黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 短編・掌編・設定など」
    双月千年世界 短編・掌編

    アナザー・トゥ・ワールド 6

     ←アナザー・トゥ・ワールド 5 →アナザー・トゥ・ワールド 7
    双月千年世界と「クリスタルの断章」のコラボ小説、第6話。
    別世界へ。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    6.
    「ロープ」
    「よしっ」
    「カメラ」
    「よしっ」
    「板チョコ」
    「よしっ」
    「いるかねぇ?」
    「いる。オレのおやつだよ。次、魔力結晶『オリハルコンMS―212』」
    「よしっ」
    「番号も合ってるな? 212だぞ」
    「うん、間違い無いよっ」
    「そんなもんかね、持って行くモノは」
    「だな。……よし、それじゃ行くぜ」
     三人はもう一度「テレポート」であの倉庫街へと飛び、再び「切れ目」の前へ集まっていた。
    「それじゃ鈴林」
    「うんっ」
     天狐は鈴林の体にぐるぐるとロープを巻き、外れないよう固定する。その間に、モールがロープのもう一端を倉庫の柱にがっちりと巻きつける。
    「よし、準備完了。行くぜ」
    「了解、ってね」「はーいっ」
     天狐と鈴林は手をつなぎながら、「切れ目」の向こうへと歩き出す。モールも鈴林のロープをつかみつつ、二人の後に続く。
    「こちら」では特に何の違和感も覚えることなく、三人は「向こう側」へと移った。



     ところが移った瞬間、三人は何かに弾かれ、それぞれ違う方向へと飛んで行った。
    「おわっ!?」
    「いてっ!?」
    「きゃあっ!?」
     それでも鈴林だけはどうにか体勢を立て直し、ロープが外れないようしっかりと握る。
    「二人とも大丈夫っ!?」
    「おう、大丈夫、……だ。ちっと頭ぶつけちまったけど」
    「おー、いてて……。尻尾が折れるかと思ったね」
     天狐とモールが、それぞれ頭と腰を押さえながら鈴林のところに戻ってくる。
    「今のは何だったんだ?」
    「どーも『こっち側』は、『切れ目』が閉じかかってたみたいだね。んで、ソレを私らが拡げたから……」
    「『こっち』の空間に大きな歪みが発生し、その結果衝撃波が起こって、ソレにオレたちが弾かれた、……ってワケか。
     ……! 鈴林! 『切れ目』はどうなってる!?」
    「まだあるよっ」
     鈴林が「切れ目」に手を入れ、つながっていることを知らせた。
    「……ふう。ソイツが無くなっちゃ、オレたちが戻れなくなっちまうからな。……見た感じ、閉じてく気配は無いみてーだな」
    「うんっ。今のところ、それっぽい様子は無いみたいだねっ」
     観察している鈴林の肩を、天狐がポンと叩く。
    「じゃ、そのまま監視しててくれ。何か変化があったらすぐ知らせろ」
    「え?」
    「お前が人の姿を維持出来てるってコトは、魔術がこっちでも使えるってコトだ。『トランスワード』も普通に使えるだろ。一応、通信できるか試しとくか?」
    「え、や、そうじゃなくてっ。姉さん、あたしを置いてくのっ!?」
    「他に誰が残る?」
    「……もお、もおっ!」
     鈴林は涙目になりながら、天狐の背中をべちべちと叩く。
    「いてっ、いてってば、何だよ?」
    「こんなとこに一人置いてくつもりなのっ!? 誰か来たらどうすんのよっ!?」
    「私が見えにくくする術をかけてやるね。ソレならごまかせるさ。
     大丈夫、ぐるっと回りを見る程度だからね。そんなに時間はかかんないってね」
    「むーっ」
     むくれる鈴林に背を向け、天狐は辺りを見回す。
    「なるほど、確かにミッドランドやゴールドコーストとは違う景色だな。もっと未来的だ」
    「確かにね。私らの住む世界より、大分文明は進んでそうだね。つっても高々1世紀か、2世紀かってところだろうけどもね」
    「ふーん……。っと、そうだ」
     天狐はモールの側に寄り、鈴林に聞こえないようこそこそと話す。
    (で、コレからどうすんだ? 本当にこの辺りぐるっと回って終わりのつもりか?)
    (他にやるコト無いしね。あんまり遠くへ行って戻って来られなくなっちゃ、ソレこそ一巻の終わりだしね)
    (だな)
    「あ・ね・さーん……?」
     怒りをにじませた鈴林の声が、二人の背中に突き刺さる。
    「なにをはなしてるのかなーっ?」
    「大したコトじゃねーよ。安心しな、別に遠出しようって話じゃ……」
     と、弁解しかけたその時――。
    「……! 誰か来るね」
     モールが天狐の手を引き、魔術を唱えた。
    「しゃべらないでね。……『インビジブル』」
     瞬間、鈴林を含めた三人の姿が透明になる。
     それと同時に、強い光が2つ、三人の右前方から現れる。
    「**。***、****?」
    「**」
    「*、****?」
    「****」
     その光と共に、二人の男女が近付いてきた。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2015.09.28 修正
    関連記事


    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【アナザー・トゥ・ワールド 5】へ
    • 【アナザー・トゥ・ワールド 7】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【アナザー・トゥ・ワールド 5】へ
    • 【アナザー・トゥ・ワールド 7】へ