黄輪雑貨本店 新館


    短編・掌編

    大魔術師、再び立つ

     ←HYPER POSITION ADVENTURE →あけましておめでとうございます
    大魔術師、再び立つ

    「もう二度と来るんじゃ無いぞ、……じいさん、でいいのか?」
    「見りゃ分かるじゃろ」
     そうは言ってみたが、出口に突っ立っていた刑務官は、微妙な表情を浮かべておる。
     まあ、そうじゃろうな。わしの見た目は30歳前の若者なんじゃから。



     わしは偉大な魔術師である。
     どれくらい偉大かと言うと、わしの研究を恐れ、妬んだ時の為政者によって冤罪にかけられ、20年もの熾烈な戦いの末、ようやく捕まったくらいには、大物じゃ。
     ま、その某為政者もわしの秘術を盗み出すため、わしを即刻縛り首にするようなことはせず、250年という阿呆な刑期をわしに課して、監獄の中で根掘り葉掘り聞こうとしたようじゃが、結局あっちの方が、先に死んじまいおった。

     残ったのはよく分からん罪での刑期、250年だけ。
     一度、わしを投獄したやつの後釜から恩赦の打診が来たが、たまにはゆっくり休もうと考えていたわしは、あえてそれを蹴ってやった。
     というわけでわしはこの250年、悠々自適に塀の中におったと言うわけじゃ。

     ともかくその刑期も終わり、わしは2世紀半ぶりに外の世界に出た。
     齢500年、いや、600? 違う、700じゃったかな……、まあええ。 それくらい長生きすると、1世紀や2世紀程度は大した時にはならぬ。
     この250年も、わしにとっては一眠りも同然の時間じゃった。



     が。
    「……まだ夢でも見とるんかな、わし」
     たった250年の間に、街はえらく変わっておった。
     街道には鉄の箱が闊歩し、山か壁かと見紛う建物が軒を連ね、夜は昼と変わらん明るさで照らされておる。
     街行く者を観察していたが、誰も彼もが独り言を話しておって、不気味この上ない。 いや、よくよく見れば耳に何か当てておる。どうやら通信の術か何からしい。
     それを目にした瞬間、わしは今まで感じたことのない、嫌な予感を覚えた。

     わしの隠れ家はとっくの昔に「ベッドタウン」なる場所に作り替えられており、わしは財産の一切を失っておった。
     とは言え長い人生、そんな経験は二度や三度ではない。わしの秘術を持ってすれば、袋一杯の金銀財宝なぞ、いくらでも造れる。
     ところが、いざ錬金に使う卑金属を買おうとしたところ、とんでもない額を突きつけられた。
    「な、なんじゃそのぼったくりは!? 金より高いではないか!」
    「いや、適正価格だと思いますよ……?」
     250年前には単なる屑石であった素材も、その間に価値が見出されたらしく、ことごとく高騰しておった。

     どうやら、わしが思っている以上に、この250年の技術向上はすさまじかったらしい。
     錬金の一件だけに留まらず、わしが持つあらゆる技術は、現代の技術に凌駕されておった。
    「しまった……。いくらなんでも、……ゆっくりし過ぎたか」
     わしはついに窮し、行き場を失った。



     7年後。

    「素晴らしい成果ですね、博士」
    「うむ」
    「この超々タングステン・レニウムカーバイド鋼が量産化されれば、世界が一変しますよ!」
    「うむうむ、そうじゃろうなぁ」

     かつては大魔術師と称されたこのわしが、ただ膝を屈するだけで終わったと思ったか? 一念発起し、再度学び直したのじゃ。
     元々、独力で数々の秘術を編み出したわしじゃ。心機一転して一から学ぶことなど、造作も無い。
     そして現代技術を余すところ無く我が物としたところで、改めて己の研究を行うことにした。
     その結果――わしはまた、魔術師と呼ばれるようになった。

    「流石は『超合金の魔術師』。素晴らしい技術をお持ちだ。
     我が軍はさらに、無敵の存在となるでしょうな」
    「……うむ。そうじゃな、将軍閣下」
     しかし、現代世界においても、あまりにも突出した技術を確立してしまったことで、わしはまた時の権力者から、こうして背後でにらまれる生活を送る羽目になってしまった。



     ああ、うざったいことこの上無い。
     かくなる上は、また「ゆっくり」してやろうかのぉ。……今度は300年くらい。
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【HYPER POSITION ADVENTURE】へ
    • 【あけましておめでとうございます】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    年をまたいでしまいましたが、コメントありがとうございます。
    本年もよろしくお願いいたします。

    NoTitle 

    こんにちは

    本年は、健康問題など、いろいろとお気遣い頂き
    ありがとうございました。
    また、いつもカレンダー記事からの参照表示をして頂き
    誠にありがとうございました。

    来年も、何卒よろしくお願いいたします。
    ありがとうございました。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【HYPER POSITION ADVENTURE】へ
    • 【あけましておめでとうございます】へ