黄輪雑貨本店 新館


    「白猫夢」
    白猫夢 第9部

    白猫夢・奇縁抄 4

     ←白猫夢・奇縁抄 3 →白猫夢・奇縁抄 5
    麒麟を巡る話、第484話。
    スタッガート夫妻の心配。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    4.
     秋也たちは葛の壮行会として、帝国の知人らを呼んで食事会を催すことにした。
    「急な話でしたのに、こうして娘のためにお集まりいただき、誠に……」「おい、おい、シュウヤ!」
     堅い挨拶をしかけた秋也の肩を、サンデルがバンバンと叩く。
    「内々での集まりではないか! そんな格式張った文字なぞ並べてどうする!」
    「……んじゃ、ざっくり行きましょうか。
     コレから中央で新たな勉強に励む葛を、応援してやって下さい! それじゃ乾杯っ!」
    「乾杯!」
     乾杯の音頭が終わり、各々が会の主役、葛の元にやって来る。
    「しかし思い切ったものだな、カズラ君」
    「まったくであるな。今の大学でも、それなりに評価されておるそうではないか」
    「そのまま大学院に進むこともできると聞いたけれど……」
     口々に質問をぶつけられ、葛はしどろもどろに答える。
    「あの、えっと、確かに今のままでも問題は無いですけど、でも、もう少し踏み込んだ研究を、えっと、実地で? したいなって」
    「ふーむ……」
     と、リヴィエル卿が首をかしげる。
    「元々、君の研究テーマは西方南部三国における商業変遷と、それに関する政治の役割についてでは無かったか?
     しかし聞いた話によれば、急に央中の研究を始めたと言うではないか」
    「あっ、……えーと」「ソコはソレ」
     葛が返答に窮したところで、一聖が口を挟んでくる。
    「あの謎多き大商人のコトだ。直接は南部にゃ行ってねーらしいが、貿易は頻繁にやってたらしいしな。だからその関係で何かしら……」
     一聖が知識人らを煙に巻きつつ、手でこそっと葛に離れるよう促す。
    (んじゃ、お願いっ)(おう、任しとけ)
     葛は一聖の好意に甘え、そっとその場から離れた。
    「……ふー」
     話の輪から離れたところで、葛は部屋の中を一瞥する。
    (そー言や昔、アイツが天狐ゼミ行くってなった時も、こーして壮行会やってたんだっけ)
     眺めている間に、その「前回」も参加していた人物――スタッガート夫妻と目が合う。
    「ねえ、カズラちゃん」
     と、アルピナが声をかける。
    「あ、はい」
    「さっき、あの黒い『狼』の方から聞いた話だけど、もうすぐ王国……、と言うか王国を牛耳った白猫党が、東部方面に戦争を仕掛けようとしているって、本当?」
    「らしいです。確かな情報筋からだって」
    「そう……」
     揃って沈んだ表情を見せたスタッガート夫妻を見て、葛は「あ」と声を上げた。
    「そっか、カリナちゃんって」
    「ああ。マチェレ王国にいるんだ」
     娘の身を案じ、腕を組んでうなるユーゲンに、葛は恐る恐る提案する。
    「あの、もし良かったらあたしが迎えに行きましょうか? パッと行ける方法がありますから」
    「いやいや」
     一転、ユーゲンはぎこちない笑顔を見せる。
    「何も開戦すれば即、一国全体が滅亡すると決まったわけじゃない。
     恐らく国境付近が襲われはするだろうが、カリナのいる寄宿舎はマチェレの、割りと北の方にあるからね。カリナが戦火に晒されるようなことは、まず無いさ」
    「とは言え、しばらく連絡はできなくなるかも知れないけれどね」
    「それなんだよなぁ……。無事だとは思うんだ。思ってはいるんだが、手紙や電話ができなくなると思うと……」
     しょんぼりしたユーゲンを見て、葛はクスっと笑う。
    「あ、……ごめんなさい」
    「いいのよ。この人が心配性なだけだから」
     アルピナも夫の肩をポンと叩きながら、クスクスと笑って返した。
    「心配にもなるじゃないか。ただでさえ4年会ってないんだから」
    「まあ、それはそうだけど。きっとあの子はあの子で、気楽にやってるわよ」
    「君に似ていればね。しかし昔から良く、僕似と言われていたし」
    「そうね。じゃあもしかしたら、あの子も心細く思ってるかも知れないけれど……」
    「……むう」
     再び難しい顔をするユーゲンに、アルピナが肩をすくめる。
    「まあ、ここで気を揉んでいたって仕方ないわ。もしも本当に危なそうだってことになったら、その時こそ助けに行きましょう?」
    「ああ、そうだな」
     と――二人の会話を傍で聞いていた葛は、己のことをぼんやりと顧みていた。
    (そー言や、あたしってどっち似なんだろ。
     昔っからばーちゃん似って言われたコトは結構あったけど、親のどっちって話、あんまり聞いたコト無いよね……?)
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【白猫夢・奇縁抄 3】へ
    • 【白猫夢・奇縁抄 5】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【白猫夢・奇縁抄 3】へ
    • 【白猫夢・奇縁抄 5】へ