黄輪雑貨本店 新館


    「白猫夢」
    白猫夢 第9部

    白猫夢・跳猫抄 7

     ←白猫夢・跳猫抄 6 →白猫夢・跳猫抄 8
    麒麟を巡る話、第477話。
    葛、発奮。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    7.
     兎獣人のその言葉に、葛は思わず怒鳴っていた。
    「なんでそうなるのよッ!」
    「どうされました?」
     表情を変えず、そう尋ねてきた兎獣人に、葛はこう主張する。
    「じゃあ、じーちゃんがやったコトも全部無かったコトになるって、そう言うコトなの?」
    「じーちゃん、とは?」
    「ネロ・ハーミット卿よ! じーちゃんはソレこそ、世界を変えるほどのコトをした人だった! その業績も無かったコトになるって言うの?」
    「ですから、彼岸においては一切関係の無い……」
     言いかけた兎獣人が、そこで黙り込む。
    「……なに?」
     葛が尋ねたが、兎獣人は答えない。
    「どうしたの?」
     再度尋ねたところで、兎獣人はばつが悪そうに、こう返した。
    「まあ、そのですな。無論、原則的に、例外無く、此岸(しがん:この世のこと)における業績は、彼岸において何ら関係の無いこととなります。それは動かしようの無い事実です。
     ですが、まあ、それはそれとして、彼岸において業績を成したと言うのであれば、無論、それはそれで、彼岸で評価されると言うことに、まあ、ええ、……なりますね」
    「どう言うコト?」
     三度目の問いにははっきりとは答えず、兎獣人は一瞬、そっぽを向く。
    「『向こう』に着けば、いくらでも分かることです。さあ、そろそろお急ぎくだ……」
     兎獣人が振り返ったところで、彼は絶句した。
     何故ならその時既に、葛は逆方向に駆け出していたからである。
    「ま、待ちなさい!」
     兎獣人は慌てて追いかける。だが、葛は止まらない。
    「待てって言われて待つ人なんかいる!?」
     周りの黒ずくめや、それらに連行される者たちが唖然と眺めている中を、葛は全速力で駆け抜けて行く。
    「待ちなさい! 待って! 待って下さい!」
    「ソレしか言えないの!? じゃーねっ!」
     葛は先程まで座っていたベンチも越え、遠くへ、遠くへと走って行った。

     祖父の功績を無碍にされたことで激昂し、怒鳴ったせいか、葛にまとわりついていた怖気や寒気、倦怠感は消えていた。
     それらが消えると共に、葛は自分の中に、煌々とした火が点るのを感じた。その途端、彼女は強い衝動に突き動かされた。
     それは紛れも無い、生への欲求だった。
    (こんなトコで、こんなトコで……!)
     葛はあらん限りの声で、絶叫していた。
    「誰がこんなトコで、死んでやるもんかーッ!」
     駆けに駆けて、葛は駅の外に出る。
    「……え、っと」
     しかし――それ以上は前に進めなかった。
     目の前には、真っ暗な空間が広がっていたからである。
    「ど、……どうしよっかな」
     駅を一歩出た辺りから既に、足元も見えないほどに暗い。それはまるで、そこに地面が無いかのようだった。
     いや、恐る恐る駅の階段から一歩だけ脚を出し、探ってみても、何の感触も無い。
    「止まりなさい! そこで止まって!」
     背後から、あの兎獣人が追いかけてくる。さらにその後方からも、警吏風のコートを着た黒ずくめたちが走ってくるのが見える。
    「……」
     葛は前後を何度も繰り返し、きょろきょろと見返し、逡巡する。
    (どうしよー……。パッと駆け出して来ちゃったけど、……まさかこんな風になってるなんて、想像してなかったもんなー)
     葛は足元の虚空を見つめ、ごくりと喉を鳴らす。
    「……うーん」
     それでも、元来決断が早い方である。
    「行っちゃえっ」
     葛は意を決し、その暗闇へと飛び込んだ。



     葛はがばっ、と勢い良く起き上がった。
    「……!」
     そしてすぐ、自分の胸を確認する。
    (んー、……少なくともココはアイツに勝ってるな。一回りくらいおっきいかな?
     ……じゃないって)
     刺し貫かれたはずの胸には、今は痛み一つ感じられない。
    「……カズラ」
     数メートル先に、葵が立っている。
     その前には肩を押さえ、うずくまる一聖がいた。
    「ケケ……、やーっと目ぇ覚ましたか。どーよ、『向こう』に行った気分は」
    「行ってないよ、ギリギリだったけど」
     葛は立ち上がり、落ちていた刀を手に取る。
    「寸前で逃げてきた」
    「逃げたぁ? ……はっは、すげーなお前。
     まあ、場はつないでやったんだ。そろそろ活躍してくれなきゃ、困るぜ?」
     一聖は鉄扇を葵に向けつつ、後ずさる。
    「行け、葛!」
     その声に応じる代わりに、葛は葵目がけて跳躍した。
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【白猫夢・跳猫抄 6】へ
    • 【白猫夢・跳猫抄 8】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    ダイ・ハード・ガール。
    おばあちゃん譲りの生命力と気力です。

    NoTitle 

    ……いるもんですね。

    「殺しても死なない奴」。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【白猫夢・跳猫抄 6】へ
    • 【白猫夢・跳猫抄 8】へ