黄輪雑貨本店 新館


    DETECTIVE WESTERN

    DETECTIVE WESTERN 3 ~19世紀の黄金銃~ 7

     ←DETECTIVE WESTERN 3 ~19世紀の黄金銃~ 6 →DETECTIVE WESTERN 3 ~19世紀の黄金銃~ 8
    ウエスタン小説、第7話。
    追いかけ合い、化かし合い。

    7.
    「……ええ……恐らく……はい……」
     探偵局に電話連絡を行っているアデルを放って、エミルとグレッグは夕食を食べ始めた。
    「流石、探偵さんですね。犯人像を絞って、イクトミ氏と突き止めるなんて」
    「そこまではいいけどね。問題はそこから先よ。犯人が分かったところで、そいつの居場所が分かんなきゃ話にならないわ」
    「……ですね」
     エミルはベーコンを口に放り込みつつ、未だ電話に張り付いたままのアデルを眺める。
    「……あー……なるほど……捜査官を……」
     と、アデルがぼそっとつぶやいた言葉を耳にし、エミルはアデルに尋ねる。
    「尾行しろって?」
    「ぅえ? ……ええ、……ええ、エミルが、……はい」
     アデルは電話口に手を当てつつ、エミルに振り返る。
    「『その通りだ』、だとさ」
    「分かったわ」
     エミルの返事を聞いて、アデルは再度電話に応じる。
    「はい、オーケーです。……ええ、じゃあ」
     電話を切り、アデルが振り返る。
    「何で分かった?」
    「それしかないでしょ?」
    「え? え?」
     きょとんとしているグレッグに、アデルが説明する。
    「昼間いた、あのジェンソン・マドックって捜査官。あいつもイクトミを追っていると見て間違いないだろう。
     イクトミはあちこちの州で指名手配されてる、超一級のお尋ね者だからな。捕まえりゃジェンソン刑事の組織には相当の箔がつく。恐らくはあの刑事、そっち方面から捜査してたんだろう。その過程で、ここに来た可能性は高い」
    「あたしたちと同じく、黄金銃を探すのが目的ってことも考えられるけどね」
    「いや、その線は薄いだろう。
     俺たちが黄金銃を探してるのは、ポートマンJrらの依頼によってだ。特に依頼されたわけでもないのに、わざわざこんなド田舎まで、黄金銃のためだけに来るとは思えない。イクトミを探してるのは、ほぼ間違いないだろう。
     あの刑事もそこそこ有能だって話だし、今日の捜査でイクトミの線が濃いだろうと結論づけたはずだ。となれば連邦ナントカって組織から、奴に関する何らかの情報が提供されてるはずだ。
     非公式とは言え合衆国政府お付きの組織だ。俺たちの知らない情報源をゴロゴロ持っていてもおかしくない」
    「なるほどね。それじゃ次の狙いは」
    「ジェンソン刑事、だな」



     翌朝、エミルたちは近隣の宿を当たり、早速ジェンソン刑事が泊まっている場所を突き止めた。
     しかも情報によれば、彼は泊まっていた宿を今朝になって突然チェックアウトし、そのまま街を出ようとしているとのことだった。
    「そりゃいい。奴さん、早速追ったようだな」
    「急ぎましょ。もう列車が来てるわ」
     エミルたち3人は、急いで駅へと向かった。

     それから3分後――グレッグが列車に乗り込んでから一瞬後、あのジェンソン刑事がのそ、と窓から身を乗り出し、かばんを外に投げる。
    「よっこいせ、……っと」
     続いてジェンソン刑事自身も窓から降り、ホームに戻る。
    「あの、ちょっと」
     声をかけてきた駅員に、ジェンソン刑事は手を振って返す。
    「忘れ物だ。気にせず出発してくれや」
    「は、……はい」
     駅員は何度もジェンソン刑事の方を振り返りながら、車掌に合図を出す。
     そのまま列車が走り出したところで、ジェンソン刑事は煙草を口にくわえ、クックッと笑い出した。
    「アホ探偵共が。尾行に気が付いてねーとでも思ってんのかよ」
     笑いながら、彼はコートのポケットを探る。
    「どうぞ」
     と、彼の前にライターが差し出される。
    「おっ? 悪い、……な」
     ジェンソン刑事は目の前の二人を見て、口をぽかんと開ける。
     その口から煙草がぽろっと落ちたが、エミルはそれを空中でつかみ、ジェンソン刑事の口に、元通り差し込んだ。
    「……畜生め。あのボンボンは囮ってわけか」
    「悪いなぁ、刑事さん」
     アデルはライターを向け、彼の煙草に火を点けた。
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【DETECTIVE WESTERN 3 ~19世紀の黄金銃~ 6】へ
    • 【DETECTIVE WESTERN 3 ~19世紀の黄金銃~ 8】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【DETECTIVE WESTERN 3 ~19世紀の黄金銃~ 6】へ
    • 【DETECTIVE WESTERN 3 ~19世紀の黄金銃~ 8】へ