黄輪雑貨本店 新館


    DETECTIVE WESTERN

    DETECTIVE WESTERN 3 ~19世紀の黄金銃~ 16

     ←DETECTIVE WESTERN 3 ~19世紀の黄金銃~ 15 →業務連絡;6周年
    ウエスタン小説、第16話。
    エミルの過去。

    16.
    「凶悪犯、イクトミを捕り逃してしまったのは残念ではあるが、依頼自体は完遂できたと言える。黄金銃を無事に取り戻せたわけだからな。ポートマンJrも喜んでいるよ。間もなくこちらにやって来るそうだ。
     その他、確保した美術品――かどうかは詳しく調べないことにはまだ分からんが――についても、元の持ち主を探し次第、返却・返還していくつもりだ。我が探偵局の評判は大幅に上がるだろう。
     よくやった、二人とも」
    「ありがとうございます、局長」
     パディントン局長と会話を交わしながらも、アデルの目は泳いでいる。
     未だ落ち込んだ様子のエミルが気になって仕方ないためだ。
    「……コホン」
     見かねたらしく、パディントン局長が咳払いをする。
    「どうしたんだ、二人とも? 一体何があった?」
    「あ……、いえ、そのですね」「アデル」
     と、エミルが顔を上げる。
    「大丈夫、あたしから話すわ」
    「分かった」
     エミルはアデルとパディントン局長とを交互に見て、それから――いつもの彼女らしくない様子で――話し始めた。
    「イクトミは、過去にあたしが仕留めた、ある人物と関係があったようです」
    「ほう?」
    「その人物は非常に危険な男で、……ともかく、本人は死んでいるはずです。
     しかしイクトミの話し振りから察すると、まだ何かしら、影響力を持っているようです。もしかしたら、その男が持っていた組織はまだ、残っているのかも知れません」
    「ふむ」
    「いずれ、イクトミはまた、あたしと接触しようとするでしょう。そしてその時は必ず、何かの事件が起こります。
     ……あたしは探偵局を離れます。迷惑、かけられませんから」
    「何を寝ぼけているのかね?」
     エミルの話を聞いたパディントン局長は、それを鼻で笑った。
    「事件を解決するのが我が探偵局の仕事だ。我々に仕事をするなと言うのかね?」
    「いえ、そうじゃありません。あまりにも凶悪な……」「200オーバーだ」「……はい?」
     パディントン局長はエミルの両肩に手を置き、自信たっぷりにこう続けた。
    「我々がこれまでに捕まえた、懸賞金1000ドルを超える凶悪犯の数だ。1万ドル以上に及ぶような奴なら15、6人はいる。
     わたしを信じなさい、エミル・ミヌー。わたしは今世紀アメリカ最大の名探偵であり、それに次ぐ人材を山ほど率いている名指揮官でもある。君の言う組織など、わたしが、……いや、わたしたちが、完膚なきまでに蹴散らしてやればいいんだ。
     信じなさい。わたしたちは、きっとそれをやれると」
    「……」
    「ともかく、今は気を取り直すことだ。
     ポートマンJrが来たら、みんなでワットウッド氏のところに戻ろう。彼の秘蔵コレクションを見せて、……いや、飲ませてもらおう」
    「え?」
     思いもよらない言葉に、エミルも、アデルもきょとんとする。
    「まさか……」
    「お知り合い?」
    「勿論だ。私はこの国の、大抵の名士とは友人なんだぞ? ワットウッド氏もその例に漏れず、な。
     彼はすぐ金細工や高価な機械なんかを披露したがるが、それはその方が大抵の人間の目を惹くからなんだ。コレクターの例に漏れず、目立ちたがりなんだよ、彼は。
     だが『いいお酒があるか』と聞いたら、彼はそっちの方が百倍喜ぶ。それに見目麗しいお嬢さんのためなら、気前よくワインの1本や2本、開けてくれるだろうさ」
    「……はは」「……ふふっ」
     パディントン局長の明るい振る舞いに、二人の間にようやく笑顔が戻った。

    DETECTIVE WESTERN 3 ~19世紀の黄金銃~ THE END

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    「DW」も3作目が完成し、ようやくシリーズものらしくなってきました。
    今後も「双月千年世界」と並行して連載していく予定ですので、こちらも応援、よろしくお願いします。

    今回も矢端想さんにイラストをいただきました。
    「古臭い」「『なつかしい』テイスト」などと批判されることもあるようですが、自分はこの絵柄、大好きです。
    西部劇の話を書くなら矢端さんのイラストが無いと、その魅力が半減するとさえ思っています。
    虫のいい話かも知れませんが、今後もDWを掲載する際には、是非、矢端さんにイラストをお願いしたいです。



    ボチボチ「白猫夢」第9部も連載開始しようと思っています。
    まだ現状、40%くらいしか出来上がっていないので、10月末~11月はじめには連載する予定です。
    第6部にちょこっとだけ出ていたあの子が、久しぶりに登場する予定。
    そちらもお楽しみに。
    関連記事


    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【DETECTIVE WESTERN 3 ~19世紀の黄金銃~ 15】へ
    • 【業務連絡;6周年】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    こちらこそ、次回もよろしくお願いします。
    ただ、双月世界と並行して書いてるので、いつ完成するやら、と言うところですが……。

    NoTitle 

    ショッカーとは違いますが、悪の組織みたいなのは匂わせてみたつもりです。

    今のところ、双月世界とリンクさせる予定はありません。
    あれはあれ、で。

    NoTitle 

    ありがとうございます。そこまで言っていただければ本望(?)です。
    まだまだ描きまっせ!

     

    ショッカーでも出てくるのかとも思いましたが……。

    まさか双月世界とリンク?o(^-^)o
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【DETECTIVE WESTERN 3 ~19世紀の黄金銃~ 15】へ
    • 【業務連絡;6周年】へ