黄輪雑貨本店 新館


    「白猫夢」
    白猫夢 第9部

    白猫夢・探葵抄 2

     ←白猫夢・探葵抄 1 →白猫夢・探葵抄 3
    麒麟を巡る話、第461話。
    半世紀ぶりの……。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2.
    「うーむ……」
     食卓を囲みながら、ジーナがうなっている。
    「どしたの、ばーちゃん?」
     尋ねた葛に対し、ジーナは首をかしげつつ、一聖に話しかける。
    「いや……。カズセと言うたか、お主の声はどこかで聞いた覚えがある、と思うてのう」
    「え? ……あ」
    「うん?」
    「いや、何でもねー、……何でもないです。人違いじゃないでしょうか?」
    「ふーむ……?」
     腑に落ち無さそうな顔をしつつ、鮭のスープを口に運ぶジーナを見て、葛は一聖に耳打ちする。
    (ドコで会ったの?)
    (50年くらい前にな。コイツの旦那さんと一緒に会ったコトがある)
    (うっそぉ)
    (いや、マジ。ミッドランドの天狐事変ってヤツ)
    「テンコ?」
     と、ジーナが顔を挙げる。その言葉に釣られ、秋也も目を向けてきた。
    「天狐って?」
    「へ? あ、いえ、……あー、と、わたしと葛さん、今、6世紀前半のミッドランドの政治経済について調べてまして」
    「ああ、天狐事変の話か? ソレならオレ、割と詳しいぜ? オレの知り合いが何人も関わってたし、オレのお袋やお義母さんも、その場にいたから」
    「おお、知っておるぞ。何でも聞いてくれ」
    「(知ってるっつーの。オレが張本人だっつーの)じゃあ、えーと……」
     一聖は当たり障りのない会話をしつつ、夕食の場をどうにか乗り切った。

    「ふへー……、疲れたぜ」
     夕食後、葛のベッドにぽふんと体を預けた一聖に呆れながら、葛が尋ねる。
    「じゃあなんで、『ごちそうになります』とか言ったのよー」
    「うまいメシがあるなら食べるだろ?」
    「図々しいねー、ホント」
    「うっせ。……んで、だ。
     葵が秋也を襲った理由の二つ目だが、恐らく葛、お前を引き寄せるためだ」
    「あたしを?」
     きょとんとする葛に、一聖が枕に顔を埋めたまま、ピンと人差し指を立てて答える。
    「お前も葵と同様、晴奈の姉さんとハーミット夫妻の血筋を引いている。どんな才能、潜在能力を秘めてるか、あるいは既に開花してるか、葵にとっちゃ不気味でならねーはずだ。何しろ葵自身が才能と異能の塊なんだから、な。
     だから秋也を呼び水にして、お前を引き寄せたんだ。実際、お前は秋也の異状を察して、あの場に来ただろ?」
    「うん、まあ、そうだけど」
    「オレが来なきゃ、葵はあの場でお前を殺したはずだ。秋也みたくわざわざ復活させて力を引き出させたりせずに、一撃で仕留めて、な」
     その言葉に、葛はぶるっと身震いする。
    「お姉ちゃんは、本当にあたしを殺すんだ、……よね」
    「葵は白猫の言いなりだ。『やれ』と言われたら、葵はやる。例えソレが、自分の家族を殺せって話でもだ」
     一聖はベッドから起き上がり、その上にあぐらをかく。
    「葵がオレのせいで仕留め損なったとして、ソレで白猫は諦めると思うか?」
    「……まさか?」
    「ああ。オレがいる限りは狙ってきたりしねーだろうが、少しでもオレと離れたら、即座に殺しにかかるだろう。
     だから今後、オレと一緒に行動しろ。って言うかココからはオレのお願いに関わってくる話だが、ちっと一緒に来てもらいてートコがあるんだ」
    「え?」
     一聖は懐から金色と紫色に光る金属質の板を取り出し、そこに何かの地図を映す。
    「今は別の国になっちまってるが、ココにはかつて、エカルラット王国ってのがあった。ソコのスカーレットヒルって街に、掘り出したい物がある。
     ソレが、オレがお前を頼ってきた理由でもある。そしてもしかしたら、葵が秋也を襲った三つ目の理由かも知れない」
    「掘り出したい物……? 何があるの?」
    「刀だ。オレが打った神器でな、まだソコに眠ってるはずだ。
     とは言え、オレに剣術の心得はあんまり無い。葵と剣術で戦おうとしても、確実に負ける。ま、魔術勝負ならまだ分はあるだろうが」
    「その刀で、あたしが戦えってコト?」
    「そうだ。……もう戦えるのが、お前しかいねーんだ」
    「どゆコト?」
     話の展開が見えず、葛はこめかみを手で押さえ始めた。
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【白猫夢・探葵抄 1】へ
    • 【白猫夢・探葵抄 3】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    もう一つの不確定要素が大変な目に遭ってます。詳しくは後々。

     

    もうこの世界の不確定要素は葛ちゃんしか残ってないんですか(^_^;)

    ラプラスの魔と戦うのってたいへんですね(^_^;)
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【白猫夢・探葵抄 1】へ
    • 【白猫夢・探葵抄 3】へ