黄輪雑貨本店 新館


    「白猫夢」
    白猫夢 第9部

    白猫夢・晩秋抄 6

     ←白猫夢・晩秋抄 5 →クルマのドット絵 その62
    麒麟を巡る話、第459話。
    終わりと、始まり。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    6.
     立ち上がったとは言え、秋也の顔色は未だ、悪い。やや浅黒かった肌は、今は異様に青白く染まっている。
    「真っ青だね。立ってるのもやっと、……じゃないよね。
     多分体が、急速に回復してきてるから、かな。今、パパの体は体力と魔力を目一杯使ってる。エネルギー的なものがいっぺん、全部空になるくらいに。
     だから本当に仕留めるのは、今。もう一回立ち上がるチャンスを無くした、今しか無い」
    「ゴチャゴチャうるせえええッ!」
     一転、秋也の顔色に、急速に紅が差していく。葵の言う回復に加え、秋也の怒りが相乗されているのだろう。
    「いい加減にしやがれ、葵いいいいッ!」
     先程より数段早く、秋也が跳ぶ。
     その瞬間、ぼんやりとしていた葵がわずかに、表情を強張らせた。
    「……!」
     ガキン、と金属音を響かせ、秋也と葵の刀が交錯する。
     しかしどこにも、秋也の姿が無い。
    「……ちょっとやりすぎたかな」
     葵は後方に跳びつつ、周囲を警戒する。再度放たれた斬撃を受け、葵は呪文を唱えた。
    「『エアリアル』」
     葵は風をまとい、上空高く飛び上がる。
    「『星剣舞』。パパは完全に習得できたわけじゃないって言ってたけど、今、本当にギリギリだからかな。ほとんど無意識で『星剣舞』を発動させて、駆け回ってるっぽい。
     でも、本当に完全じゃないみたいだね。……見切った」
     葵は空中で刀を構え、ぐるんと縦回転しながら地上に降りた。
    「やっ」
    「……ッ!?」
     地表が裂け、血しぶきが飛ぶ。
     秋也は再び姿を表し、血塗れで転がっていった。

    「……ぐ……うっ……」
     秋也は左肩を抑え、荒い息を立てている。
    「完全には捉えられなかったけど、肩はやったみたいだね。それに、超回復から全力で動き回ってたから、体力は今度こそ空っぽ。もう一歩も動けないでしょ?」
    「……っ……ざけんなっ……」
     秋也の強がった言葉も弱々しい声のために、ほとんど聞こえない。
    「とどめ刺そうか? 放っておこうか?
     どっちにしても、パパはもう、完全に負ける。剣士としての人生は、ここで終わる。
     娘に、完膚なきまでに負けたあなたを、誰が剣士として尊敬するかな?」
    「……っ……の……」
    「何よりパパ自身の心が、もう折れてる。もうこれで、終わりだよ」
    「……」
     辛うじて上半身を起こしていた秋也はやがて、ばたりと倒れた。



     葵は刀を納め、くるりと振り返る。
    「カズラ。いるんでしょ」
    「……」
     木の陰から、葛が姿を表す。
    「見てた?」
    「……見てた」
    「あたしのこと、許せないって思ってる?」
    「思ってるよ」
    「だよね。でも、あたしと戦おうと思わないで。戦えば、あんたはパパと同じ目に、ううん、それ以上の痛い目に遭う。死ぬかも知れない。
     だから、そこから動かないで」
     葵の言葉に構わず、葛は木の陰から飛び出し、秋也の側に駆け寄る。
    「パパ、大丈夫?」
    「……」
     秋也は空を見つめ、何も答えない。
    「借りるね、刀」
    「……」
     葛は秋也の手から刀を取り、葵に向けて構える。
    「バカにしないでよ」
    「バカになんか、してない。本当にそうなる、って言ってるの」
    「ソレがバカにしてるって言ってるのよ!」
     葛は怒りに満ちた声で、葵に叫ぶ。
    「ドコからどう見ても、バカにしてるじゃない!
     パパを散々いたぶって、あんなひどいコト言って! その上あたしと戦えば死ぬ? お姉ちゃんが殺すんじゃない!」
    「そう。だから、させないで」
    「パパも言ってたでしょ!? お姉ちゃんがココからいなくなれば、そんなコトなんか絶対起こらないはずだった!
     ソレを実際にやったのは他でもない、お姉ちゃんじゃないの! こんなひどいコトをしたのは他の誰でもない――アンタだーッ!」
    「……っ」
     葵の顔が、ほんのわずかだが強張る。
    「カズラ……」「もう何も言うな! アンタは、あたしの手で仕留めてやるッ!」
     葛は刀を振り上げ、葵に向かって駆け出した。

     だが、次の瞬間――葛の目の前が、真っ白に染まった。
    「なに……っ!?」
    「ソコまでだ」
     光の中から、何者かが声をかけてくる。
    「葵。オレに勝てると思うのか?」
    「……」
    「いいや、その未来が見えるか? 見えねーだろう? じゃあ退いとけ」
     葵は答えない。いや、息づかいや衣ずれの音もしない――どうやら既に、逃げたらしい。
    「葛、……だっけ?」
     光が弱まっていく。
     現れたのは、黒髪に黒い肌、そして黒衣と黒い帽子をまとった、短耳の少女だった。
    「そうだけど、……誰?」
     きょとんとしつつ尋ねた葛に対し、黒衣の少女はパチ、とウインクして返した。
    「おっと、こりゃ失礼。
     申し遅れたな、オレはカズセ・タチバナって者だ。ちっと手を貸してもらいてーコトがある。勿論、ソレだけの見返りはさせてもらうが、な」
    「カズセ、ちゃん?」
     葛は面食らいつつも、その少女――一聖に応じた。

    白猫夢・晩秋抄 終
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【白猫夢・晩秋抄 5】へ
    • 【クルマのドット絵 その62】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【白猫夢・晩秋抄 5】へ
    • 【クルマのドット絵 その62】へ