黄輪雑貨本店 新館


    「白猫夢」
    白猫夢 第9部

    白猫夢・宰遺抄 2

     ←白猫夢・宰遺抄 1 →白猫夢・宰遺抄 3
    麒麟を巡る話、第433話。
    おくやみ。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2.
     プラティノアール王国宰相、ネロ・ハーミット卿の逝去と言う悲報は、その日のうちに国内のみならず、西方全土にまで伝わった。
    《卿のご自宅にかけてみたが、まったくつながらん! 交換手から『電話回線がパンクした』と伝えられる始末だ!》
    「落ち着いて下さい、閣下」
    《これが落ち着いてなどいられるものか! 本当にお亡くなりになったのか!? いつのことだ!? 死因は一体!?》
     わめき立てる電話相手に、王室政府外務省の電話担当官が、丁寧に説明する。
    「極めて残念ですが、事実です。本日の未明、自宅において、急性心不全により亡くなられました」
    《……う、うぐっ》
     電話の向こうで、泣き出す声が聞こえてくる。
    《ああ、何と言うことだ!
     うぐっ、……吾輩にとって、ひっく、……吾輩にとってあの方は、命の恩人であり、長年に渡る諸事の鑑であった。まったく、……ひっく、此度のことは国家的、いや、世界的損失に違いなかろう。
     ぐすっ、ぐすっ……、し、失礼した。ま、また、……うぐ、また日を改め、弔問させていただく。葬儀の日程は決まっておるか?》
    「いえ、本日のことですので。近日中に当局広報より公表される予定です」
    《う、うう……、相分かった。……遅れたが、お悔やみ申し上げる》
    「痛み入ります、マーニュ将軍閣下」
     電話が切れたところで、ふたたび次の電話が鳴り響く。
    「……本当に、大人気だこと」
     電話担当官は軽く咳払いし、電話に出た。

     ハーミット邸にも大勢の客が押し寄せ、庭はおろか、通りにまで人があふれている。
    「出遅れた、……って感じね」
    「だな」
     いずれも黒いスーツ姿の、いかにも元軍人らしき集団が、人だかりの前で立ち往生していた。
    「これじゃ、話を聞いたりとかはできそうにないな」
    「ええ。恐らく明日か明後日、改めて葬儀が行われるでしょうし、今日は引き返した方がいいわね」
    「しゃーねーな」
     一同は揃って諦めの表情を浮かべ、踵を返しかける。
    「みんな、久しぶりね。コレだけ集まると、まるで同窓会って感じ」
     と、彼らに声をかける者が現れた。
    「チェスター将軍!」
     揃って敬礼した一同に対し、相手――リスト・チェスターも、敬礼して返す。
    「元将軍よ、退役したし」
     彼女がやって来た方角から見るに、どうやら一足先にハーミット邸を訪れていたらしい。
    「中に入れたんですか?」
    「ええ。現役じゃないけど、去年まで軍の最高司令だったもの。優先して入れてくれたわ」
    「様子はどうでしたか?」
    「誰の?」
     薄く笑ったリストに、茶色い兎耳がこう返す。
    「ベルちゃん、……じゃなくて、ご遺族です」
    「ベルは泣きっぱなし。未亡人もね。シュウヤは泣いてはなかったけど、上の空って感じだったわ。
     いつも通りだったのはカズラちゃんくらいよ。そりゃ、多少はショック受けてた様子はあったけど、すごくしっかりした感じで弔問客を相手してたわ」
    「そうですか……」
    「葬儀の日程も聞いたわ。……ソレなんだけどね」
    「何かあったんですか?」
     リストは被っていた帽子を脱ぎ、半ば呆れたような、そしてもう半分は納得したような顔を、一同に見せた。
    「邸内に、閣僚と軍司令部首脳が雁首揃えててね。その場で話し合って、国葬がほぼ決まったわ」
    「国葬!? ……ああ、いや」
     一同はどよめきかけたが、一様に納得した表情を浮かべた。
    「卿の偉業を考えれば、当然でしょうね」
    「アタシも同感。幹部陣も満場一致だったわ。話し合う前からみんな心に決めてた、って感じだったわね。
     まず明日、身内とごく親しい者で葬儀が行われるわ。国葬は政府首脳で協議した上で、改めて告知されるそうよ」
    「親しい者で、……ですか」
    「ま、そんなコト言ったって意味ないでしょうけどね」
     リストは肩をすくめ、こう続けた。
    「この国に住む人間で、卿を慕ってない人間なんて、ほとんどいるはずが無いもの。
     明日もきっと、今日みたいに人が押し寄せるわ」
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【白猫夢・宰遺抄 1】へ
    • 【白猫夢・宰遺抄 3】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【白猫夢・宰遺抄 1】へ
    • 【白猫夢・宰遺抄 3】へ