黄輪雑貨本店 新館


    「白猫夢」
    白猫夢 第8部

    白猫夢・金冠抄 3

     ←白猫夢・金冠抄 2 →白猫夢・金冠抄 4
    麒麟を巡る話、第417話。
    戦術的逃走。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    3.
     もうもうと立ち上った煙が消え、カムリは周囲を見渡す。
    「……」
     だが、標的の姿も死体も見当たらなかったため、彼女はその場から歩き去って行った。
    「……あっぶねぇ」
     完全にカムリの姿が見えなくなったところで、モールとルーマが姿を現す。モールお得意の潜遁術、「インビジブル」である。
    「あーあ……、テーブルとパンケーキが木っ端微塵や」
     ルーマは穴の空いた床を見て、しょんぼりとする。
    「テーブルはともかく、パンケーキは十中八九毒入りだね。食べなくて正解さ。
     ともかく、考えを改めなきゃいけないね。セリカと違って、カムリは人目も構わず襲ってくる。アイツを撃退しないコトにゃ、君もエミリオも明日の選挙に出られないだろうね」
    「戦う、ちゅうことですか?」
    「やりたかないけどね。あーゆー近接戦闘タイプ、私ゃ苦手なんだ」
     二人で話しているところに、本物の店員2名がやって来る。
    「あ、あの、る、る、ルーマさん……」
    「だ、だい、じょうぶ、です、か?」
     彼女たちは涙目になっており、ガタガタと震えている。
    「あんまり大丈夫じゃないね。選挙前に候補者を亡き者にしよう、ってアレさね」
    「は、はあ」
    「でも騒ぎを聞きつけて公安がやってくるし、犯人は間もなく捕まるはずさ。この店の損害も財団、いや、ルーマが補償してくれるから、安心しなってね」
    「ど、どうも」
    「まだ10時前だし客は私らだけだったから人的被害もゼロだし、むしろコレが話題になって2日後、3日後にはわんさと来るさ。
     ともかくだ、ほれ。もう公安警邏部の奴らが、大慌てでコッチ来てるのが見えてるだろ?」
    「あ、は、はあ」
    「き、きてますね、パトカー」
    「今私が言ったコトを説明して、現場検証に来る奴らにコーヒーでも振る舞ってやりな。勿論、ルーマのツケでね」
    「え、えっと」
    「ルーマさんたちは?」
    「またあんなのに来てほしくないだろ? 今日、明日は安全なトコに逃げるね」
    「わ、わかり、ました」
    「お、おきを、つけて」
     半泣きの店員たちを放って、モールとルーマはその場を後にした。

     ルーマたちが街を歩く間に、街は段々騒がしくなっていく。
     赤と黄色に塗装された金火公安のパトカーがあちこちを巡り、騒ぎの張本人を捕まえようと躍起になっているのだ。
    「まあ、あいつらにゃ無理だろうね。
     あの場から『テレポート』で消えなかったコトを見ると、どうやら高出力の魔術が使えるようにはできてないみたいだけど、その代わりに重火器をわんさか搭載されてるね。
     例え取り囲まれたところで、あの自動小銃やグレネード砲を至近距離で撃たれでもしたら、返り討ちに遭うのは目に見えてるね」
    「どうしましょう?」
     尋ねたルーマに、モールはやや緊張した面持ちで返す。
    「兵法の基本さ。攻められにくいところに陣取る。『あそこ』なら普段から多数の公安職員が駐留してるし、建物自体も堅固かつ堅牢。
     オマケに明日の選挙に一番乗りできるしね」
    「……ちゅうことは」
    「そう、フォコ屋敷だね。……歩くのもしんどいし、あいつら捕まえるか」
     モールは街中を回るパトカーの一台を停め、こう説明する。
    「ちょっと悪いけどね、フォコ屋敷まで頼めるね?」
    「これはパトカーだ。タクシーならよそを当たってくれ」
     つっけんどんに断った公安職員に、モールはルーマを指差して示す。
    「今朝の爆発騒ぎの被害者が行きたいんだってさ。行ってみりゃ要人護送だね」
    「なに……?」
     運転席から身を乗り出してきた職員に、ルーマは金火狐商会の社員証を見せる。
    「……失礼。なるほど、確かに現場の店で聞いた名前だ。
     しかしそう言うことなら、はじめから店でパトカーが来るのを待ってれば良かったろうに」
     ルーマの身分を知ってなお、職員はうざったそうな表情を崩さない。
    「襲撃された現場でそのままじっとしてろって? 犯人が戻ってきて、グレネード砲でも撃たれたらどうするのさ?」
    「まさか!」
     モールの話を、職員は鼻で笑う。
    「こんな市街地の真っ只中で、そんなご大層な戦術兵器を? 馬鹿も休み休み……」
     と、職員が文句を言っている、ちょうどその最中に――。
    「……! ちょ、ドア開けろって! ヤバい!」
    「は?」
     通りの向こうから、あの重火器搭載人形、カムリが走ってくるのが見えた。
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【白猫夢・金冠抄 2】へ
    • 【白猫夢・金冠抄 4】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【白猫夢・金冠抄 2】へ
    • 【白猫夢・金冠抄 4】へ