黄輪雑貨本店 新館


    「白猫夢」
    白猫夢 第8部

    白猫夢・金冠抄 2

     ←白猫夢・金冠抄 1 →白猫夢・金冠抄 3
    麒麟を巡る話、第416話。
    選挙前日の修羅場。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2.
     7月29日、選挙前日の朝。
     モールが危惧していた人形による襲撃は結局、この日まで起こらなかった。
    「いよいよ明日だね」
    「そうですね」
     普段はのんきなルーマも、流石に緊張を覚えている。
    「選挙っつってもさ、どっかの国や街みたいに国民、市民が大挙して票を入れるようなヤツじゃないんだよね?」
    「ええ。明日の3時に最高幹部の皆さんとあたしたち候補者3名が集まって、そこで幹部7名による投票が行われます。
     投票結果はその場で開示され、その日のうちに19代総帥が決まるんです」
    「人生が変わる瞬間だねぇ」
    「ええ、ホンマに。なれてもなれへんかっても、人生変わってしまうでしょうね」
    「なれなくても?」
    「言わば、各家の代表ですし。総帥になれへんかったら、面目丸潰れと思てはる人は多いみたいですよ」
    「そんなもんかね」
    「あたしはそんなでも無いんですけどね。なれへんかったらこれまで通り、会社で頑張るだけですし」
    「私としちゃ、その考えに賛成だね」
     半ば世間話の如く、自分の身の振りを話していたところで――店員がこの店の名物、桃とカスタードクリームを乗せたパンケーキを運んできた。
    「お待たせいたしました」
    「ありがとうございます。
     ……あら?」
     と、ルーマは店員を見て、きょとんとする。
    「今日はセレスちゃんもマリノちゃんもおらへんの?」
    「ん?」
     その言葉に、モールも店員に目を向ける。
    「そう言や、見たコトない顔だね」
    「本日よりこちらで働いております」
     まるでピアノのように淡々と返した店員に、モールはけげんな顔を向けた。
    「答えになってないね。今、ルーマが言ってた2人は?」
    「お休みをいただいております」
    「飲食店で働いてて、休日に休みってこた無いだろ?」
    「ですよね、かきいれ時ですし……? それやのに2人とも休むなんて」
    「諸事情がございまして」
    「何かあったん?」
    「いえ、わたくしは存じません」
    「……ちょっと、コレ食ってみ?」
     そう言って、モールはたった今店員が持ってきたパンケーキを差し出した。
    「食べれるってんならね」
    「……」
     店員は凍ったように動かない。
    「まあ、動けないだろうね。『食べる』って行動は君らにゃ必要ないんだからね」
    「え?」
    「ルーマ、コイツは人形だ。あのセリカの姉妹ってトコだろ」
    「……」
     店員は一歩、後ろに下がる。
    「その通りでございます」
     そう答え――左手をす、とルーマに向けた。
    「させるかッ!」
     ほとんど同時に、モールが呪文を唱え、魔術の盾を作る。
     その直後、ガガガガ……、と言う爆音が店に響き渡った。

    「あ……あわわ……」
     ルーマのすぐ目の前に、弾丸が浮いている。
    「彼女」の左手首がぱかっと割れ、そこから銃身が覗いていた。
    「ますますメカって感じのギミック仕込んでやがるね。悪ノリし過ぎだね」
    「防御を解除して下さい」
    「アホか」
     モールは盾を展開したまま立ち上がり、「彼女」に尋ねる。
    「名前は? おおっと、私らの名前は知ってるはずだから、『まず自分から名乗れ』とは言わせないね」
    「わたくしの名前は、カムリ。強襲用に造られております」
     かち、と音を立てて、カムリの左手首が元に戻る。
    「じゃあコレは失敗したワケだね。さっさと逃げた方がいいんじゃないね?」
    「いえ」
     カムリはもう一歩、二歩下がり、また左手を向けた。
    「可能な限りは攻撃させていただきます」
    「なんだって?」
     モールに答える代わりに、カムリは今度は左肘を外し――直径4センチほどの砲身を覗かせた。
    「今度こそ、お命頂戴いたします」
     次の瞬間、ドゴンという炸裂音が、店のみならず周囲にまで響き渡った。
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【白猫夢・金冠抄 1】へ
    • 【白猫夢・金冠抄 3】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【白猫夢・金冠抄 1】へ
    • 【白猫夢・金冠抄 3】へ