黄輪雑貨本店 新館


    短編・掌編

    HYPER POSITION ADVENTURE

     ←Elder H…… →大魔術師、再び立つ
    HYPER POSITION ADVENTURE

    ◆とうぞく は たからばこ を あけた!
    ◆とうぞく は 200 クラム を てにいれた!

    「へっへ、やりぃ」
     手に入れた宝を、盗賊はいそいそと懐にしまう。
    「この洞窟はまだ、他のヤツの手が付いてねーみてーだな。となりゃ……」
     洞窟の奥に目をやり、盗賊は舌なめずりする。
    「もーちょい奥まで探りたいトコだ、……が」
     盗賊はそうつぶやきつつ、先ほど魔物に噛み付かれた肩をさする。
    「オレ一人じゃ、下手打つかも知れねーからなぁ。先に進むとなると、誰かに手ぇ貸してもらわんと難しいな。
     ……と言って、あとどれだけお宝があるかも分からんから、山分けするとアシが出るかも知れんし」
     その場に座り込み、一人で進むか、仲間を呼ぶかを検討する。
     そして強欲な盗賊は結局、一人で進むことを選んだ。
    「……ま、人生当たって砕けろだ」

     その選択は結果的に、正しかったらしい。
     幸いにして、地下2階、3階、4階、そして最深部まで進んでも、盗賊は特に、凶悪な魔物に出くわすことは無かった。
    「ひゃっひゃっ……、大正解だったな、一人で進んで」
     既に彼の懐やかばん、背負った袋には、大量の金銀財宝が詰まっている。
     そしてその中に――良く分からない、虹色に光る円盤も入っていた。
    「……にしても、何なんだこりゃ?」
     盗賊はその円盤を手にし、自分の顔を映す。
    「賢者のじーさんにでも聞きゃ、分かるかな……?」



     意気揚々と街に帰った盗賊は、早速知り合いの賢者にこの円盤を鑑定してもらった。
    「こりゃ、秘宝ってヤツだね」
    「ひほお?」
    「古の文献にあり、『之を手にし者、百の人生を歩みて一とすること可なり』とか何とか。
     ま、要するにこう言う使い方だね」
     そう言って賢者は、盗賊に銀貨を一枚渡す。
    「後ろ手に隠して、左手か右手かのどっちかに持ってみな。私がソレを当ててやるね」
    「おう」
     言われた通り、盗賊は片方の手に銀貨を握りこみ、賢者の前に両拳を突き出す。
    「んじゃ……」
     次の瞬間――盗賊は奇妙な感覚に襲われた。
    「(左、右)だね」
     賢者の姿が二重にぶれて見え、そして声も、彼一人自身でハモっているように聞こえる。
     そして賢者は、盗賊の右手を握っていた。
    「……な、なんだ今の?」
     盗賊はうろたえつつ、手を開く。
     その掌には、銀貨が乗っていた。
    「両方とも選択したね」
    「は?」
    「今、私は君の左手を選ぶと同時に、右手も同時に選んだね。
     この秘宝はそーゆー使い方をするヤツなのさ。複数の選択を、1つの結果にまとめられる。
     分かりやすく言や、2択、3択の賭けで、一度に全張りできるってコトさ」
    「マジかよ……」
    「ま、私ゃそんなもんに興味無いから、君が使いな」
     賢者は盗賊に、秘宝の使い方を丁寧に教えてくれた。



     この恐るべき秘宝を手にした盗賊は、早速カジノに駆け込んだ。
    「おい、この店で一番デカい賭けは!?」
    「そりゃ、あのテーブルでやってるやつだろ」
     客が指差した卓にどかっと座り込み、男は洞窟で稼いできた金をすべて積み上げる。
    「張らせろ、一発勝負だ!」
     盗賊の言葉に、周囲がどよめく。
    「なんだアイツ……!?」
    「どう見ても10万クラムはあるぞ、あれ」
    「バカじゃねーの?」
     盗賊の申し出を受け、ディーラーがカードを配る。
    「では、お客様にお配りしたカードと、卓上の5枚のカードの内1枚とを組み合わせて……」「ルールは分かってる! さっさと張るぜ!」
     盗賊は秘宝をこっそり握りしめ、その力を使った。
    「(一番右、右から2番目、真ん中、左から2番目、一番左)のカードだッ!」
    「んっ……?」
    「何だ今の?」
    「アイツ、何かごちゃごちゃっとなって……?」
     騒然とする周囲に構わず、ディーラーが結果を示す。
    「お客様の勝利です」
    「……ひ、ひひ、ひゃはははっ!」
     莫大な金が盗賊の眼前に置かれていく。
     その光景に、盗賊は大笑いしていた。

     ところが――。
    「……あ、あれ、おい?」
     ディーラーの動きもぶれて見える。
    「私どもの勝利です」
    「私どもの勝利です」
    「私どもの勝利です」
    「私どもの勝利です」
     ぶれたディーラーは、四重に盗賊の敗北を宣言した。



    ◆とうぞく は 300000 クラム を かくとく した!
    ◆とうぞく は 100000 クラム を うしなった!
    ◆とうぞく は 100000 クラム を うしなった!
    ◆とうぞく は 100000 クラム を うしなった!
    ◆とうぞく は 100000 クラム を うしなった!

    ◆とうぞく の しょじきん : -100000



    ◆けんじゃ「だから いったのにね。
    ◆けんじゃ「けっかが ぜんぶ ひとつに まとまる ってね。
    ◆けんじゃ「つまりは
    ◆けんじゃ「かった けっかも まけた けっかも
    ◆けんじゃ「ぜんぶ まとまる って こと。
    ◆けんじゃ「うまい はなし なんて そうそう ありゃしないって のに ねぇ。
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【Elder H……】へ
    • 【大魔術師、再び立つ】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【Elder H……】へ
    • 【大魔術師、再び立つ】へ