FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第4部

    蒼天剣・黒峰録 5

     ←蒼天剣・黒峰録 4 →蒼天剣・繁華録 1
    晴奈の話、第172話。
    晴奈のきもち。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    5.
     ウェンディが言った通り、晴奈はそのまま何事も無く、黒鳥宮の外へと退出できた。
    「晴奈っ」
     門前で待っていた小鈴が、心配そうな顔で駆け寄ってくる。
    「小鈴殿、ご心配をおかけしました」
    「大丈夫? ケガしてない? 変なコトされてない?」
    「心配ご無用。五体無事に帰ってまいりました」
    「そう、……良かった」
     と、ここまで晴奈を送ってきたウェンディが、二人の様子にため息をついた。
    「コウさん。あなたのことを、じっくりと観察させていただきました。
     技量は申し分無し。いいえ、それどころか感服しました。『エアリアル』も使わず、あのように宙を舞って戦う者がいるとは、思いもよりませんでした。
     そしてあなたの人柄も、決して悪いものでは無いと分かります。少なくともそんな風に心配される方が、悪人とは思えませんから」
    「え、と……、はぁ」
     晴奈はウェンディが何を言いたいのか見当が付かず、曖昧な返事を返す。その心中を見抜いたらしく、ウェンディはこう続けた。
    「あなたに恨みを向けることは今後、一切無いと約束します。いいえ、そもそも弟の件で恨みを誰かにぶつけると言うこと自体が、筋違いなのでしょう。
     先程も申し上げた通り、私たちウィルソン家は、大勢の教団員を庇護すべき立場にあります。ですから普通の家庭より、家族に対してかける情はどうしても薄くならざるを得ません。少なくとも私は、公における兄弟や親族たちとの関係は、他人のようでした。
     ウィルバーにきつく当たることも多く、その結果あんな風に、弟の性格をねじ曲げてしまったのかも知れません。
     ……ですが、これだけは確か。私たちは、多少なりともあの子を愛していました。早くに母を失ったあの子を、私たちなりのやり方で、愛情をかけたつもりでした」
     ウェンディは眼鏡を外し、晴奈たちから顔を背ける。既に辺りは暗くなっており、顔をはっきり見るのは難しかったが、それでも涙を浮かべているのは確認できた。
    「私が、原因なのです。ウィルソン家からあの子を勘当したのは、他ならぬ私。
     私がもし、普段からもっと優しい言葉をかけ、勘当などしなければ、あの子は死ななかったはず」
    「ウェンディ卿……」
    「……コウさん、あなたは知らないでしょうが、1年半くらい前から、あの子の話に良く、あなたが出てきていました。
    『セイナと言う猫獣人が、とても強いんだ』『セイナは焔の剣士でつっけんどんな奴だけど、本当にかっこよくって』『セイナがオレの相棒だったらなぁ』……、と。
     周りの上下関係が厳しく、友達のいないあの子にとって、あなたは唯一対等に語り合えた、親友同然の存在だったのでしょう」
    「……そうですか」
     晴奈は複雑な思いで、ウェンディの独白をただ聞いていた。
    「もし、焔と黒炎の間で争いが無く、今回の戦争も無かったなら――もしかしたら私は、あなたを義妹と呼んでいたかも知れませんね」
     ウェンディはそれだけ言って涙を拭い、黒鳥宮に戻っていった。



    「晴奈」
     宿に戻った晴奈は、小鈴と話をしていた。
    「はい?」
    「アンタはどうだったの?」
    「何がです?」
     小鈴は杖の鈴をいじりながら、いたずらっぽく尋ねる。
    「ウィルバー君のコト、好きだった?」
    「……分かりません。敵とは言え、憎からず思っていたのは確かです。でも、それが色恋の感情なのか、それは私にも度し難い」
    「そう」
     小鈴はまだ鈴をいじっている。
    「アンタさ、恋ってしたコトあったっけ」
    「……無かったと思います」
    「そっかー」
     鈴をいじる手が止まる。
    「あたしは、色々あったなー。
     ……ほら、エルフって若い時代、すっごく長いじゃん? あと15、6年はさ、同じように生きられるとしてさ、通算30年くらい、今の晴奈とカラダ的にはタメでいられるんだよね。
     ……だからさ、えっと、何言いたいかって言うと、えーと」
     また、鈴をいじり出す。
    「そんだけ時間があっても、あたしは全部、恋愛に使える気がすんのよ。ホント、恋愛ゴトは楽しいわよ。……ちょこっと、苦しい時もあるけどさ。
     断言しちゃうけどさ、アンタのその気持ち、やっぱ恋だと思うんだ」
    「そう、……でしょうか?」
    「絶対そーよ。ウィルバー君のコト思うと、楽しさと苦しさが一緒に来ない?」
     晴奈は自分の胸に手を当て、内省してみる。
    「……、そう、ですね。語り合ったり、戦ったりしていた時、本当に楽しかった。
     でも逆に、ののしり合う時、にらみ合っている時、何故だか苦しい気持ちにもなっていました。私は……」
     晴奈は顔に手を当て、ゴシゴシとこする。
    「……どうなのでしょう? やはり、恋、だったのでしょうか?」
    「あたしは、そうだと思う。ま、晴奈が『絶対違う』って言うなら、反論しないけど」
    「……」
     晴奈はそれきり、黙りこくる。
     しばらく様子を見ていた小鈴は杖を置き、優しくつぶやいた。
    「死んでないといいね、ウィルバー君」
    「……私も、そう願っています」
     日中、様々なことがあったその日の夜は、静かに更けていった。

    蒼天剣・黒峰録 終

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2016.04.21 修正
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【蒼天剣・黒峰録 4】へ
    • 【蒼天剣・繁華録 1】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    確かに恋じゃないですねぇ。
    少なくとも晴奈の側からしてみれば、「恋」って言葉では的外れもいいところ。

    NoTitle 

    私見ですが、晴奈とウィルバーは、「恋」じゃないな。

    日本語にはもっと適した言葉があるような。

    例えば、「腐れ縁」とか……。

    NoTitle 

    第3部まで、黒炎教団は明らかな「敵」としての存在付けをしていたので、ここで面目躍如させておこうかな、と。
    ウェンディはそのまんま、文武両道の才女さんですね。後に大出世したりします。

    NoTitle 

    黒炎教団の歴史があっていいですね。
    個人的にウェンディが出てきて良かったですね。メガネをかけているということは知的美人!!…的な感じなんでしょうかね。
    セイナとは違った角度の美人そうでいいですね。
    タイカとウィリアムの出会いもあって、すごくよかった回でした。
    どうも、LandMでした。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【蒼天剣・黒峰録 4】へ
    • 【蒼天剣・繁華録 1】へ