黄輪雑貨本店 新館


    DETECTIVE WESTERN

    DETECTIVE WESTERN 3 ~19世紀の黄金銃~ 1

     ←2014年10月携帯待受 →DETECTIVE WESTERN 3 ~19世紀の黄金銃~ 2
    1年ぶりのウエスタン小説。
    「撃てない」拳銃に魅せられた男たち。

    1.
     20世紀半ば、かの悪名高い政治団体、国家社会主義ドイツ労働者党、通称「ナチス」を率いた総統アドルフ・ヒトラーには、数々の逸話がある。
     その中でも最も煌びやかなうわさとして、「ワルサーP38を純金で造らせ、総統専用銃とした」と言うものがある。
     勿論金などと言う、恐ろしく柔らかい金属を主な素材にしては、鉛弾を撃つことなど到底できるわけが無い。そんな代物の引き金を実際に引こうものなら、たちまち暴発・腔発を起こし、銃自体が軟弾・散弾と化して、右腕が木端微塵になるであろうことは、想像に難くない。
     この黄金銃はあくまで「飾る」ための銃であり、言うなれば「美術品」なのである。これを発注したヒトラー氏も、恐らくは自分のデスクの奥底から密かに取り出しては、その輝きを眺めてほくそ笑む日々を過ごしていただろう、……と思われる。



     ナチスから、時代は半世紀以上もさかのぼるが――この時の彼も、きっと同じ気持ちだっただろう。
    「うひひひ……、まったく変な気持ちになっちまうわい」
     彼は自分の手に収まっている、ギラギラと光るSAAを眺めてほくそ笑んでいた。
    「まさか本当に、グリップから銃身まで全部、金で造ってくれるとはなぁ。やっぱりあいつは天才だな。
     ……ふひひ、しかも銃弾まで金と来た! 撃ってみたくってたまらねえが、……いやいや、折角の黄金銃が歪んじまわぁ」
     そんな独り言が漏れてしまうほどに、この黄金の塊は恐るべき魅力をたたえている。
    「……そーっと引き金引くくらいなら、曲がったりしねえよな」
     独り言で言い訳までして、男は黄金銃の撃鉄を起こした。
    「そーっと、そーっと……」
     引き金に指をかけたところで――パン、と音が響く。
    「……えっ?」
     音に驚いた男は、慌てて自分の握る黄金銃を確認するが、硝煙も何も上がっていない。撃鉄も起きたままである。
     と、黄金銃に汚れが付いているのに気付く。
    「おっと、いけねえ」
     男は右の袖口で、その赤い汚れを拭き取ろうとする。だが、拭いたと思った汚れが、さらにひどく広がっている。
    「チッ、なんだよ……?」
     自分の袖口が汚れているのかと、男は右腕を挙げる。
    「……あれ」
     右袖も、そして銃を握った左腕も、真っ赤に染まっていた。

     ボトボトと口から血を吐き、黄金銃を落としそうになった男の左腕を、「おおっと」とおどけた声を出してつかむ者が現れた。
    「もうしばらく、堪えていただきたい。この黄金銃が床に落ちようものなら、あの名ガンスミスが嘆かれる」
    「お……おま……え……おっ……おれ……をっ……」
    「その通り。あなたのハートを射止めたのは、このわたくしです。
     さて、お次はその脳天を痺れさせてご覧に入れましょう」
     そう言うなり、左手に持っていたSAAを――こちらは鉄製の――男の頭に突きつけ、即座に引き金を引く。
     パン、と火薬の弾ける音と共に、男の頭蓋も弾け飛んだ。
    「この煌めくピースメーカー、確かにわたくしが拝領いたしました。
     ああ、ご心配なさらず。わたくしのコレクションとして、この黄金銃は永遠に輝くことでしょう」
     西部の男には到底見えない、その白いスーツに身を包んだ男は黄金銃を懐にしまい、ひらりと身を翻してその場から消えた。
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【2014年10月携帯待受】へ
    • 【DETECTIVE WESTERN 3 ~19世紀の黄金銃~ 2】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    ミステリとは銘打っていますが、
    そう難しい理屈をこねてるわけじゃありません。

    前二作にも言えることですが、
    まず、謎解き要素はそれほど設けていません。
    犯人も示していますし、犯行もシンプルめ。
    ただ、「あ、このタイミングでこんなことやってたのか!」
    という仕掛けをあちこちに入れています。
    言うなれば「Who done it」や「How done it」ではなく、
    「When done it」を探る感じ。

    一般に「ミステリ」と捉えられているものと大分違いますが、
    「これはこれで」とお楽しみいただければ幸いです。

    NoTitle 

    新作待ってました(^^)

    なんか、昔のTV時代劇の「剣」みたいな話になりそうですね。一本の刀なり銃なりが、人の手を転々としていくような話……。

    いや矢端想さんのブログではミステリとかいってたな。じゃあぜんぜん違うじゃん(汗)

    「撃てないはずの銃でどうやって人を撃ち殺したか」の本格ミステリですか?

    いろいろと想像はふくらみますが、

    まずはお手並み拝見(^^)
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【2014年10月携帯待受】へ
    • 【DETECTIVE WESTERN 3 ~19世紀の黄金銃~ 2】へ