黄輪雑貨本店 新館


    「白猫夢」
    白猫夢 第9部

    白猫夢・暗雲抄 1

     ←キャラ紹介;フィオ、シャラン →白猫夢・暗雲抄 2
    麒麟を巡る話、第437話。
    笑顔の葛。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    1.
    「思ったより、平気に見えるわね」
    「いえ、そんなには。結構、辛いですよー」
     来客であるアルピナに茶を差し出しながら、葛ははにかむ。
     状況に不釣合いなその仕草をアルピナは空元気と感じ、こう返した。
    「辛かったら、泣いてもいいのよ? 誰にも言わないから」
    「大丈夫ですよー」
     が、葛ははっきりとした声で答えた。
    「泣いてたってきっと、じーちゃんは喜ばないと思いますから」
    「……そう」

     葛を心配したアルピナは、ハーミット邸を後にしてすぐ、秋也たちの家を訪ねていた。
     だが、当の本人は――昨日もそうであったと聞いていたが――気丈に振る舞い、終始、アルピナに笑顔を見せていた。

     しかしアルピナには、それが却って痛々しいものに感じられた。
    「大変ね、これから」
    「ええ。リヴィエルさんから、『きっと後日、国葬が行われるだろう』って聞きました。その準備、しなきゃいけませんしねー」
    「いえ、そうじゃなくて」
     アルピナは首を振り、葛に尋ねる。
    「あなたの今後が、よ。卿が亡くなったことで、きっと今後、あなたにより一層の重圧が押し寄せてくるわ。
     これまでもあなたには、『天才アオイの妹』って期待が寄せられていたけど、これからは『偉人ハーミット卿の孫』って期待まで上乗せされるのよ? わたしだったら、きっと耐えられないわ」
    「大丈夫ですよー」
     依然として、葛はにこにこと笑っている。
    「あたしは『妹』としての期待にこれまで十分に応えてみせたと、強く確信してます。ソレができたんだから、『孫』としての期待にも、絶対に応えられますよー。
     見てて下さいよー、アルピナさん」
     葛の回答に、アルピナはため息をつく。
    「……本当、あたしにはできない生き方ね」
    「そんなコト無いと思いますよー。アルピナさん、あたしなんかよりずっと、すごい人じゃないですか。まだ誰も、スプリントシリーズ五冠なんて達成してないんでしょ?」
    「まあ、ねぇ。でもちょっと違うかしらね、それとは」
    「偉業って考えたら、一緒ですよー。そう簡単には、誰にもできないってトコでは一緒ですよー」
     笑顔をまったく崩さない葛に、アルピナは不安を感じた。
    「ねえ、カズラちゃん?」
    「はいー?」
    「あなたは笑ってばかりいて、人に弱みを見せないけれど、……本当に大丈夫? どこかで吐き出さないと、本当にどこか、おかしくなっちゃうわよ」
    「大丈夫ですよー」
     依然笑ったまま、葛はやはり、はっきりと答えた。
    「そりゃ、辛くは思ってます。苦しいなーって、いつも思ってます。
     でも、どんな辛く、苦しいコトも、あたしは乗り越えてきました。コレからも乗り越えます。コレまでずっとそうしてきましたし、コレからもその生き方を、絶対、続けて見せます。
     あたしは誰にも、どんなコトにも、負けたりなんかしませんよー」
    「……そう」
     それ以上尋ねることができず、アルピナは話を切り上げた。
    「もし本当に、自分の力だけではどうにもできないって思った時は、……わたしたちを、頼ってね?」
    「はいー。その時は、是非」
     やはりこの時も、葛はにっこりと笑った。
     その笑顔に――アルピナは再度、強い不安を覚えた。
    (『おかしくなっちゃう』って、言葉の綾のつもりだったけど……。
     この子はもう既に、どこか、おかしくなっちゃってるんじゃないかしら。常に笑顔を崩さないこの子は、もう、普通じゃないのかも……)「じーちゃんから色々、沢山教わったんですけど」
     と――アルピナの内心を察したのか――葛は一転、真顔で話し始めた。
    「一番覚えてる言葉は3つですねー。『笑え』『気にするな』『楽しくやれ』って」
    「え?」
    「じーちゃん、若い頃はすごく苦労したらしいんです。無実の罪で、牢屋に入れられたコトもあるって。
     でも、そーゆー目に遭って、ただ『あー苦しい。こんな目に遭うなんて、自分はなんて不幸なんだ。もう希望なんか無いや』ってしょげてるばっかりじゃ何にも起きないし、いつまでもそんな嫌な思い出を引きずってうつむいたままじゃ、道端に咲く綺麗な花一輪、美味しいパンの匂い、雲ひとつない爽やかな青空にさえ気付かない。
    『そんな悲しくて寂しい、得るものの少ない人生は絶対に送りたくない。嫌なことはさっさと心の中で整理を付けて、後は笑って呑気に過ごしてる方が断然、愉快で楽しいもんだよ』……って教わったんです」
    「卿から?」
    「はい。……あたしの記憶の中では、じーちゃんはいっつも笑ってるんです。その3つの言葉を、じーちゃんはずっと実践してたんですよ。
     あたしにとっては、ソレは総理大臣やってたコトよりも、王国興隆の父として皆に慕われたコトよりも、ずっと尊敬に値するコトです。この世に大臣さんは一杯いますけど、死ぬ間際まで笑顔を絶やさなかった人なんて、ソレよりずっと少ないはずですから」
     この言葉を聞いたアルピナも、ハーミット卿の顔を思い浮かべた。
    「……そうね。確かに、そう。新聞に載ってる顔も、あなたのお母さんの実家でお会いした時も、いつもニコニコと微笑んでいたわね」
    「あたしもじーちゃんみたいになりたいな、って。……だから、にっこり笑うんです。泣いてるよりよっぽど、じーちゃんは喜んでくれる気がしますし」
     そう言って――葛は満面の笑みを見せた。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    当ブログの記事総数、ブログ開設から6年1ヶ月にして2,000件目到達。
    「双月千年世界」シリーズは大長編のため、いずれ到達するだろうとは予想していたことではありますが、
    実際に達成すると感慨深いものがあります。

