黄輪雑貨本店 新館


    「白猫夢」
    白猫夢 第9部

    白猫夢・探葵抄 4

     ←白猫夢・探葵抄 3 →白猫夢・探葵抄 5
    麒麟を巡る話、第463話。
    秘密施設、発見。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    4.
     休憩を終えたルナたち一行は、パラが感知した「謎の魔力源」に向かって歩き始めた。
    「で、さ」
     と、フィオが口を開く。
    「もしもここにカツミがいたら、こないだ言ってたあの『契約』、果たしてくれるんだよな?」
    「ん?」
    「ほら、僕とパラを人間にって言う、あれ」
    「ちょっと違うぜ」
     一聖は人差し指をピン、と立て、こう訂正する。
    「親父を発見できて、そして『何らかの事情で動けない状況にあれば、それを助けてから』、……だ。
     勿論、ただソコでのんびり渾沌とメシ食ってて団欒(だんらん)してるだけで、すぐ連れて帰れそうな状況だったら、ソレで契約履行としていいけど、な」
    「ああ、勿論分かってるさ」
    「無論ココが外れ、つまり親父も渾沌もいねーってコトであれば、話は振り出しに戻る。
     お前さんらの応援はしてやりてーが、克一門の契約に『先物』は無い。お前さんたちがきちんとやるコトやってくれなきゃ、こっちもちゃんとしたコトはしてやれねー」
    「いいよ、仕方無いさ。むしろそう言うところがきちんとしてるからこそ、信頼できるってもんだ」
    「物分かりが良くて助かるぜ。
     ……お?」
     やがて一行の前に、建ってから10年も経っていないと思われる、煉瓦造りの建物が姿を表した。
     しかし不思議なことに、その外壁は蔦(つた)でびっしりと覆われており、それだけを見れば、この建物は数十年、あるいは数百年は経っているようにも思わせていた。
    「カモフラージュしてあるな。遠くから望遠鏡で見たくらいじゃ分からねーようにしてある。ソレにこうして近付いても、距離感がつかめねー。魔術で視覚認識をごまかしてるらしいな。
     ソレ以外にも、色々と発見されにくいように擬装対策を施してあるらしい。パラみてーに細かく正確に計測ができるヤツがいなきゃ、ココは中央大陸を100年うろつき回っても、きっと見付けられなかっただろう、な」
    「お褒めに預かり光栄です」
     ぺこりとお辞儀をして、パラが建物を指し示す。
    「センサー類は検知できません。一方で、入り口の類も同じく、発見できません」
    「ふーん?」
     ルナたちが近付いて調べてみても、確かに扉が見付けられない。
    「『テレポート』で中に入ってたのかな」
    「ソレだとオレたちが空間振動を検知できねーだろ? コレだけ厳重に密閉されてるんだからな。
     ……そっか。密閉、ね」
     一聖は呪文を唱え、煙を立ち上らせた。
    「『ホワイトアウト:ピンク』」
    「なんでピンク?」
    「目立つからな。後はオレの好み」
     ピンク色の煙が周囲にたなびいたところで、一聖が建物のある箇所を指差した。
    「あそこから空気が漏れてる」
    「壁しかないように見えるけど」
    「さっきも言ったろ? この建物は、術で視覚認識を狂わせてる。つまりドアを『ドアだ』と認識できないってコトだ」
     一聖は壁をぺたぺたと触り、一箇所をトントンと叩く。
    「オレの目にも確かに煉瓦と見えるが――ココだけ材質が違う」
     そう言ってもう一度、呪文を唱える。
    「……**……**……****……よっしゃ、解錠キー見っけ」
     ガコン、と音を立てて、一面煉瓦だった壁に穴が開いた。
    「さっすがー」
    「へっへー」
     一聖は得意げな顔で、胸を反らす。
     その間にルナが、パラに尋ねる。
    「中の様子はどう? 罠はありそうかしら?」
    「検知できません」
    「そう。……『ライトボール』」
     ルナが光球を作り、中へと飛ばす。
     光球は廊下をぐんぐんと奥に進み、やがて見えなくなってしまった。
    「見た目より広いわね。地中に続いてるみたい」
    「……」
     一聖は中にそっと首を突っ込み、目を凝らす。
    「中にもセンサーみたいなのは無いらしいな。奥へ進んでみるか」
     一聖の言葉に、三人は無言でうなずいた。

     一聖の言った通り、進んでも特に罠や仕掛けなどは無く、一行は廊下の最奥にあるドアの前に到着した。
    「このドアにも罠は無さそうね。……開けるわよ」
    「おう」
     ルナがドアノブをひねり、そっと開ける。
     奥の様子を確かめるため、今度も一聖が覗き見る。
    「うげっ」
    「どうしたの? ガスか何か?」
    「いや、……胸クソ悪いものを見ただけだ」
    「何が……?」
     一聖は答えず、中へ入っていく。三人も続いて中へ入り――そして一聖と同様、嫌悪感に満ちたため息を漏らした。
    「うっ……!」
    「何よ……これ」
    「幼体、と言うべきでしょうか」
     部屋の中には、猫獣人の形をした「何か」が納められたガラス瓶が、ずらりと並んでいた。
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【白猫夢・探葵抄 3】へ
    • 【白猫夢・探葵抄 5】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【白猫夢・探葵抄 3】へ
    • 【白猫夢・探葵抄 5】へ