黄輪雑貨本店 新館


    「白猫夢」
    白猫夢 第9部

    白猫夢・飛葛抄 8

     ←白猫夢・飛葛抄 7 →2014年12月携帯待受
    麒麟を巡る話、第448話。
    アテナを操っていた男。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    8.
     ネロが50年もの長きにわたって安寧に統治し、安定して成長させてきた王国をたったの2年で潰したことにより、アテナは当然、国王をはじめとする政府首脳らに糾弾されることとなった。
     ところが――いざ問責されるかと言うところで、アテナは突如、首都シルバーレイクから姿を眩ませてしまった。

    「何故あなたは、こうなると教えてくれなかったのです?」
     シルバーレイク郊外に逃げたアテナは、同行した長耳の男性をなじっていた。
    「何を言うかと思えば」
     しかし、長耳は馬鹿にしたような薄ら笑いを浮かべるばかりである。
    「君がやったことだ。他でもない君が、自信満々に『この国をより一層反映させる手段だ』と言って、あれらの政策を強行したんじゃないか」
    「……っ」
    「私は預言者でも無ければ、経済アナリストでも無い。私に言えることなど、元から無いのだよ。
     そもそも君は元々、他人の意見に一切耳を傾けない性格だろう? 私が何を言ったとしても、なんやかやと反論して追い払われるのが関の山だったろう」
    「それは……」
     返答に窮し、アテナは顔を伏せる。
    「まあ、しかしだ。助けてやれないことも無い」
     男の言葉に、アテナは一転して顔を上げる。
    「本当ですか?」
    「本当だとも。私の古いツテを頼れば、どんな不況もすぐ好景気に変わる」
    「お願いします。そのツテを、私に紹介して下さい」
    「それは構わんが、勿論タダとは言わん。分かるな、アテナ?」
    「……何が望みです?」
    「分かるはずだ。聡明な君だ、予想は付くだろう?」
    「私自身を、でしょうか」
    「そう。そしてもう一つ、私が、いや、ある団体が欲しがっているものがあるんだ」
     男のギラギラとした、欲深い瞳に射抜かれ、アテナはぐったりとした声を出した。
    「……この国の政治権力を、と言うわけですか」
    「そう。ご明察だ」
    「……あなたは……」
     アテナの表情が歪む。
    「あなたは、そのために私を籠絡し、この国を傾けた、と?」
    「君がもし健闘できていれば、それはそれで私の利益になったのだがね。あいつらを介入させずにも済んだだろう。
     しかしまあ、こうなることはいずれ分かっていた。思い返してみれば、何もかも『預言』通りだったよ」
    「えっ……?」
    「『預言者』氏が4年ほど前に、私に預言したのさ。『あなたがこの国に潜り込んでアテナさんを操れば、あたしたちはこの国を手に入れられる』とね」
    「よげ……ん……しゃ?」
     顔を真っ青にしたアテナに、長耳はニヤリと笑って、その名を告げた。
    「君もよく知っている女性だよ。アオイ・ハーミット嬢だ」
    「……あ……お……い……」
     その名を聞いた瞬間――アテナ・エトワール女史は壊れた。
    「……あ……あ……あお……アオイ……が……わた……わたくし……わたくしを……」
    「おや、どうした?」
    「わたくしを……にど……も……こけに……っ」
    「……くくくく……」
    「こけ……こけっ……こけっ、こっこ……」
    「くく……ははっ、あはははは……」
     目をうつろにし、へたり込んだアテナを見下ろし、長耳はげらげらと笑い出した。



     1時間後――長耳は電話線に機械を取り付け、ダイヤルを回した。すると機械からガリガリと音が鳴り、やがて人の声が聞こえてくる。
    《ドミニオン城通信局です》
     長耳は機械に備え付けられていた受話器を取り、応答した。
    「白猫党党首、シエナ・チューリン閣下を呼んでくれ。ヴィッカーと言えば分かる」
    《かしこまりました。少々お待ちください》
     少し間を置いて、相手が出た。
    《ヴィッカー博士? チューリンよ》
    「お久しぶりです、閣下。4年前に『預言者』氏から命じられていた作戦が、『第二段階』に移行しました」
    《そう。じゃ、すぐに準備するわ。エトワール氏は?》
    「残念ながら……」
    《『預言』通りってワケね。じゃ、先にあの子を送っとくわ。
     それじゃ、また》
    「ええ。また一週間後、この時間に連絡します。お忘れなきよう」
     電話を切り、長耳の男――4年前の568年、白猫党を追われたはずのデリック・ヴィッカー博士は、唐突に笑い出した。
    「ふふっ、ふっ、く、くくく、はははは……! すべてが思い通りだ!
     この国はもう既に――我らが白猫党のものだッ!」

    白猫夢・飛葛抄 終
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【白猫夢・飛葛抄 7】へ
    • 【2014年12月携帯待受】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【白猫夢・飛葛抄 7】へ
    • 【2014年12月携帯待受】へ