FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第4部

    蒼天剣・黒峰録 1

     ←蒼天剣・世俗録 4 →蒼天剣・黒峰録 2
    晴奈の話、第168話。
    克大火の昔話。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    1.
    「しつこい奴だ」
     大火は毒づきながら、その急坂を滑るように下る。いや、まさに立て板に水のごとく流れ落ちているのだ。飛翔の術、「エアリアル」の応用である。
     彼の背後から、いかにもと言った風体の戦士が追いかけてくる。大火とは違い、己自身の脚力をもって追っているのだが、魔術の達人である大火の強力な術に離されること無く、じりじりと追い上げている。
    「ただの人間では、ないな。……面倒だ。『テレポート』」
     呪文を唱えた途端、大火の姿は消え始める。追いかけていた男は一瞬動きを止めたが――。
    「『フォースオフ』! 逃がさんぞ!」
    「何……!?」
     消えかけていた大火がふたたび現れ、地面に着地した。
    「俺の術を破っただと?」
    「お前のやりそうなことは、すべてアレフから聞いている! 観念しろ、タイカ!」
    「アレフ? ……ああ、あのフードの男か? まったく何十年もかけて、くだらないことばかりしてくれるものだ」
     大火はまた毒づき、刀を抜いた。
    「そんなに相手をしてほしいなら、存分にしてやろう。……容赦せんぞ、リュークとやら」
     大火の体から、あの煤のような闘気が噴き出した。

    「く、……やるな」
     数時間後。
     大火は思わぬ劣勢に立たされていた。相手の力量を読み違えたのだ。
     左腕の肘から先が、無残に断たれている。敵のリュークが無理矢理に、素手で引き千切ったのだ。
    「度し難い馬鹿力だ。まさか『漆黒のコート』ごと、俺を千切るとは」
     リュークはコートの袖が絡まったままの大火の左腕を投げ捨て、勝ち誇ったように笑う。
    「さあ、そろそろ死んでもらうぞ……!」
    「フン。左腕を奪ったくらいで、俺に敵うと思うのか?」
    「思うさ。……さあ解体してやる、『黒い悪魔』!」
     リュークが叫び、両手を挙げたその瞬間――。
    「たーッ!」
     リュークの背後から、棍棒が飛んできた。
    「ぐあ!?」
     リュークの集中が一瞬、棍棒を投げた「狼」に飛ぶ。
    「だ、誰だ!? いきなり、何をする!?」
     その油断を、大火は見逃さなかった。
    「お前な。敵と対峙する、生きるか死ぬかの瀬戸際で……」
     残っている右腕で、後ろを向いたリュークの頭をつかむ。
    「な、何を」
    「……油断するような阿呆が、俺に勝てると思うな。『ショックビート』」
     リュークは一瞬ビク、と震え、耳、鼻、そして目と口から、血を垂れ流した。
    「百年早いぜ」

    「助かった。礼を言うぞ」
     10分後、自身の腕を魔術で完全に治した大火は、助太刀した「狼」に礼を述べた。猟師風のその狼獣人は、照れくさそうに笑みを返す。
    「いえ、そんな……、へへ」
    「一つ聞く」
     大火は使い物にならなくなったコートを脱ぎ捨てながら、狼獣人に尋ねた。
    「あ、はい」
    「何故俺の方を助けた? あの状況なら俺ではなく俺の敵に加勢したとしても、不思議は無いが」
    「えーと、そのー……、はは」
    「狼」はまた、恥ずかしそうに笑う。
    「何だ?」
    「あなたの方が、かっこよかったから」
    「クッ」
     思いもよらない答えに、大火は吹き出した。
    「クククク、ハハハ……、俺は人気俳優か? そんなことを言った奴は、今までお前だけだぞ」
    「いえ、でも。本当に、かっこいいですよ。何か、迫力あるし。超大物、って雰囲気がプンプンしてますもん」
    「ククク……」
     大火は初対面のこの狼獣人を、すぐに気に入った。
    「俺は克大火と言う。お前の名は?」
    「あ、はい。ウィリアム・ウィルソンと言います。あ、ちなみにオレの家系、皆W2個なんですよ。代々ずーっと」
     それを聞いて、大火はまた破顔する。
    「ククク……、まったく面白い奴だな、ウィリアムとやら」
     ウィリアムと呼ばれ、「狼」はチ、チ、と指を振る。
    「ウィルと呼んでください、カツミさん」
     狼獣人ウィルは、人懐っこそうに笑った。



    「……と、コレが黒炎教団の開祖、ウィリアム1世と克大火の出会いだそうよ」
    「ほう……。やはり何と言いますか、おとぎ話のようですね」
    「ま、そりゃねぇ」
     屏風山脈を登る道中、晴奈は小鈴から、黒炎教団の起源とされる逸話を教えてもらっていた。
    「んで、この山がウィリアムと克の出会った場所。
     元々ウィリアムはこの山で猟師をしていたんだけど、克と出会い、彼を助けたコトでその人生は一変。
     その後は克の親友として彼を支え続け、出会ってから10年後の双月暦340年、この山脈の頂上部に――」
     小鈴は杖で、山頂の黒い建物を指し示した。
    「あの黒鳥宮を建立し、黒炎教団を創設したの」

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2016.04.21 修正
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【蒼天剣・世俗録 4】へ
    • 【蒼天剣・黒峰録 2】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【蒼天剣・世俗録 4】へ
    • 【蒼天剣・黒峰録 2】へ