    このペースで行くと、恐らく3,000件目は3年半後くらい。
    恐らくその頃には「白猫夢」も終わり、次のシリーズに突入しているはず。
    しかしそもそも、自分が生きてるかどうかが心配。
    煙草は吸いませんし、お酒も月1~2回程度しか飲みませんが、
    人に誇れるほど健康体ではないですし、普段から運動不足。生活習慣は粗悪の一言に尽きます。
    その上これまで殺されかけたことが数回。(顔面に向かってボウリング玉投げつけられたりとか、酒瓶喉に突っ込まれたりとか)
    ……よく生きてるなぁ、本当に。

    もしもしっかり生き残ってて、3,000件目を無事に掲載できたら、
    その時にはまた何かやろうかなと思います。



    あと、過去に宣言したことはきっちり守るつもりです。
    ピンと来た方は、その記事を探してみて下さいな。
    関連記事


    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【キャラ紹介;フィオ、シャラン】へ
    • 【白猫夢・暗雲抄 2】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    難しい注文ですが……、やってみます。
    年内には間に合わないかも知れませんが。

     

    じゃあ双月世界の娘のうちきれいどころを数人、誰かうちの世界に見聞を広めに短期滞在させてください。 

    場所と人選は任せます。書いていただけるのであれば……。

    NoTitle 

    お祝いのコメント、ありがとうございます。
    長く続けているなと、我ながら感心しています。

    ちなみに……、1,000件目の記事において、
    「何かお礼をば差し上げたいと思います」
    と書いていたのですが、リクエストがあれば何でも受け付けますよ。
    自分にできることであれば。

    NoTitle 

    2000記事おめでとうございます!

    継続は力です!

    ……いまや一日に俳句ひとつ、だけで継続した気になっているわたしがいうのもなんですが(^^;)
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【キャラ紹介;フィオ、シャラン】へ
    • 【白猫夢・暗雲抄 2】へ