黄輪雑貨本店 新館


    「白猫夢」
    白猫夢 第9部

    白猫夢・跳猫抄 5

     ←白猫夢・跳猫抄 4 →白猫夢・跳猫抄 6
    麒麟を巡る話、第475話。
    姉妹対決。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    5.
     葵は刀を下げ、淡々と声をかける。
    「カズラ、やめて」
     だが、葛は激昂に任せ、怒鳴り返す。
    「バカばっかり言ってんじゃないわよ!」
     葛は「夜桜」を構え、葵と対峙する。
    「こないだから思ってたけど、ずーっと自分勝手なコトばっかり言ってるって、自分で分かんないの!?
     パパを斬った時も、あたしと再会した時も! 今のもよ! 全部アンタの自分本位な考えと理屈で通そう、通そうってしてる! 『こうなるのは自分には見えてた』? 『これはそうなるべき流れ』? 『あたしと戦えば死ぬしか無い』? ……ふざけるな!
     全部アンタがその場にいたから起こったんだ! アンタがソコにいさえしなかったら、パパは傷つかなかったし、ウォーレンさんも殺されたりしなかった! ましてや、あたしが死ぬなんてコトも絶対、起こったりなんかしない!
     全部、全部、全部! 全部アンタが原因だ! 何もかもアンタが、アンタが……ッ」
     葛の刀に、すっと火が走る。
    「来い、アオイ・ハーミット!
     そんなにあたしが死ぬのが見たいなら、かかって来いーッ!」
    「……」
     葵はまだ何かを言おうとしていたが、やがて口を閉ざし、刀を構えた。
    「分かった。あんたがそう決意したんなら、あたしは、あんたを――殺す」
     その瞬間、葵がこれまで見せていた、気だるげな様子が一変した。
    「……っ」
     無意識に、葛は固唾を飲んでいた。
    (なに……コレ? 一瞬、体が底の方から凍ったかと思った。コレ……もしかして、『殺気』ってヤツなのかな)
     表情こそ、いつも見てきたように眠たそうで、やる気を欠片も見せないものではあったが、彼女の体全体から冷え冷えとした、突き刺すような気配が感じられる。
     その威圧感に押され、葛は刀を構え直しつつ、一歩後ずさった。
    「来ないの?」
     その様子を見ていた葵が、ぼそっと尋ねる。
    「口だけだった?」
    「……っ」
     葛の中で、葵に対する怒りと恐れが交錯する。
     1秒か、2秒か――心の中で何度も感情がせめぎ合い、そして怒りが勝った。
    「りゃああッ!」
     葛は刀を振り上げ、葵に迫る。
     それに対し葵は、刀を構えようともせず、すたすたと近付いて行く。
    「カズラ」
     ぼそ、と葵が――この上なく残念そうに――つぶやく。
    「見苦しいよ」
     葛の耳に、ざく、と音が響く。
    「……ごぼ……」
     自分では、何が、と言ったつもりだったが、それはただの水音として喉からあふれる。
     己の胸の奥に冷たいものを感じながら、葛はその場に倒れた。

     葵は自分の妹に背を向け、またぼそぼそとつぶやく。
    「生きてたんだね、その人」
    「元々タフだったし、オレが治したからな」
     血塗れのウォーレンに肩を貸しながら、一聖が答える。
    「とうとうやりやがったってワケだ」
    「そうなるね。やりたく、なかったけど」
    「ふざけんな」
     一聖は憤った顔で、葵をにらみつける。
    「やりたくない、だと? だったら、やらなきゃいいだけだろ。葛が言った通りじゃねーか。
     はっきり言ってやる。お前さんの精神は分裂・破綻しかかってるんだ。その原因は、強度のストレスだ。ソレも尋常なものじゃない、少しでも気を緩めれば、たちどころに発狂しかねない域の、な。そのストレスの根源は、白猫からの重圧に他ならねー。
     一体なんで、お前さんは白猫に粛々と付き従う? お前さんほどの力と知恵、才能があれば、白猫に隷属する理由は無いはずだ」
    「あるんだよ」
     葵は刀に付いた葛の血を振り払いつつ、こう返す。
    「もしもあたしがいなかったら、あの方は誰を手先にすると思う?」
    「……その懸念のために、お前は結局、最悪の選択をしたってワケだ。
     自分で自分のコトを、愚か者だと分からねーのか?」
    「分かってるよ。分かってるけど、もう、他には……」
    「しかかってる、じゃねーな。もう破綻してる。お前さんは、おかしくなってるよ」
    「そうだね」
     葵は刀を構え、一聖たちに近付く。
    「あたしの心はもう死んでるも同然だよ。この手でパパをひどく傷付け、そして今、カズラも殺した。
     あたしにはもう、まともに生きる資格なんか無い。この先ずっと、あたしはあの方の人形でいなきゃならないだろうね」
    「ヘッ、……バカが」
     一聖はウォーレンを投げ、鉄扇を構えた。
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【白猫夢・跳猫抄 4】へ
    • 【白猫夢・跳猫抄 6】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【白猫夢・跳猫抄 4】へ
    • 【白猫夢・跳猫抄 6】へ