FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第4部

    蒼天剣・悔恨録 1

     ←蒼天剣 目次(第3部;抗黒戦争編 後編) →蒼天剣・悔恨録 2
    晴奈の話、第160話。
    祝勝会。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    1.
     黒炎教団との戦いが終わり、黄海にもようやく平和な空気が戻ってきていた。
     これで晴奈の物語も終わり――とは、行かない。

     またしても晴奈は、騒乱に巻き込まれることとなる。
     落ち着けない生活、あわただしい日々――それもまた、彼女が英雄たる所以だろうか。



     双月歴518年、7月。
     戦争勝利を祝うため黄屋敷に将が集められ、宴が催された。
    「皆、ご苦労さま。これでもう、脅威は去った。しばらくは平和な日々が続くだろうし、安心して酔っぱらっちゃってください。
     では、乾杯!」
     エルスが簡単な挨拶で皆を労い、ささっと席に着く。
    「あら、お早いですね」
     右隣に座る明奈が驚いた感じでそう尋ねてきたので、エルスは小声で返す。
    「ご馳走が目の前に並んでるのに、長々と演説聴きたい?」
    「……ふふっ、いいえ。それじゃ、いただきますね」
    「うんうん」
     仲が良さそうに談笑するエルスたちを見て、左隣に座っていたリストが不機嫌そうな顔になり、エルスの耳をつねってきた。
    「フン、何ヘラヘラしてんのよ」
    「いててて」
     エルスは耳をつねられたまま、平然を装って箸を進める。
    「いくら引っ張っても君みたいに伸びないよ、リスト」
    「あら、そう。じゃ、もっと強くしてあげる」
     リストが力を込め、エルスの耳をさらに引っ張る。
    「何でそんなに怒ってるのかな?」
    「本気で言ってんの?」
    「折角の祝勝会じゃないか。もっと楽しもうよ、リスト」
     そう言いながら、エルスは明奈に目配せする。その意図に気付いた明奈は、そっとリストの背後に回る。
    「……えいっ」
     明奈もリストの耳を引っ張り、リストを止めようとした。
    「ひゃん!?」
     ところがちょっと触っただけで、リストは変な声を出して手を引っ込めた。
    「何すんのよ!? へ、変な声出ちゃったじゃない!」
    「ぷっ、くくく……」
     リストの反応が面白く、今度はエルスがリストの耳を触り、合わせて息も吹きかける。
    「こちょこちょ、……ふーっ」「ひゃ、ああん!?」
     甘い声を出してきたリストを見て、エルスは笑い転げた。
    「あは、あはは……。やっぱりリスト、君はからかいがいがあるなぁ、ふっ、ふふふ……」
    「あ、アンタ、いい加減にしなさ……」「えいっ」「ひゃーん!?」
     リストが怒鳴ろうとしたところで、また明奈が耳を触る。
    「クスクス、リストさん面白い」
    「あ、もしかしてメイナ酔ってるでしょ!?」
    「うふふふ……、ふー」
    「ひぁー!?」
     リストは宴の間中、エルスたちのおもちゃにされていた。



     一方、晴奈は宴の場から離れ、自分の部屋で一人、酒を飲んでいた。どうしても騒いで呑む気にはなれなかったからである。
    「赤の満月、白は新月。今宵は片月、か」
     このところ、晴奈の心にはいつもあの死闘の記憶――ウィルバーと川の中で戦った時の、彼の姿が居座っている。
    (ウィル、お主は本当にあのまま死んだのか? もう既に、冥府の住人と成り果ててしまったのか?)
     考えれば考えるほど、重苦しい気持ちが募る。やがて晴奈は杯を窓辺に置き、顔を両手でこする。
    「ふー……。少し、飲みすぎたかな。……外に出るか。心地良さそうだし」
     窓から見る街の景色を眺めながら、晴奈は外への身支度を簡単に整えた。

     宵も過ぎ、街は静まり返っている。明かりもまばらにしかない。月明かりに照らされた道を、晴奈はゆらゆらとした足取りで歩く。
    (また紅蓮塞に戻って修行するかな……。特にこの街でやりたいことも無いし)
     酔った頭にぼんやりと、師匠の顔や修行場の風景が浮かんでくる。
    (それにしても2年半か。長かったな……)
     護身のために持って来た刀の柄を撫でながら、色々なことを取り留めもなく考える。
     とは言えこの2年半、ずっと戦に没頭していた分、騒々しさに慣れた頭は街の静けさを、敏感に感じ取っている。
     だから――どこかからガシャ、と何かの割れる音を、晴奈の猫耳は聞き逃さなかった。
    「……うん?」
     不審に思った晴奈は、音のした方に向かう。
    (確か、こちらの方角から聞こえてきたような?)
     路地を曲がり、無人の大通りを横切る。そしてまた路地に入ったところで、見慣れた建物が目に入る。
    (まさか、ナイジェル邸からではあるまいな?)
     向かった先にはエルスとリストが、ナイジェル博士亡き後もそのまま住んでいる屋敷――ナイジェル邸があった。
    「……! やはり、ここか」
     玄関の扉がバッサリと切られており、異状が起きていることは明白だった。
    (もしや、賊か?)
     このまま傍観していては、エルスたちは被害に遭ってしまう。そしてそれを、晴奈がよしとするわけも無い。
    「……よし」
     晴奈は着物の袖と裾をまくり上げ、髪を束ね直し、刀に手をかけて屋敷に近寄る。
     破られた扉から中を覗き見ると、大柄な熊獣人の男、中背のエルフの男、小柄な兎獣人の女が輪を作り、何か話している。
     そして輪の中心には灰色の洋巾(フード)のついた外套をかぶった者と、左目に眼帯をはめた、虎獣人の青年が確認できた。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2016.04.14 修正
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【蒼天剣 目次(第3部;抗黒戦争編 後編)】へ
    • 【蒼天剣・悔恨録 2】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【蒼天剣 目次(第3部;抗黒戦争編 後編)】へ
    • 【蒼天剣・悔恨録 2】へ