黄輪雑貨本店 新館


    「白猫夢」
    白猫夢 第9部

    白猫夢・跳猫抄 10

     ←白猫夢・跳猫抄 9 →白猫夢番外編 その6
    麒麟を巡る話、第480話。
    跳び猫が跳んだ理屈。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    10.
     いつの間にか床にへたり込んでいた葛に気付き、一聖が声をかける。
    「よお」
    「……」
    「どうだった? 次元を飛び越えた気分は」
    「アンタの話、……ようやく分かった気がする」
     辛うじて上半身を起こしていた葛は、そこで仰向けに寝転がった。
    「もー無理。マジ動けないー」
    「そのまま寝てていい。もう葵は襲ってなんかきやしねーよ」
    「そう?」
    「葵にとっちゃコレ以上無いってくらいにショックを与えたんだ。立ち直るには時間がかかるさ」
    「だといーけど」
     と、ここで恐る恐る、ウォーレンが近付いてきた。
    「すまないが……」
    「お、目ぇ覚めたか」
    「あれ? ……ウォーレンさん、生きてたの!?」
    「ええ、何とか。
     私は死人がいないか、少々見て回ってくる。その後で水か何か、持ってくる。それまで安静にしているといい」
    「おう。後、食い物もあれば。できればチョコとか。とびきりうまいのがほしい」
    「相分かった」
     ウォーレンが去ったところで、葛はちょいちょい、と一聖に手招きする。
    「ねえ、カズセちゃん」
    「ん?」
    「もう一回、整理させてもらっていい?」
    「何をだ?」
    「『星剣舞』ってどんな技かって言う、カズセちゃんの仮説」
    「ああ、いいぜ」
     一聖が傍らに座ったところで、葛は横になったまま、彼女に尋ね始めた。



    「この技のすごいトコはな」
     昨晩、葛の部屋。
     一聖は「星剣舞」がどんな技であるか、その仮説を葛に聞かせていた。
    「仮にこの世の全てを見通す目を持ってるヤツがいたとしても、その技を見切るコトは、ソイツにすら不可能なんだ」
    「どうして?」
    「ソレはな……」
     一聖はどこからか光る金属板を取り出し、そこに図を描いて説明する。
    「例えば今、この地点Pにお前さんが立ってるとする。そしてちょっと離れた地点Qに、葵のヤツが立ってるとする。
     この状況において、お前さんは葵に攻撃を行おうとしている。……と言うのが、話の前提だ」
    「うん」
    「葵はこの平面上の、すべての場所を観測するコトができる。
     当然、お前さんの動きもはっきり見えてて、お前さんがP地点からQ地点へどう動こうと、葵にはお見通しってワケだ。そしてその高々精度の観測によって、葵は万全の防衛体制を整えるコトができる。
     その『観測』ってのが即ち、葵の予知能力だ。このままだと、お前さんは葵に傷一つ与えられないまま迎撃を受け、返り討ちにされる。ココまでは大丈夫だな?」
    「うん」
    「しかし葵のこの防衛体制には、一つの欠陥がある。ソレは『観測』によって得た情報を基にしている、ってコトだ。
     逆に言えば、『観測』できないモノに対しては、全くの無防備なんだ」
    「でもあたしがどう動こうと、観測できるんでしょ? じゃあ、観測できないモノって何も無いんじゃないの?」
    「言ったろ? 葵は『この平面上の』すべての場所を観測してる、と。
     ソコで、こうだ」
     一聖は葛の机にあったメモ用紙を手に取り、そこに「R」と書いて金属板に貼り付ける。
    「このR地点は見ての通り、このPとQが書かれた場所とは別のトコ、つまり別の次元にある。
     お前さんがこのR地点に移れば、たちまち葵はお前さんを『観測』できなくなるし、そして何の防御策も講じられなくなる。
     つまり、『星剣舞』ってのはそう言う技なんだ。別次元と自分の世界とを瞬間的に、須臾(しゅゆ)のうちに移動し、相手がどんな察知能力を持とうとも、無関係に攻撃できる。
     この説はかなり有力だと思うぜ。何しろ昔、オレが晴奈の姉さんと戦った時、オレは誰にも真似できねーような、ソレこそさっき言ってた『全てを見通す目』に近い索敵術を使ったんだが、ソレでもまるで、姉さんの位置を捉えられなかったんだから、な。ソレはもう、この世から消えたとしか思えないくらいだったぜ。
     勿論、この仮説にはちゃんと根拠がある。姉さんと戦った場所を後で調べてみたコトがあったんだが、ソコで夥しい数の空間振動痕が検出されたんだ。だけど、その時オレは『テレポート』を使ってなかったし、そもそも『テレポート』にしちゃ、あまりにも回数が多過ぎる。
     何しろ計算上、1秒間に平均5~60回も使ってたコトになるからな。オレや親父でも、一瞬でそんなにポンポン移動できねー、って言うかそんな使い方する術じゃねーし。
     世界最高レベルの索敵術ですら、姿を捉えられなかったコト。あり得ない数の、空間振動痕。ソコから導き出せる仮説は、一つだ――晴奈の姉さんはあの戦いの最中、『星剣舞』によってこの世界と別の世界を瞬間的に行き来し、敵にまったく気配を悟らせなかったんだろう。
     つまりお前さんがもしも『星剣舞』を会得できれば、葵の予知能力を無力化できるし、罠の部屋を通らずに別の世界を経由し、その奥へ行けるってワケだ」
    「うーん……?」



    「あの時は何が何だか分かんなかった。……ううん、今でも自分が本当に、そんなコトしてたのかって言うのも、良く分かんない。
     でも、……一回死にかけて、別の世界に逝きそうになったからかな。コツみたいなのは、つかんだ気がする」
    「そっか。……疲れたから、オレもちっと横になるぜ」
     一聖は素っ気なく返し、葛に背を向けて寝転んたが――葛はその一瞬、一聖がとても満足気に、そして嬉しそうに笑っているのを、確かに見た。

    白猫夢・跳猫抄 終
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【白猫夢・跳猫抄 9】へ
    • 【白猫夢番外編 その6】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【白猫夢・跳猫抄 9】へ
    • 【白猫夢番外編 その6】へ