黄輪雑貨本店 新館


    「白猫夢」
    白猫夢 第9部

    白猫夢・宰遺抄 1

     ←白猫夢・麒麟抄 9 →白猫夢・宰遺抄 2
    麒麟を巡る話、第432話。
    "The sir" last bow。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    1.
    「……ん……」
     ふと気が付くと、葛・ハーミットはどこかのベンチに座っていた。
    「……えっと?」
     辺りを見回してみると、見覚えがある。
    「駅、……かなー」
     確かにそこは、自分が良く使っている駅のホームだった。
     その駅の名前は、エルミット駅。己の祖父であり、この国の発展に尽力してきた偉大な宰相、ネロ・ハーミットの名を冠する、プラティノアールの中心であり、ランドマークともなっている駅である。
    「お嬢さん」
     と、声をかけてくる者がいる。振り向くと、黒いスーツに黒いコート、そして黒い帽子と言う、黒ずくめの格好をした兎獣人と目が合う。
    「そろそろ、列車が出る時間ですよ。急がないと」
    「あ、はーい」
     誘われるまま、葛は兎獣人に付いていく。

     付いていくうちに、あちこちから人が現れる。その誰もが、黒い服に黒い帽子と言う、彼女の前を歩く兎獣人と同じ出で立ちである。
     そのため、葛は案内してくれていた兎獣人と、いつの間にかはぐれてしまった。
    「ええと……」
     それでも人の流れに押されるように、葛は駅のホームを歩いて行く。
     やがて黒塗りの蒸気機関車が停車しているのが、彼女の視界に入る。そしてその前に、長い裸耳の老人が一人、立っていることに気付く。
     それは彼女の祖父、ネロその人だった。
    「あ、じーちゃん!」
     葛は手を振りながら、彼の側に駆け寄った。
    「やあ、カズラ」
     ネロも手を振り返し、葛に笑いかけた。
    「なんかあるの? 一杯、人がいるけどー」
     葛は周囲を見回し、祖父を中心として大勢の人だかりができていることを尋ねる。
    「ああ」
     ネロは依然、優しく笑いかけながら、こう答えた。
    「出かけてくる。皆は僕の見送りに来てくれたんだ」
    「そっかー。やっぱすごいねー、じーちゃん。こんなに人が集まってくれるなんて」
     葛はチラ、と列車を見て、続けて尋ねる。
    「ドコ行くのー?」
    「ちょっと、遠いところにね」
    「ふーん……?」
    「カズラ」
     と、ネロは一転、真面目な顔になる。
    「君は本当に、良く頑張ったよ」
    「え?」
    「アオイがいなくなってしまってから、アオイにかけられていた期待は全部、君の方へ流れこんでしまった。君にとっては相当の重荷だっただろうね。そのまま押し潰されてもおかしくないくらいの、傍から見れば狂気じみた重荷だった。
     でも、君はそれに対して十分に、いや、十分以上に応えて見せてくれた。剣術の国内大会でも優勝し、大学にも入った。君の書いた政治学のレポートは、僕も認める出来栄えだったよ。
     もう何年かすれば、きっと君は僕の跡を継げる実力を身に付けるだろう。……本当に、素晴らしい。僕の誇りだよ、君は。
     ……心残りがあるとすれば、アオイのことだけだ。それ以外は、一切悔いは無い。……いいや、君がいてくれただけで十分だな。君がいてくれさえすれば、僕は気がかりなく旅立てるよ。
     君なら任せられる。この後に起こるだろう、色んなことを、……ね」
     ネロは足元に置いていたかばんを手に取り、フロックコートの襟元を正した。
    「ありがとう、カズラ。
     ジーナと、それからベル、そしてシュウヤくんにも、よろしく伝えてくれ」
    「……じーちゃん?」
     言い様のない不安が、葛を襲う。
    「ねえ? ドコに、行くの?」
    「……遠い、ところさ」
     ネロは葛に背を向け、列車へと歩き出した。
    「待ってよ、じーちゃん」
    「……」
     葛はネロの後を追おうとしたが、足が動かない。地面に張り付いてしまったかのように、ぴくりとも動かせないのだ。
    「じーちゃん……、じーちゃん!」
    「……」
     やがてネロは、列車の入口に着く。
     そこでくる、と振り返り、取り巻く人々に向かって深々と頭を下げた。
    「プラティノアール王国民の皆様。私の門出のためにお集まりいただき、誠にありがとうございます。
     この半世紀と言う長き間に渡り、不肖の私めをご重用いただけましたこと、心から感謝を申し上げます。
     それでは、いって参ります。ごきげんよう、皆様」
     そこで言葉を切り、ネロは後ろ手に列車の手すりをつかみながら、葛に再度、顔を向けた。
    「……さよなら、カズラ」
    「じー……」
     列車が動き出す。
     ネロはそのまま、列車の奥へと消えていった。
    「じーちゃああああん!」



     そこで、葛の目が覚めた。
    「……じーちゃん……」
     とてつもない不安に襲われ、葛は寝間着姿のまま居間に飛び入り、電話を手に取る。
     と、その電話が鳴った。
    「! ……はい」
     そのまま、葛は電話に出た。
    《カズラか?》
     祖母、ジーナの声だ。
    「なにか……あったの?」
    《……あ、ああ》
     祖母の声には、涙が混じっていた。
    《ネロが、……ネロが》
     その涙声で、葛は何が起こったのかを察した。
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【白猫夢・麒麟抄 9】へ
    • 【白猫夢・宰遺抄 2】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    もしも白猫の仕業であれば、目立ちたがり屋の彼女は確実に出張ってきます。駅員役とかで。
    (蒼天剣・交差録 7とか)
    一応注釈しておくと、この夢は白猫とは無関係。もっと別の何かです。

    NoTitle 

    額面通りに受け取れん……(^_^;)

    なにせ夢を見せるのは敵の得意技だし(^_^;)
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【白猫夢・麒麟抄 9】へ
    • 【白猫夢・宰遺抄 2】へ