黄輪雑貨本店 新館


    「白猫夢」
    白猫夢 第9部

    白猫夢・跳猫抄 9

     ←白猫夢・跳猫抄 8 →白猫夢・跳猫抄 10
    麒麟を巡る話、第479話。
    Beat The Oracle!;預言をブッ壊せ!

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    9.
    「……消えた。『星剣舞』だね」
     葛が目の前から消えても、葵にうろたえた様子は無い。
    「でもそれはもう、パパの時に見切ってる」
     葵は刀を構え直し、周囲を警戒する様子を見せた。



     この時、葵は周囲だけではなく、別のものを見ていた。
     これまで散々と語ってきた、あの恐るべき予知能力によってもたらされた「複数の未来」――彼女たちが「スクリーン」と呼んでいたものである。

    (『どの』カズラかな)
     その何十もの「スクリーン」に、それぞれ違う世界が映し出される。その中の半分以上で、既に葛は事切れており、ぴくりとも動かない。
    (これは、さっき仕留めた時のまま。カズラは生き返らなかった)
     他の「スクリーン」にもまた、別の死に方をした葛が映し出されている。
    (こっちは、復活しかけたカズラにとどめを刺してる。これも、生き返ったカズラに即、刀を投げつけて串刺しにしてる。これは、……そう、これだ)
     やがて葵は、葛が生きている世界を発見する。そしてそこからたぐり寄せるように、別の、葛が生きている並行世界を比較対照していく。
    (これも。
     これも。これも。
     これも。これも。これも。
     これも。これも。これも。これも。これも。これも。これも。これも。これも。これも。これも。
     そして、これも。……19通り、カズラはあたしの背後から斬りつけてくる)
     葵はぐるんと踵を返し、やって来るはずの斬撃を待ち構える。
    「……?」
     しかし、数瞬待っても、葵は来るはずの衝撃を受けない。
    「……いた……いっ!?」
     肩から突然、痛みを感じる。思わず手を当て、そして愕然とした。
    (今のは、なに? こんな未来は、一つも見えなかった)
     それでもなお、葵は冷静さを失わず、次の予知を行う。
    (ここから派生する未来は――待って? これ、どう言うこと?)
     葵の目には、先程と変わらない世界が映っている。
     相変わらず、別のある世界では、葵が葛の死骸を抱えて泣いている。別のある世界では、一聖が血塗れの葛を抱え、微動だにすること無くうずくまっている。また別のある世界では、復活した葛の首を、葵が刎ねている。
     その30通り、40通りもの並行世界のどこにも、今、葵が受けたものと同じ事象は発生していなかった。
     それを確認した途端、葵は生まれて初めて、刀を構えられないほどに狼狽した。
    「なんで? なんで、あたしに分からないの?」
     無意識に、言葉が漏れる。
    「カズラ! あんた、どこにいるの!? 今、何をしてるの!?」
     それは、彼女らしからぬ叫びだった。
    「……くっ!」
     混乱しつつも、葵はもう一度、未来を見ようと試みた。
    「……えっ……?」
     その瞬間、葵は信じられないものを見た。

     葛が壁に磔にされた別の世界で、その前を一瞬、葛が横切ったのだ。
    「いまの、なに……!?」
     さらに別の、葛と一聖が並んで串刺しになった世界にも、葛が一瞬だけ現れて、すぐに消える。
     いや、消えたのではなく――「スクリーン」から「スクリーン」へ飛び移るように、葛が移動しているのだ。
    「なに……これ」



     葵が、その場から弾かれる。
    「ぐはっ……!」
     刀が葵の手を離れ、遠くへ飛んで行く。
     どうにか立ち上がるが、体のあちこちからボタボタと血を流しており、葵はすぐに膝を着いた。
    「ど……どうして……?」
     それに応じたのは、一聖だった。
    「見えなかったか? お前の未来視の中に、『この世界の』葛は見当たらなかったか?」
    「……!」
     葵は一聖をにらみ、焦りきった声色で尋ねる。
    「何か知ってるの!?」
    「仮説ってレベルでだが、な」
     一聖はニヤニヤと笑っていた。
    「だけど教えてやんねー。そのままブッ飛ばされてろ」
    「……ぅぅぅうう、うあ、ああああッ!」
     葵は半ば野獣じみたうめき声を漏らし、踵を返す。
    「分かってるか、葵?」
     ふらふらとした足取りで逃げ出すその背中に、一聖は嘲った声をぶつけた。
    「葛は死ななかったし、お前にはもう殺せない。
     つまりお前さんが100%起こると豪語した予知、妹君に対してご大層に言い放ったあの預言は、完膚なきまでに外れたってワケだ。
     この勝負、葛の完全勝利だ。言い訳したいってんなら聞くぜ?」
    「……」
     葵は振り返ることなく、その場から走り去った。
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【白猫夢・跳猫抄 8】へ
    • 【白猫夢・跳猫抄 10】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【白猫夢・跳猫抄 8】へ
    • 【白猫夢・跳猫抄 10】へ