黄輪雑貨本店 新館


    「白猫夢」
    白猫夢 第9部

    白猫夢・跳猫抄 8

     ←白猫夢・跳猫抄 7 →白猫夢・跳猫抄 9
    麒麟を巡る話、第478話。
    「予知」と現実をつなぐもの。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    8.
     跳びかかってはみたが、葛は攻めの手を見出せないでいた。
    (さっきのだって、何がなんだか分かんないうちにやられちゃったしなー)
     それでも刀を振りかぶり、葵に袈裟斬りを仕掛ける。
     しかし、やはり容易にかわされ、葵が突きを放ってきた。
    「わわ、っと」
     先程と違ったのは、ここからだった。
     まったく把握できなかった葵の太刀筋を、この時の葛は完全に見切り、空中で体をひねってかわしていた。
    「それッ!」
     そして着地した瞬間、葛は刀を横に薙ぐ。
    「……っ」
     ギン、と鋭い金属音が鳴る。葛はその向こうに、姉が息を呑んだそのわずかな音を、はっきりと確認した。
    「油断してたよ」
     葵は一歩後方へ跳び、刀を構え直す。その右手からは、血がポタポタとこぼれていた。
    「そうだよね。あんたにも黄家の血が流れてる。だったらばーちゃんやパパと同じ力が備わってても、何にもおかしくない。
     ……でも、ここまではあたしの予知の範囲内。4割か、5割弱くらいは、あんたが蘇ってくるって未来を見たことがある。そして、その後のことも」
     今度は、葵の方から仕掛けてきた。
    「あんたは、ここで死ぬよ。もう、その未来しか無い」
     幾太刀もの鋭い斬撃が、葛を襲う。
    「そんなの、誰が信じるもんか!」
     葛も刀を目まぐるしく振り回し、その全てを防ぎきる。
    「予知? 未来? 予定調和? 誰がそんなの、信じると思ってるのよ!?
     あたしは絶対信じない! そんな寝言を信じてるのは、この世でただ2人だけよ! アンタと、アンタの間抜けな雇い主だけ!
     ううん、ソレどころかその雇い主すら、自分の予知が絶対実現するなんて、コレっぽっちも信じてないはずよ!」
    「どう言う意味?」
     再び、二人は間合いを取る。
    「あたしはこう思ってた。白猫はあたしたちがどうあがこうと結果が確定してるような、絶対的に不変の未来を見てるんじゃない。
     無数に存在する色んな未来、ううん、単なる『可能性』って言っていいようなものたちの中から、自分に都合のいいものを選んで、ソコに行き着くように誘導してるだけだ、って。
     その未来を決定するのは、今、ココにいるあたしたちよ。この世界に体を持たない白猫には、決定権が無い。ココとは遠い世界にいる白猫は、口を出すコトしかできない。だから延々アンタに指示を送って、軌道修正しまくってるのよ。
     何度も言ったコトだけど、アンタがそのバカみたいな指示を聞きさえしなければ、そんなあやふや極まりない『予知』なんて、絶対外れる。ソレを現実のものにしてるのは、他でもないアンタよ」
    「同じ答えは何度も返してるはずだよ」
     葵が、刀に火を灯す。
    「そうしなきゃ、もっと悪い未来になる。あんたも、あたしも、他の皆も、もっと悪い目に遭う」
    「ソレも予知? 違うよね」
     葛も、応じるように火を灯す。
    「その言い訳をする度、言葉を濁してごまかしてる。はっきり何が起こるなんて、全然言わない。何故ならソレは、断言できないから。つまりソレって『絶対来ると確信してる予知』じゃなくて、『もしかしたら来るかも知れない予測』だからでしょ?
     アンタは怖がってる――自分の予知を超えた、不確定の未来を。だから悪い結果になると分かってて、ソレでもその予知を現実にしようとする。
     どんなに望まない未来でも、その方が自分に扱えると思ってるから。アンタはその素晴らしい予知能力のせいで、却って何にもできない、人並み以下の木偶の坊になってるのよ」
    「……ッ!」
     葛が指摘したその瞬間、葵のぼんやりとしていた顔に、初めて険が差した。
    「それ以上、言わないでくれる?」
     声色も、今までのようなぼんやりしたものではない。明らかに不快感を漂わせた、荒い声だった。
    「『言わないで』? ソレは当たってるから? 自分は敷かれたレールの外を歩けない臆病者だって、認めるの?」
    「黙れ!」
     再度、葵が仕掛ける。
    「『月輪』!」
     ひゅぱっ、と音を立て、葵の前方に亀裂が走る。
    「キレんな、このバカ姉貴ッ!」
     葛は空中に跳び、ぐるんと体をひねって斬撃をかわす。
    「アンタの預言、ブッ壊してやる。
     あたしは死なない。あたし以外の誰かが死んだりもしない。ううん、誰も死なせたりなんかしない。
     あたしはアンタだけを、アンタ一人だけを、……討つッ!」
     そう叫び――そのまま、葛はその場から消えた。
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【白猫夢・跳猫抄 7】へ
    • 【白猫夢・跳猫抄 9】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【白猫夢・跳猫抄 7】へ
    • 【白猫夢・跳猫抄 9】へ