黄輪雑貨本店 新館


    「白猫夢」
    白猫夢 第8部

    白猫夢・金冠抄 4

     ←白猫夢・金冠抄 3 →白猫夢・金冠抄 5
    麒麟を巡る話、第418話。
    重武装人形の追撃。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    4.
     慌てるモールに対し、職員はけげんな顔をしている。
    「なんだ? 一体どうした?」
    「後ろ見ろって! あいつだ! 爆発事件の犯人!」
    「……あの青と白のドレス着た女の子が、か? あんた、一回病院にでも行ったらどうだ?」
    「お決まりの返し文句なんか聞いてる場合かッ! 早く乗せろッ! そして出せってね!」
     モールは魔術を使い、強引に車の鍵を開けて乗り込む。
    「おい、あんた……」
     なおも文句を言いかけたところで、カムリが後方50メートル辺りで立ち止まり、左手を挙げる。
    「いいからアクセル目一杯踏めーッ!」
     助手席に乗り込んだモールは、職員の足の上からアクセルを踏み抜いた。
    「いでえー!?」
     が、エンジンがうなるばかりで走り出す様子は無い。
    「なんでサイドブレーキかけてんだッ!」
    「車停めてるんだからかけるに決まってるだろ!? 足どけろ! 痛えだろ!?」
     問答している間に、カムリの左肘がぱか、と外れる。
     バックミラー越しにそれを確認した職員は、目を丸くした。
    「な……!?」
    「ああもう、間に合わないね! 『ウロボロスポール:リバース』!」
     カムリがグレネードを発射したその瞬間、モールも術を発動させる。
    「う……、うわーっ!?」
     職員は顔を真っ青にして叫んだが――モールの術により、グレネードはパトカーに着弾する直前で引き返し、カムリに向かっていく。
    「……!」
     カムリは身を翻してグレネードをかわし、そのままこちらに向かって走り出す。
    「メチャクチャなヤツだね、マジで! ほれ、さっさと車出せってね!」
    「わ、分かった!」
     グレネードが地面に落ち、爆発すると同時に、パトカーは後輪をギャンギャンときしらせながら走りだした。
    「……流石に車にゃ追いつけないか」
     モールは助手席から身を乗り出し、カムリとの距離が離れていくのを確認して、安堵のため息を漏らした。
    「おい、あんた」
     と、職員が前を向いたままモールに声をかける。
    「運転中は普通に座ってくれ。ミラーが見えん」
    「おう、悪いね」
     モールが席に座ったところで、職員はこう続けた。
    「フォコ屋敷だったな? 分かった、連れて行くよ」
    「助かるね。……おっと、自己紹介がまだだったね。私はモール。さっきも言った通り、後ろにいるのがルーマ・ゴールドマン女史だね」
    「よろしく。俺はラムダ・マセリーニだ」
    「よろしゅう、……ひゃあ!?」
     挨拶しかけたルーマが途中で悲鳴を上げ、頭を抱える。
     彼女の背後にあったリアガラスが、突然砕け散ったからだ。
    「ちっくしょー……、追ってきたか」
     どこから調達してきたのか、カムリも車に乗って追いかけてきた。
     既にフロントガラスは割られており、彼女は時折、左手首に仕込んだ自動小銃で、ラムダの運転するパトカーを銃撃してくる。
    「くそ、ここじゃスピード出せない!」
     パトカーが走っているのは近代改修が行われている最中の通りであり、道幅が狭い上に舗装も中途半端になっている。
     速度を上げて振り切ろうにも、パトカーは今にも道端の木箱や人間にぶつかりそうになる。
    「どけっ、どけって!」
    「聞こえるわけ、……うわっ!」
     この間にもカムリは銃撃し続けており、パトカー後方にボコボコと穴が空く。
     何度かモールも防御を試みるが、それでも曲がり角などで術の展開方向がずれ、その度に弾丸が車内に飛んでくる。
     その内の一発がフロントガラスに食い込み、目の前が物理的に真っ白になる。
    「み、見えねえっ」
    「割らしてもらうねっ」
     モールが杖の先を叩きつけ、フロントガラスを強引に砕いてはがす。
     と、カムリの攻撃がやむ。どうやら小銃の弾丸が切れたらしい。
    「今のうちだね、大通りに出て飛ばせッ!」
    「分かってら!」
     ラムダはハンドルを切り、パトカーを半ばスピンさせながらも、大通りに流し込んだ。
    「……はあ。死ぬかと思ったよ」
    「ルーマ、生きてる?」
    「は、はい……」
     ルーマは狐耳をプルプルと震わせながら、後部座席に縮こまっていた。
    「フォコ屋敷までドレくらいだね?」
    「ここからなら、15分ってところだな。……あいつ、追って来ないな」
    「流石に大通りじゃ、他の車が多過ぎるからね。別の手段を講じてくるつもりだろうね。その間に、何とかフォコ屋敷まで行こう」
    「ああ、分かった」
     穴だらけになったパトカーは、そのまま大通りを進んでいった。
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【白猫夢・金冠抄 3】へ
    • 【白猫夢・金冠抄 5】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【白猫夢・金冠抄 3】へ
    • 【白猫夢・金冠抄 5】へ