黄輪雑貨本店 新館


    「白猫夢」
    白猫夢 第8部

    白猫夢・金冠抄 7

     ←白猫夢・金冠抄 6 →白猫夢・金冠抄 8
    麒麟を巡る話、第421話。
    フォコ屋敷、襲撃さる。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    7.
     フォコ屋敷周辺を巡回する職員たちを眼下に眺めながら、ラムダは部屋の奥に座るルーマに声をかける。
    「気分はどうだ?」
    「あんまり……」
    「この状況で気分いいってヤツがいたら変態だね」
     モールに突っ込まれ、ラムダは肩をすくめる。
    「違いないな。
     エミリオ氏の方はどうだろうな? 1時間前に屋敷に到着した、と聞いたっきりだが……」
    「状況的には私らと同じだろうね。どうせ公安のヤツらに『おいお前、銃なんか見せんな。目障りやから外でやってくれ』とかブーブー文句言ってるさ」
    「……ふっ」
     それを聞いて、ルーマが小さく笑う。
    「エミリオくんやったら言いそう」
    「だろ?」
    「俺がこんなこと言うのも不敬だが、……あんまりいい奴じゃなさそうだな」
    「ああ、通称『アレな人』さ」
    「アレ、……ね。そんな奴が、総帥選挙に出るのか?」
     尋ねたラムダに、ルーマが答える。
    「経営手腕は確かな人ですから」
    「あんたもそうなのか?」
    「一応、評価はされてます。会社も順調ですし」
    「ふーん……。そう言やあんた、何の商売してるんだ? 金火狐商会って、色々やってるって聞いてはいるが」
     話しているうちに、ルーマの緊張も解れてくる。
    「金融を任されてます。あ、と言うても高利貸しとかやなくて、お金に困っとるお店さんとかに融資してます」
    「そうか。……ん? あんたの会社、名前は?」
    「ベント投資信託です」
    「もしかして、マセリーニ製造に20万エルだか30万エルの融資したのって」
    「多分あたしんとこです。半年前ですよね? 確か30万です」
    「そうか、あんただったのか……」
     ラムダは嬉しそうな顔をし、こう続ける。
    「実家の工場なんだ。俺が公安に行っちゃったから弟が後を継いだんだけど、在庫が余りすぎて潰れそうになったことがあってな……。
     本当に助かったって言ってたよ、あの時は」
    「ええ、品物は良かったので、在庫さえ捌ければ大丈夫だろうと思って。実際、もう完済されてますし」
    「……俺は応援するよ。あんたが総帥になった方が断然いい」
    「ありがとうございます」
     ルーマがにこ、と笑みを浮かべたところで――ババババ、とけたたましい音が、屋敷の外で響き渡った。

    「来やがったか……!」
     位置を悟られぬよう、ラムダはカーテンの隙間から外の様子を伺う。
    「どうなってるね?」
    「屋敷前に置いた機銃がフル稼働だ。同僚もあっちこっちから撃ちまくってる。
     ……おいおいおいおい!? ……っと、いけね」
     ラムダは怒鳴りかけ、口を手で塞ぐ。
    「どうしたんですか?」
    「あのカムリって奴だ。全弾避けやがったぞ、あいつ。
     ……まずい、機銃を獲られた!」
     モールとルーマも、恐る恐るカーテンの隙間に近付く。
     ラムダの言う通り、カムリは相手から奪った軽機関銃を右手一本で振り回し、職員を襲っている。
     既に何名かは血まみれで倒れており、重傷を負っているのは明白だった。
    「畜生……!」
    「ひどい、こんなん……」
    「……」
     モールは杖を手にし、呪文を唱える。
    「モールさん?」
    「あいつの意識が前線に向いてる今がチャンスだ。コレ以上犠牲は出させやしないね」
     モールは窓を蹴って開き、杖をカムリに向けた。
    「『レイブンストーム』!」
     カムリの周囲に散らばっていた弾丸や薬莢が変形し、カムリに向かって飛んで行く。
    「……」
     変形した金属はべたべたとカムリに貼り付き、彼女を包み込んでいく。
     やがて体の3分の2が覆われ、彼女は銃を構えた姿勢のまま、その場に倒れた。
    「よっしゃ!」
    「いや、待て! あいつ、はがしてるぞ!?」
    「何ぃ!?」
     喜びかけて、慌ててモールはカムリの様子を確認する。
    「ぐ……く……」
     金属片がまとわりついた腕や脚を、カムリは無理矢理に動かし、曲げる。ばきん、ばきんと金属が折れ、はがれる音を響かせ、カムリは上半身を起こしていた。
    「以前のモデルより出力が上がってるみたいだね……。前と同じ戦法は通用しないか。
     そんじゃココからグレネード撃って。命中すりゃ、流石に動きが止まるさ」
    「おう」
     ラムダはグレネード砲に弾を込め、カムリに向けて発射した。
    「……!」
     カムリは金属片を無理矢理はがした左腕を上げ、こちらもグレネード砲で迎撃する。
     その結果――グレネード同士がぶつかり合い、カムリの頭上で炸裂した。
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【白猫夢・金冠抄 6】へ
    • 【白猫夢・金冠抄 8】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【白猫夢・金冠抄 6】へ
    • 【白猫夢・金冠抄 8】へ