黄輪雑貨本店 新館


    「白猫夢」
    白猫夢 第9部

    白猫夢・晩秋抄 2

     ←白猫夢・晩秋抄 1 →白猫夢・晩秋抄 3
    麒麟を巡る話、第455話。
    順調な生活。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2.
    「そろそろさ」
     ある日の夕食後、秋也が嬉しそうに話し始めた。
    「予定額が貯まりそうなんだよ、道場開こうって言ってたヤツの」
    「おめでとー、パパ」
     葛はにっこりと笑い、秋也を労う。
    「へへ……、ありがとな。
     明日は休みだから、不動産屋行ってくるよ」
    「あたしも行こっか?」
     そう尋ねたベルに、秋也は「あ、いや」と返す。
    「行ってすぐ買うってワケじゃないし、話して物件のメモもらうだけのつもりだから。二人で行くほどじゃねーよ」
    「そっか。……たまにはデートしようかなー、なんて思ってたのに」
     いたずらっぽく笑う妻に、秋也は表情をにへら、と崩す。
    「まあ、そうだな。たまにはいいな。
     つっても、ほら、ただメモもらうだけのために不動産屋に付き合わせるのも悪いし、だからさ、その後で合流して、……ってのはどうかな?」
    「……そんなにあたしと一緒に見るの、嫌なの?」
     口を尖らせたベルに、秋也は慌てて答える。
    「い、いや、そうじゃなくって、……あー、何て言ったらいいかなぁ、……いや、さ。
     ちょっとアレだよ、何て言うか、その、……さ、サプライズプレゼントとか用意して、驚かせようかなって、……あー、くっそ、言っちまった」
    「……ぷっ」
     夫の言葉に、ベルは口を押さえて笑い出した。
    「あははは……。あなたって、本当に隠し事できないね」
    「単純だからな」
    「うふふ、ふふ……。うん、分かった、いいよ。どんなステキなプレゼント贈ってくれるのか、楽しみに待ってる」
    「……おう」
     照れる秋也と、嬉しそうに微笑むベルを横目で眺めながら、葛とジーナは二人に聞かれないよう、こそこそと会話を交わしていた。
    「……歳考えなよー……見てるこっちが恥ずいわー……」
    「いやいや、まだ若い」
    「かなぁ」

     その晩。
    「ふあー……っ」
     葛は欠伸をしながら廊下を進み、自分の部屋へ戻ろうとしていた。
    (……あれ)
     と、灯りの消えた居間に誰かがいるのに気付く。
    「パパ?」
    「うぉっ……、お、おお? 葛か?」
     火術灯にほんのりと照らされた、父の驚いた顔が見える。
    「どしたの? 部屋の灯り、点けたらいいのに」
    「いや、もう寝ようかなって思ってたところだったし」
    「何してたの?」
    「ん……、いやな、コイツがなんか、気になった」
     そう言って秋也は、居間に飾られた刀を指差した。
    「気になった……?」
    「オレも何でだか、分かんねーけどな。……そう言やお前に、コレのコト話したっけ?」
    「ううん。おばーちゃんからもらったってコトくらい」
    「そっか。……元々はそのばーちゃん、つまりオレのお袋が尊敬してた、楢崎って大先輩が持ってた刀らしいんだ。
     で、その楢崎さんが亡くなって、お袋の手に渡ったのが519年、つまり50年以上前の話なんだ」
    「50年!? もう骨董品じゃない、その刀」
    「だよな。だけど……」
     秋也は刀を手に取り、鞘から抜く。
    「見ての通りだ。全然、キレイなんだよ。錆一つ浮いてねーし、ドコも刃こぼれしてねー。
     一応、オレも手入れはしてるけど、ソレでも未だにこうして使える状態だってのは、相当不思議なんだよな」
    「んー」
     葛はぴん、と人差し指を立てる。
    「神器ってヤツじゃない?」
    「神器、か。ココまで綺麗に残ってるんなら、確かにソレっぽい気がするな。けど、お袋はそんなコト、全然言ってなかったけどなー」
    「そのナラサキって人から譲り受けてたって言うなら、セイナばーちゃんも知らなかったんじゃない?」
    「かもな。……ま、今度渾沌が来たら、調べてもらうかな」
    「コントンさんかー。……最近、って言うか3年くらい、見てないよね?」
    「言われてみれば……」
     刀を元に戻しながら、秋也もいぶかしむ。
    「随分会ってないな。こっちに亡命したとは言え、アイツがソレを知ったら、こっちに来るはずだろうし」
    「なんかあったのかな?」
    「あったかも知れねーけど……、渾沌だからなぁ。例え街が一つ引っくり返るような事件があっても、ひょいっとかわして戻ってきそうなもんだけど」
    「だよねー」
     二人でクスクスと笑い合い、葛がぱたぱた、と手を振った。
    「じゃ、あたしそろそろ寝るね。おやすみー」
    「おう。おやすみ、葛」
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【白猫夢・晩秋抄 1】へ
    • 【白猫夢・晩秋抄 3】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    逆にこれだけフラグが乱立すれば、危機回避フラグが立つこともありますよ。……たまにですが。

    NoTitle 

    サブタイといい、会話といい、「死亡フラグ」が立ちまくっていて読むのがつらいんですけど……(^^;)
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【白猫夢・晩秋抄 1】へ
    • 【白猫夢・晩秋抄 3】へ