黄輪雑貨本店 新館


    「白猫夢」
    白猫夢 第9部

    白猫夢・探葵抄 3

     ←白猫夢・探葵抄 2 →白猫夢・探葵抄 4
    麒麟を巡る話、第462話。
    マーク王子のスキャンダル。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    3.
     双月暦573年のはじめ、プラティノアールでは「エトワール病」が蔓延していた頃。
     ルナたち「チーム・フェニックス」の実働部隊――ルナ、パラ、フィオ、そして一聖の4人は、央中と央南の境、屏風山脈のとある場所にいた。
    「蒸し暑い……」
    「そう? ちょうどいいくらいだと思うけど」
    「気温28度前後、湿度65%前後。不快指数77.78を計測いたしました。大半の人間が不快と感じる数値です」
    「詳しく言わなくても不快だよ」
    「まーた始まったか、いつもの夫婦漫才が」
    「まだ結婚してないよっ」
     取り留めのない会話を交わしつつ、ルナが地図を確認する。
    「パラ、この辺りで間違いないわね?」
    「はい。わたくしと主様、カズセちゃんの三者で行った、三点交差法による空間振動測定調査の結果、この周辺に『テレポート』と思われる、空間の異常振動を数回感知しました。
     当該魔術の使用がアオイ・ハーミットによるものであれば、何らかの施設が密かに建設されていることは確実と思われます。確率は……」「確率はいいわ。この周辺の、どこにありそう?」
     問われたパラは、きょろきょろと辺りを見回す。
    「……計測中……」
     そしてやや右を向き、その方向を指し示した。
    「ここより2時方向、約2.72キロメートル先に、微力な魔力源を検知しました。200~300MPP、周囲一帯の平均値よりもわずかながら大きな数値です」
    「多分そこね。……一息ついてから行きましょ」
     ルナの提案により、一行はそこで小休止をとることにした。

     昼食に持ってきたサンドイッチを頬張りながら、フィオがこんなことを言い出した。
    「もぐ……、そう言やさ、ルナさん。マークとシャランのことなんだけど」
    「ん?」
    「事実上、まだ結婚してないわけだけどさ」
    「そうね。……あー」
     そこで、ルナがケラケラと笑い出す。
    「シャラン、3ヶ月なんだって?」
    「らしいよ。……だから今、すごく揉めてるらしい。
     特にトラス陛下から『王族ともあろう者が結婚前に子供を設けるとは、恥ずかしいと思わんのかっ』って、めっちゃくちゃ怒られてるらしい」
    「じゃあさっさと結婚しちゃえばいいじゃない。しちゃえばどうとでもごまかせるでしょ?」
    「プレタ陛下も同意見だってさ。でも肝心のマークが、うんって言わないんだよ」
    「なんでよ?」
     ルナはけげんな表情を浮かべかけ、そして「ああ」と納得した声を上げ、フィオとパラを指差す。
    「あんたらね、その原因」
    「みたいだね。『親友で同窓のフィオがパラとまだなのに、僕たちだけ先になんて』って言って聞かないんだよ。
     まったく、変なところで意固地なんだから」
    「違うわね」
     ルナは紅茶をくい、と飲みつつ、フィオの意見を否定する。
    「あの子のことだから何やかや理由付けて、先延ばしにしようとしてんのよ。ビビってんのよ、要するに」
    「……あり得る」
     うなずいたフィオに、パラがこうつぶやく。
    「であればわたくしたちも、急がねばなりませんね」
    「だなぁ。さっさと退路断って決断させなきゃ、シャランがかわいそうだ」
    「『かわいそう』っつーか」
     と、フルーツサンドを飲み込み終えて、一聖が口を開く。
    「その話って、マークが自分から迫ったワケじゃねーよな? どう考えてもシャランからアプローチした気がすんだけど」
     これを受けて、3人は同時にうなずく。
    「だろうね」
    「多分そーでしょ」
    「可能性は限りなく濃厚です」
    「だったら『かわいそう』ってのは……」「あーら、カズちゃん」「もごっ」
     核心を突こうとした一聖の口に、ルナは新たなサンドイッチを押し付ける。
    「そう言うことは、言わない方が楽しいじゃない」
    「……ひっでーヤツらだなぁ、お前ら」
     自分の口の型が付いたたまごサンドを手に取り、一聖は苦笑いを浮かべる。
     それに対し、ルナはしれっとこう言ってのけた。
    「ひどいのはマークよ。そうしとかないと、またマークがあーだこーだ言い訳して、結婚を先延ばしするに決まってるわ」
    「あー……、ソレもそっか。じゃ、言わね」
     一聖は、今度はいたずらっぽく笑いながら、たまごサンドを頬張った。
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【白猫夢・探葵抄 2】へ
    • 【白猫夢・探葵抄 4】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【白猫夢・探葵抄 2】へ
    • 【白猫夢・探葵抄 4】へ