FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第4部

    蒼天剣・黒峰録 2

     ←蒼天剣・黒峰録 1 →蒼天剣・黒峰録 3
    晴奈の話、第169話。
    天空の霊園。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2.
     晴奈は前に一度、大火に連れられて中に入り、その広さに辟易したことがあったが、外側から改めて眺めると、その巨大さが良く分かる。
     宮を囲む壁が、山の端から端まで続いているのだ。
    「山頂部でこの壁の長さと高さとは、驚嘆に値しますね。一つの街と言っても、過言ではない」
    「そうねー。何しろ屏風山脈の一角、黒狼山を丸々覆っているから。あたしも中に入ったコト無いけど、割と快適みたいよ。こーんな山のてっぺんなのにね」
     小鈴はぐるりと辺りを見回し、ため息をつく。
    (中に入れば黒炎殿やウィルのことが何か、分かるかも知れぬが……)
     晴奈もため息をつき、その考えを自ら却下した。
    (休戦したとは言え、焔と黒炎は仲が悪い。障らぬ神に祟りなし、だ。
     それに黒炎は密教と聞く。焔と関係の無い橘殿であってもすんなり入らせてくれるとは、到底思えぬ)
     晴奈の予想通り、黒鳥宮の入口には門番が2名、矛を持って立っており、目が合うと、彼らはギロリとにらんでくる。
     彼らの後ろにある扉も堅く閉ざされており、誰でも入れるような気配はまるで無かった。
    「どしたの、晴奈? 行きましょ」
    「あ、はい」
     晴奈はもう一度ため息をつき、その場から去った。

     黒鳥宮を過ぎた二人は、そのまま道を下っていく。
     やがて右手一面に、広々とした平原と、そこに林立する石碑群が見えてきた。
    「あれは……」
     小鈴が短く、答える。
    「お墓ね。教団の霊園ってトコかしら」
    「そう、ですか」
     そこでまた、晴奈は立ち止まった。
    「さっきからどしたの、晴奈?」
    「あ、いえ。……あの、戦争で戦った相手も大勢いるでしょうから、少し、参ってきます」
    「は?」
     目を丸くする小鈴に一礼し、晴奈は霊園に足を踏み入れた。
     風の強いこの山では、始終口笛のような風の音が、途切れること無く吹き続けている。
     その強い音はまるで――。
    (死者の囁きのようだ)
     ごうごう、びゅうびゅうと絶え間なく鳴り続ける風は確かに、誰かの話し声のようなざわめきをはらんでいる。
     晴奈は背筋にひやりと、冷たいものを感じた。
    (私を、拒んでいるのか)
     そう思った瞬間、急に風が強くなる。
    「わ……」
     その風に、晴奈がかぶっていた帽子が飛ばされる。
    「あっ」
     晴奈は帽子を追いかけ、霊園をさらに奥へと進んで行く。
     少し歩いたところで不意に風がやみ、帽子はすとんと地面に落ちた。
    「まったく。……本当に、死者のいたずらか?」
     体を屈めて地面に落ちた帽子を手に取り、ほこりを払う。
     と――。
    「あなた……、旅の方? ここで、何をしているの?」
     屈んでいた晴奈に、影が落ちる。
     晴奈は帽子を被って立ち上がり、前に立ったその人物に軽く頭を下げた。
    「いかにも、旅の者です。
     先の戦争で、央南側として戦っておりました。央南人は戦い、死んだ者に敬意を表する習慣がある故、一応の弔いをせねばと思い立ち、ここに足を踏み入れた次第です」
     前に立っていた、眼鏡をかけた「狼」の女性は、晴奈の言葉に複雑な顔をする。
    「そう。……そう言う気持ちなら、ここには来ないで欲しい。
     敵に弔われるなんて、彼らには耐えがたい屈辱だろうし」
     冷たくそう返され、晴奈は帽子を取って深々と頭を下げた。
    「失敬しました。あなた方がこの行為を冒涜とされるならば、速やかにここを離れます」
     と、帽子を取った晴奈の顔を見て、「狼」は驚いた様子を見せた。
    「あなたは……? どこかで会ったわね?
     ……そう、思い出した。テンゲンの、講和会議。大将さんの後ろに立っていらした方ね?」
    「え?」
     そう問われ、晴奈はこの女性が誰だったか記憶を探る。
     そしてすぐに、ある者の名が浮かんできた。
    「あなたは確か、……ウェンディ司教? ウェンディ・ウィルソン台下でしょうか」
     女性はやはり冷たい表情のまま、静かにうなずいた。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2016.04.21 修正
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【蒼天剣・黒峰録 1】へ
    • 【蒼天剣・黒峰録 3】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【蒼天剣・黒峰録 1】へ
    • 【蒼天剣・黒峰録 3】へ