黄輪雑貨本店 新館


    「白猫夢」
    白猫夢 第9部

    白猫夢・暗雲抄 3

     ←白猫夢・暗雲抄 2 →白猫夢・暗雲抄 4
    麒麟を巡る話、第439話。
    エトワール評。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    3.
     ハーミット卿の国葬が済み、王国は落ち着きを取り戻しかけていた。
     しかし間もなく、巷は次の大きな話題――総理大臣選挙のうわさで持ちきりとなり、再び騒然とし始めた。

    「新聞では、リヴィエルさんが優勢って聞いてますよー」
    「そうらしいね」
     葛が大学のレポート作成のためにハーミット邸を訪れたところ、偶然、最有力候補と目されているリヴィエル卿に出会った。彼も今後の政治討論などに備えて、この屋敷の書斎を利用しようとしていたとのことだった。
    「あたしもリヴィエルさんが一番だと思いますよー。じーちゃんとよく話されているの、見たコトありますし。じーちゃんの後を継ぐなら、リヴィエルさんが適任だと思います」
    「ありがとう、カズラ君。君にそう言ってもらえれば、不安が吹き飛ぶよ」
     前総理である祖父との関係で、葛とリヴィエル卿には少なからず面識があり、相応に親しくしている。この時も互いの課題と資料作成を互いに手伝いながら、楽しく談笑していた。
    「しかし、卿の遺してくれたこの書斎には、本当に助けられる。
     卿自らの著書に加え、古今東西の名著が揃っているから、半端な図書館よりもずっと頼りになるよ」
    「ホントですよねー。もしこの書斎が無かったら、あたしが大学生になれたかも怪しいですよ」
    「このまま私と君だけの図書館にしておくには、惜しいものだ」
    「そうですねー」
     と、リヴィエル卿が筆を置く。
    「……そう。そこが少し、気になるところでもあるのだ」
    「え?」
    「君は、アテナ・エトワールと言う女性を知っているか?」
    「えっと……、確か今回の選挙に出てる人、ですよね?」
    「確かにその通りなのだが、かつては卿の秘書を務めていたこともあるのだ。即ち、卿がこれほどの蔵書を有していることも知っているはずだし、であれば私同様、彼女も選挙戦に備え、ここを訪れてもおかしくないと思っていたのだが……」
    「言われてみれば、あたしも何度もココに来てますけど、ソレっぽい人を見た覚え、全然無いですねー……?」
    「ここ以上に資料がある場所を抑えているのか、それとも単に近寄りづらいのか……。
     カズラ君、今から私が言うことは、誰にも話さないでほしいのだが――私はエトワール氏に、少なからず不信感を抱いているのだ」
    「どうしてですか?」
    「彼女は氷のような女だ。秘書であった頃も一切感情を示さず、我々に対し淡々と応対していた。その態度はまるで、彼女の中に心が存在しないかのようにさえ思えた。
     素晴らしく理知的であることは確かだし、その点では次期総理の資格はある。だがその人柄に関しては、卿とは比べるべくも無い。
     そんな彼女が万が一、この国の総理となったら、30年前に隣国で起こった悪夢が再現されるのではないか? ……そう思わずにはいられないのだ。
     かつて隣国において、心ない、悪魔のような男が国の実権を握った結果、隣国は一時、地獄の様相を呈することとなったと聞いているからね」
    「……」
     アテナの評判を聞き、葛もまた、寒々しいものを感じていた。
    「そう、ですねー……。国葬の時も密葬の時も、エトワールさんが来た覚え、無いですもん」
    「そうなのか? ……確かに弔問を強制するような義務はないが、それでも国家的大恩のある卿の葬儀に参加しないとは。
     やはり彼女には、人間らしい情が感じられないな」



     この半月後――新聞は矛盾する、2つの事実を報道した。
     一つは、アテナ・エトワールが国民投票の結果、新総理となったこと。そしてもう一つは、そのエトワール卿が国民の大多数の支持を得ていないことだった。
    (リヴィエルさんが、……負けちゃったの?)
     葛もこの事実を新聞によって知り、不安にかられていた。
    (まさか、とは思うけど。でも……、ホントに、リヴィエルさんの言ったコトが本当になりそうな気がする)

     姉と違って予知能力を持たない葛だったが――この予感は、残念ながら的中した。
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【白猫夢・暗雲抄 2】へ
    • 【白猫夢・暗雲抄 4】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【白猫夢・暗雲抄 2】へ
    • 【白猫夢・暗雲抄 4】へ