黄輪雑貨本店 新館


    DETECTIVE WESTERN

    DETECTIVE WESTERN 3 ~19世紀の黄金銃~ 11

     ←DETECTIVE WESTERN 3 ~19世紀の黄金銃~ 10 →DETECTIVE WESTERN 3 ~19世紀の黄金銃~ 12
    ウエスタン小説、第11話。
    金庫の中の蜘蛛。

    11.
    「大変お待たせいたしました。どうぞ、お入り下さい」
     宝物庫の扉が開き、ワットウッド翁がまず中へと入る。それに続く形でグレッグ、ジェンソン刑事が入り、そして最後にエミルとアデルが入室した。
    「……っ」
     アデルは三度、絶句する。
     そこにはあちこちに、ギラギラと光る美術品や金塊が積まれていたからだ。
    「皆様は紳士とお見受けしておりますし、あり得ないこととは思いますが、この部屋の物には一切、お手を触れないようお願いいたします」
    「え、ええ。勿論」
     壁に飾られた、金糸で編まれた蝶ネクタイに腕を伸ばしかけたアデルは、慌てて引っ込める。
    「こちらに飾っておりますのが件の黄金銃、イギリス拳銃ウェブリーの全パーツを黄金で拵えたものです。
     勿論、易々と盗まれぬよう、こうして合金製の箱に鍵をかけて収めております」
     そう前置きし、ワットウッド翁は箱の鍵を開けようとした。

    「待って」
     と、それをエミルが止める。
    「如何されました、お嬢さん?」
     自慢の一品を披露しようとしていたワットウッド翁は、当然むっとした顔をする。
    「ワットウッドさん。今、その鍵を開けたらあなた、殺されるわよ」
    「何ですって?」
     エミルは拳銃を取り出し――グレッグに向けた。
    「な、何するんですか!?」
    「お芝居はそこまでよ、グレッグ・ポートマンJr。……いいえ、イクトミ」
    「は……?」
     目を白黒させるグレッグに、エミルはこう尋ねる。
    「どこからどう見ても、片田舎の三流アメリカ紳士。そんなあなたが、どうしてフランスの諺なんか知ってたのかしら?」
    「え?」
    「『何一つ失敗せざる者は何一つ行動せざる者である(Il n'y a que celui qui ne fait rien qui ne se trompe jamais)』よ」
    「あ……と」
    「フランスびいきが仇になったわね、キザったらし」
    「い、いや、ミヌーさん」
    「あと、もう一つ。あなたは少なくとも昨日までは、右利きだったはずだけど? ポートマン邸でご飯食べた時、右手でフォークをつかんでたし。
     そんなあなたがサルーンに寄って以降は、左手にフォークを持って、左手でかばんを提げて。
     まるで列車に乗った途端、人が変わったみたいじゃない。『入れ替わりました』って言ってるようなもんよ」
    「……」
    「極めつけは、ここの廊下。
     昨夜、ポートマン邸の地下にいた時は普通に歩いてたのに、ここじゃずっと、壁に右手を付いてたわね。裸眼じゃ右に何があるか分からないくらい、目が悪いみたいね」
    「……マジでか?」
     ジェンソン刑事も拳銃を取り出し、グレッグに向ける。
    「……」
     ワットウッド翁は目を剥き、箱を抱きしめるように構える。
    「逃がしゃしないぞ、言っとくけどな」
     アデルはいつの間にか、部屋の出入口に陣取っている。
    「……ふ、ふふ」
     と、グレッグが笑い出す。
     その声は今までの頼りないものではなく、フランス訛りをわざと付けたような、勿体ぶったものに変わっていた。
    「失礼、マドモアゼル。少々お待ちいただきたい」
    「その二重あごでもはがすつもり?」
     エミルは拳銃を構えたまま、相手のあごをぐい、とつかみ、引きちぎった。
    「いだっ……」
    「そう言うの、もう飽きてんのよ」
    「ああ、局長のお家芸だからな」
    「……つくづく人の見せ場を奪ってくれる方々だ」
     あごをさすりながら、グレッグだったもの――イクトミはそうつぶやく。
    「しかしどうか、せめて普通には、変装を解かせていただきたい」
    「どうぞ。さっさと脱ぎなさいよ」
    「……ええ」
    「ちょっと聞くけどな」
     と、アデルが尋ねる。
    「本者のポートマンJrはどうした? その服と言い、かばんと言い、彼が持っていたものに見えるんだが」
    「彼なら生きていますよ。ただ、人目に出られない格好ですので、今日、明日は貨物車の中で、ジャガイモやオクラなどと一緒に潜んでおられることでしょう」
    「殺してないんだな?」
    「不要な殺人は、しないに越したことはありませんからね」
    「ポートマンSrは殺したくせに、か?」
     この質問にも、イクトミはしれっと答える。
    「彼の場合、黄金銃のある部屋の鍵は、彼しか持っていなかったもので」
    「じゃあワットウッド氏も……、か?」
    「状況が同じなら、結果も然るべきでしょう」
    「……ふてぶてしい奴め」
     ジェンソン刑事はイクトミをにらみながら、手錠を懐から出した。
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【DETECTIVE WESTERN 3 ~19世紀の黄金銃~ 10】へ
    • 【DETECTIVE WESTERN 3 ~19世紀の黄金銃~ 12】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【DETECTIVE WESTERN 3 ~19世紀の黄金銃~ 10】へ
    • 【DETECTIVE WESTERN 3 ~19世紀の黄金銃~ 12】へ