はホンマにもう」



     同日、正午。
     この日は休日のため、ルーマは開店直後から「ランクス&アレックス」に入り浸っていた。
    「それにしても、ホンマにモールさんとエミリオくんって、相性悪いですよね」
    「ああ、本当にね。胸糞悪いのなんの。治してやったってのに、アイツうわ言で、『金やるからとっとと消えろ』っつってたんだよね」
    「……アレな人やから、エミリオくん」
    「アレって濁さなくていいんじゃないね? はっきりバカって言やいいんだよ、あんなヤツ」
    「頭はええ方なんやけどねー……」
    「世の中、『頭のいいバカ』なんてのはザラにいるもんさね。ところでさ」
     エミリオについてひとしきり罵倒したところで、モールは話題を変えた。
    「残り8日になったワケだけど、この後は本当に何にも無し?」
    「ええ。幹部の皆さんも、考える時間は必要でしょうし」
    「そっか。……じゃあ、あと8日が正念場ってワケだね。
     本音を言うなら、エミリオはもうちょっと治すのを遅らせたかったんだけどね。いや、別にアイツのコトがムカつくからじゃない。敵が君とエミリオとを同時に襲ったら、流石の私でも対処しきれないからね」
    「そうは言うても、これ以上エミリオくんが寝込んどったら、流石に候補から外されてしまいますし」
     ルーマの言葉に、モールは小さくうなずいて返す。
    「ソレもあるね。ま、アレ以上フォルナを怒らせるのも健康に悪いし、潮時っちゃ潮時だったんだよね。
     で、だ。残り8日、どうにか君とエミリオを守らなきゃいけない。そのためには、なるべく人の多い場所にいてもらった方がいいね」
    「人の多い場所に?」
    「ああ。相手のボスが、衆目に晒されるのをすごく嫌うタイプなんだよね。人形にもソレを徹底してるから、目立つような場所じゃ絶対襲ってこないね。
     だから残り8日、決して一人になっちゃダメだ。ほんの少しでも人混みから離れたら、即座に狙ってくると思った方がいいね」
    「そんなん言うても……」
    「難しいコトじゃないね。昼間はこうやって人気のお店にいたり、積極的にお得意先回りすりゃいい。夜、家にいる時は、私が近くを見回ってやるしね。
     ただ、エミリオの方が若干危ないんだよね。自分の会社ん中で襲われてるからね」
    「おばあちゃんからエミリオくんに、『選挙直前やし何があるか分からんから』って言うてもらって、警備をつけさせたらどうでしょ?」
    「まあ、ソレも悪く無いか。アイツら相手にドコまで持ちこたえられるか、微妙だけどね」

     この案はその日のうちにフォルナに伝えられ、早速公安局から職員が回されることになった。
     ちなみに――あれこれ世話を焼かれることを嫌うエミリオは当然、これを断ろうとしたが、フォルナは「色々物騒でしょう? あなたもおヒゲを剃り損ねるくらいですもの」とカマをかけて、エミリオを黙らせた。
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【補足;双月暦570年7月のカレンダー】へ
    • 【白猫夢・金冠抄 2】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【補足;双月暦570年7月のカレンダー】へ
    • 【白猫夢・金冠抄 2】へ