黄輪雑貨本店 新館


    「白猫夢」
    白猫夢 第9部

    白猫夢・晩秋抄 4

     ←白猫夢・晩秋抄 3 →白猫夢・晩秋抄 5
    麒麟を巡る話、第457話。
    秋也と葵、父娘対決。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    4.
     ひゅん、と音を立てて向かってきた刃をかわし、秋也は刀の峰で葵の脇腹を叩く。
    「……っ」
     わずかながら、葵が息を詰まらせるのが聞こえる。
    「なめんなよ」
     秋也は葵との距離を取り、淡々と声をかける。
    「お前は確かに、オレの道場じゃ一番だったし、アレから10年は経ってるから、さらに腕を上げただろうな。
     だがソレでもバカ娘の初太刀を見切って隙を突くくらい、ワケねーよ。オレは何十年も剣士やってんだ。年季が違うぜ」
    「……」
     葵は叩かれた右脇腹を軽くさすりながら、秋也をうっすらとにらむ。
    「本当に、パパは変わらないね」
    「あん?」
    「自分勝手。乱暴。人のこと、すぐバカって言う。自分が気に食わないもの、全部バカだって思ってるでしょ」
    「なワケねーだろ」
    「ううん、そう。あの方のこともパパは大嫌いだったし、だからバカにしてた」
    「実際、バカだからだよ。アイツは自分が世界のカミサマだと勘違いしてた。そんなもん、バカ以外の何でもねーだろ?」
    「了見が狭いよ。未来を見通せるってことは、そのまま、未来の知識を持ってるってことだよ。
     いくらでも未来のことが分かるなら、それは、無限の知識を持ってるってことだよ」
    「オレの考えは違うな。未来が分かるってコトは、その未来に縛られるってコトだ。
     もしかしたら自分の妄想かも知れねー『予知した未来』なんてモノを頭っから信じきって、他のコト、他の可能性を考えようともしない。
     オレに言わせりゃ、そっちの方が了見が狭いってもんだ」
    「未来が間違いなく本物だったら? それ以外を考えるのは無駄じゃないの?」
    「じゃあ逆に聞くぜ。その未来を選ぶのは誰だ? 選ばなきゃ、その未来はやって来ねーだろ?
     第一、お前がここに来なきゃ、オレが死ぬなんて予知は実現しないんじゃないのか?」
    「予知じゃない。これは、実際に今日、起こることだよ。
     ううん、あたしが起こす」
     葵は刀を構え直し、秋也との距離を詰める。
    「あたしの予知では、パパが死ぬのは4割。死なないまでも、剣士として生きられなくなるのは6割。それ以外の未来は、今のところ見えない」
    「ご大層なお言葉、ありがとよ。だけどオレは、予知なんてもんは白猫をブン殴った時から信じねーコトにしてるんだよ」
     秋也も刀を正眼に構え、にじり寄る。
    「予知なんて結局、今現在の自分の行動で、どうとでも覆せるんだよ。
     明日散歩に出た時に犬に噛まれるって分かってりゃ、誰も散歩なんかしねーだろ? じゃあ予知は外れるってコトだ。
     葵、お前も未来だの何だの言う前に、今この時、自分が何しようとしてんのか、ちゃんと把握しろよ」
     次の瞬間、秋也が一気に葵に迫る。
    「いつまで寝ぼけてやがるんだッ!」
    「もう起きてるよ」
     秋也の一撃を、葵はぎりぎりで受け止め、横にいなす。
    「っ……」
     秋也は体勢を崩してよろけ、葵の脇にそれる。
     わずかに下がった秋也の頭を、葵は刀の柄で殴りつけた。
    「うぐっ……」
     鋭い痛みを覚え、秋也の視界がかすむ。その一瞬の隙に、葵が刀を振り下ろす。
     しかし秋也は痛みをこらえ、自分から体勢を大きく崩し、ごろっと転がって避けた。
    「痛ってえなぁ、くそっ」
    「目、覚めた?」
    「意趣返しのつもりか? 元から覚めてるっつの」
     フラフラと立ち上がった秋也の額から、つつ……、と血が滴る。
    「ふー……。でも、まあ、そうだな、お前の言う通りだった。
     確かにちっと寝ボケてたな、オレ。平和過ぎて忘れてたぜ、こーゆー戦いを」
     秋也は大きく深呼吸し、刀を一旦、鞘に納める。
    「本気出してやるよ。大先生直伝の、居合い斬りだ」
    「……」
     葵はとん、と後方に跳んで距離を取り、刀を正眼に構える。
    「いいよ。やって」
    「言ったな」
     秋也の姿が、その場から消えた。

     そして次の瞬間――葵は刀を弾き飛ばされ、数メートルほど転がっていった。
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【白猫夢・晩秋抄 3】へ
    • 【白猫夢・晩秋抄 5】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    そもそも第1話以前から、麒麟の予知は直前の行動から導き出されている描写がありましたからね。
    その点においては決定論的と言えるかもしれません。

    後々の話で語りますが、麒麟はもしかしたら、
    自分の予知を葵ほどには信じていない、……かも。

     

    ……というやりとりを予知して自分でもその通りに発言し動くから、世界は結局その予知通りになる、と考える業の深い決定論者。(^_^;)

    というか、未来の確率が何割、と発言している時点で、それは予知じゃないだろ、現在の状況をもとにした高度な推測にすぎないだろ、無限の時間が与えられていれば、原理的には誰にでもできることだろ、白猫に騙されてるぞ葵ちゃん目を覚ませ、と考えてしまう業がとてもとても深い決定論者。(笑)
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【白猫夢・晩秋抄 3】へ
    • 【白猫夢・晩秋抄 5】へ