FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第4部

    蒼天剣・悔恨録 2

     ←蒼天剣・悔恨録 1 →蒼天剣・悔恨録 3
    晴奈の話、第161話。
    はるかな国からの侵入者たち。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2.
     ナイジェル邸に侵入している者たちは、央南ではエルスたち以外に見かけたことの無い、異国の服を着ている。また髪や目の色、顔つきも、およそ央南人とは思えない。ただ、虎獣人だけは黒髪に灰縞の虎耳と尻尾で、その顔立ちも含め、央南風と見えなくもない。
    (彼奴ら、何者だ?)
     晴奈はじっと扉の陰に潜み、中の様子と彼らの会話を探る。
     片目の「虎」が、エルフに向かって怒鳴っているのが聞こえてきた。
    「彼には手を出すなよ、スミス!」「……ヒノカミ中佐、何を?」
    「虎」――日上中佐と呼ばれた青年は、彼よりずっと年上らしい、周りの者たちに威張り散らしている。
    「王国中の人間から嫌われようと、彼は俺の恩師だ! 出会っても手を出すんじゃないッ!」
    「……了解しました」
     エルフは日上に叱られ、憮然とした顔で引き下がった。ほぼ同時に、日上の後ろにいた茶髪に白い垂れ耳の「兎」が、手をポンと打って声をあげる。
    「そー言えばヒノカミ君は、エルスと組んでたんだよね」
     見知らぬ女の口から出た親友の名前に、晴奈は目を丸くした。
    (な……!? エルス、だと? エルスとは、あのエルス・グラッドか?)
     晴奈の動揺など知るわけも無く、日上は「兎」の言葉にうなずく。
    「そうだ。彼に受けた恩義も非常に大きい。俺の前で彼を悪く言う奴は、例え身内でも許さないぞ」
     そう言って日上がにらむが、「兎」は媚びるような甘ったるい声で顔を赤らめ、頬に手を当てて日上に答える。
    「アタシは言いやしないよー? アタシだってリロ、……エルスとは、色々アレコレ楽しーい思い出あるし、悪くなんてねーぇ」
    (何だ、あのけばけばしい『兎』は? ……私の中の、兎獣人の思い出が汚れてしまいそうだ)
     憤慨する晴奈に気付くはずも無く、日上は肩をすくめて返す。
    「ま、アンタは暴走恋愛狂だもんな」
    「あ、ひっどーい。そんなコト言っちゃうと、もう相手したげないわよー?」
     日上の鼻を人差し指でトンと叩き、上目遣いで甘ったるい仕草を見せる「兎」に、日上は苦笑する。
    「ははっ、そりゃ困るな」
    (彼奴ら、一体……)
     と、これまでじっと黙り込んでいた「熊」も、ぼそぼそとした口ぶりでエルスのことを言及する。
    「俺も、格闘術の指導、受けたことが、何度もあります。感謝、してます」
    「だよな。俺も何度か、教えてもらったことがある。貫手とか通打とかな」
     そう言って日上は嬉しそうに、掌底を打つ仕草を「熊」に見せる。それを見て、「熊」はのそのそと首を振って同意する。
    「ああ、通打は、エルス教官の得意技、でしたね。あれは本当に、痛かった」
    「分かる分かる、はは……」
     日上たちの会話をそっとうかがいながら、晴奈は思案する。
    (一体、彼奴ら何者なのだ? こんな胡散臭い輩がまさか、エルスの知り合いだと言うのか?
     いや、それよりも――良く考えれば、私はエルスについて詳しいことを一切知らぬ。一体、エルスは何者だったのだ? この黄海を訪れる前、何をしていたのだ?)
     と、一人意見を違え、孤立したエルフは、不満そうに顔をしかめる。
    「何だよ、みんな反逆者に肩入れかよ? ……くそっ」
     エルフは肩を怒らせ、その場を離れていった。それをきっかけにして、他の者もバラバラと居間を離れる。
     一人居間に残った日上は、床に落ち、粉々になった壷――どうやら、先ほど音を立てたのはこれらしい――を眺め、ぽつりとつぶやいた。
    「エルフの癖に短気な奴だな。まるでリストだ」
     少し間を置いて日上も居間を離れる。晴奈は刀を抜き、そっと中に入る。
    (エルスだけではなく、リストのことも知っているとは。
     何にせよ、他人の家に忍び込む輩だ。常識ある、まともな相手では無いだろう。ならば容赦は無用。
     一人ずつ、倒していくか)

     音を極力立てずに晴奈は廊下を進み、部屋を見回っていく。客間に「兎」がいるのを見つけ、素早く中に入り込む。
    「……とうッ!」「ひ、あぅ!?」
     背中を見せていた「兎」に峰打ちを入れ、気絶させる。
    (後ろからは少々卑怯ではあるが、……まずは1人)
     気を失った「兎」を縛り、一旦廊下に出て隣の部屋を覗くと、「熊」が部屋を探っているのが見える。
    (よし……)
     晴奈が部屋に入ろうとしたその時、運悪く階段からエルフの男が降りてきた。
     そのまま鉢合わせしてしまい、晴奈は舌打ちする。
    「……しまった!」
    「誰だ、お前は!」
     居丈高に怒鳴るエルフに、晴奈も怒鳴り返す。
    「こっちの台詞だ、賊め!」
     エルフが反応するより一瞬早く、晴奈は斬りかかる。エルフは剣を抜いて構えたが、階上から誰かが叫ぶ。
    「スミス、受けるな! かわせ!」
     だが、その指示にエルフが応じるより早く、晴奈は斬撃を叩き込む。
     エルフの構えた剣に、晴奈の刀自体は止められてしまうが――。
    「甘いッ! 焔流はこれしきのことでは止まらんッ!」
     刀から炎が噴き出し、エルフの剣を貫通して襲い掛かる。
    「う、うわあああっ!?」
     晴奈の「火刃」を正面から食らい、エルフの左肩から右脇腹に火が燃え移り、そのまま悶絶する。
     と、洋巾姿の男が現れ――どうやら、先程叫んだのはこの男であるらしい――周囲に怒鳴る。
    「フー、ドール、バリー! 見つかったか!?」
    「まだ、だ!」
     晴奈の背後で「熊」が答える。
     そしてほぼ同時に、日上の声も返って来た。
    「あった! 見つけたぞ!」
     それを聞くなり洋巾は、晴奈に向かって飛び掛かってきた。
    「逃げるぞ!」
     洋巾は晴奈のすぐ側まで踏み込み、同時に右手を後ろに引く。次の瞬間、ガキン、と言う音と共に、晴奈に向かって洋巾の掌底が放たれた。
    「……っ!」
     晴奈は剣を構えて防ごうとするが、予想以上に重たい掌を受け止めきれず、廊下の端まで弾き飛ばされた。
    「な、ッ……!?」
     勢い良く壁に叩き付けられ、晴奈はそのまま、気を失った。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2016.04.14 修正
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【蒼天剣・悔恨録 1】へ
    • 【蒼天剣・悔恨録 3】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【蒼天剣・悔恨録 1】へ
    • 【蒼天剣・悔恨録 3】へ