黄輪雑貨本店 新館


    「白猫夢」
    白猫夢 第9部

    白猫夢・跳猫抄 6

     ←白猫夢・跳猫抄 5 →白猫夢・跳猫抄 7
    麒麟を巡る話、第476話。
    あの、暗い駅で。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    6.
    「……ん……」
     ふと気が付くと、葛はどこかのベンチに座っていた。
    「……えっと?」
     辺りを見回してみると、見覚えがある。
    「駅、……かなー」
     確かにそこは、自分がかつて良く使っていた、エルミット駅のホームだった。
    「お嬢さん」
     と、声をかけてくる者がいる。振り向くと、黒いスーツに黒いコート、そして黒い帽子と言う、黒ずくめの格好をした兎獣人と目が合う。
    「そろそろ、列車が出る時間ですよ。急がないと」
    「あ、はーい」
     誘われるまま、葛は兎獣人に付いていく。

     付いていくうちに、葛はぼんやりと考える。
    (……あたし……なんでこんなトコにいるんだろー……?)
     自分の記憶を振り返ろうとするが、ぼんやりと霞がかかっているかのように、頭がはっきりしない。
    「あのー」
     葛は先導する兎獣人に、声をかける。
    「どうされましたか?」
    「ココ、ドコですか? あたし、どうしてココに……?」
    「ああ」
     兎獣人はぴた、と立ち止まる。
    「覚えていらっしゃらないようですね」
    「ごめんなさい、さっぱり」
    「無理も無い。思い出したくも無いことでしょうからね」
    「え……?」
     兎獣人は右手に持っていた黒いステッキの先端を、葛の胸にとん、と当てた。
    「あなたは殺されたのですよ」
    「……どう言う意味ですか?」
    「そのままの意味です。
     カズラ・ハーミットさん。あなたはあなたのお姉さん、アオイ・ハーミットにより胸を刺し貫かれ、殺されたのですよ」
    「……!」
     思い出したその瞬間、葛は全身が冷たく、そして固くなっていくのを感じた。
    「あ……ああ……」
    「もう少しばかり、お気を確かに。まだ列車まで、しばらくありますから」
    「そんな……そんな!」
     その場に崩れ落ちかけた葛の手を、兎獣人がつかむ。
    「残念ですが、これは事実なのです。あなたは亡くなりました。そして間もなく、列車に乗ることとなります。
     さあ、お立ちください。まだもうしばらく、お付き合いいただかなければ」
    「うそっ……うそ……そんな……」
     よろめきつつも、葛の足は勝手に、前へと動き始めた。
    「待ってよ! あたし、まだ、やるコトが……」
    「ございませんよ。そんなものは、一切」
     兎獣人は首を大きく横に振り、葛に残酷な言葉を放った。
    「死んだ者に課せられるべき役目など、ありはしないのです」
    「……っ」
     その言葉に、葛の心は折れた。
     葛は何も言えなくなり、そのまま兎獣人の後へ付いて行った。

     無言で歩く葛の横を、誰かが歩いている。
    「あっ、あの……」
     声をかけようとして、葛は途中で言葉に詰まる。その誰かも、黒ずくめの者に先導されていたからだ。
     いや、その人だけではない。駅構内のあちこちから、葛と同様黒ずくめに連れられた人々が、ぞろぞろと同じ方向に向かって歩いてきていた。
    「……あの」
     葛は自分を率いる兎獣人に声をかける。
    「なんでしょう?」
    「ココってエルミット駅、……じゃないんです、……よね」
    「ええ」
    「他の人たちも……」
    「その通りです」
    「みんな、同じ列車に?」
    「はい」
    「……あの」
    「どなたか、お探しですか?」
    「あ、はい」
     葛は逡巡しつつ、兎獣人に尋ねる。
    「あたしが来る前に、黒髪で色黒で黒い毛並みの、口ヒゲとあごヒゲを生やした狼獣人の方って、こちらに来られましたか? ウォーレンさんって言うんですが」
    「いいえ。申し訳ありませんが、他の方のことは存じません」
    「……そうですか」
     辺りを確認してみたが、それらしい者も見当たらなかった。
    「ウォーレンさん、あたしのせいで死んじゃったんです」
    「それはお気の毒に」
    「謝らなきゃいけないなって」
    「お気にされぬよう。全ての功罪が、それによって抹消される。死と言うものは、そう言うものです。
     あなたのせいで死んだ者があったとしても、彼岸において、その責を問われることはありません」
    「……そうですか……」
     葛は口を閉ざし――かけたが、そこでまた、疑問が生じた。
    「功罪が消えると言いましたよね」
    「ええ」
    「じゃあ、生前に成した業績も評価されないってコトですか?」
    「ええ」
    「……ソレが例え、世界を変えるほどの偉業であっても?」
    「そうです。死は万物にとって等しく、そして等しさをもたらすものですから」
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【白猫夢・跳猫抄 5】へ
    • 【白猫夢・跳猫抄 7】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【白猫夢・跳猫抄 5】へ
    • 【白猫夢・跳猫抄 7】へ