黄輪雑貨本店 新館


    「白猫夢」
    白猫夢 第10部

    白猫夢・博侶抄 1

     ←白猫夢・麒麟抄 10 →白猫夢・博侶抄 2
    麒麟を巡る話、第487話。
    ある夫婦。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    1.
    「お帰りなさい。おつかれさま」
    「うん……、ありがとう」
     夜遅くに帰ってきた夫に、彼女は優しく笑いかけていた。
    「あれからずっと?」
    「ずっと」
    「わたしが研究室出たのって、6時でしたよね?」
    「うん」
    「もう午前様になってますけど」
    「まとめるのに手間取っちゃってね」
    「……もう。ご飯冷めちゃいましたよ?」
    「ごめん」
    「食べます?」
    「勿論。腹ペコなんだ」
    「それはそうでしょう。あなた、お昼も抜いてらしたもの。お弁当も手付かずでしたから、そのまま持って帰ってきましたよ」
    「そうだったっけ……。ごめん、本当」
    「わたしのおゆはんにしましたから、それはいいです。でもちゃんと食べないと、お体、壊しちゃいますよ?」
    「気を付ける」
    「付けてらっしゃらないじゃないですか。明日はちゃんと食べて下さいよ。
     じゃ、ご飯あっためてきますから、その間にお風呂入ってきて下さいね」
    「うん」
     のろのろと風呂場へ向かう夫を見て、彼女はいたずらめかして声をかける。
    「かけあしっ」
    「あ、うん」
     慌てて駆け込んだ夫の後ろ姿を眺めながら、彼女はクスクス笑っていた。

     30分後、風呂から上がった夫に、彼女は熱燗を差し出した。
    「今夜も冷えるそうですから」
    「ありがとう、ハル」
    「いえいえ、お粗末さまです。……じゃ、わたしもお相伴、と」
     食卓の対面に座り、彼女も酒に口を付ける。
    「……あつっ」
    「大丈夫?」
    「ええ、わたしちょっと猫舌なので。でも、ちょっとあっため過ぎたかしら」
    「丁度いいよ、僕には」
    「良かったです。……わたしは、もうちょっと冷ましてからいただきます」
    「うん。……あ」
     と、夫が慌てて立ち上がる。
    「どうしたんですか?」
    「いやさ、今日遅くなったのって――勿論、研究室にいたのも一因なんだけど――これを買いに寄ったのもあったから。閉店間際だったけど、何とか買えたんだ」
    「え?」
    「ほら、今日って確か、君の……」
     そう説明しながら、夫が小さな包みを手に戻ってきた。
    「わたしの?」
    「いや、ほら、その……、誕生日だったなって」
    「……」
    「だから、プレゼントを」
    「ルシオ」
     彼女は呆れた声を漏らした。
    「わたしの誕生日は、昨日ですよ」
    「え」
     それを聞いた夫、ルシオの顔から、ざっと血の気が引く。
    「あ……、ご、ごめん。そっか、昨日だったんだね。ごめん、本当。……本当に悪かった」
    「これが可愛いから、許します」
    「……そ、そう。良かった」
    「でも、欲を言うなら」
     夫から受け取った指輪をはめながら、彼女――紺納春はにこっと笑って、こう付け加えた。
    「明日、一緒にお食事に行けたらなって思ってます」
    「そ、そっか。うん、じゃ、明日行こう。予約しとく」
    「はい、楽しみにしてますね。
     くれぐれも今日みたいに午前様だなんてこと、しないで下さいね?」
    「勿論さ。今日はちょっと、手間取っただけで」
    「そうかしら?」
     春は口を尖らせ、ルシオに釘を差す。
    「あなた、後片付けが下手ですもの。
     わたしも同じ研究室で、同じ内容の研究をしていたのに、6時に上がれたわたしに対して、あなたはこんな時間になるまでですもの。
     早め早めに行動して下さいなって、いつも言ってるのに」
    「……気を付ける。明日こそは、本当」
     ルシオはばつが悪そうに、肩をすくめて返す。
     それを受けて、春はまた、クスクスと笑みを浮かべた。
    「『本当』、楽しみにしてますからね。昨日みたいに、がっかりさせないで下さいな」
    「もっ、……勿論」
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【白猫夢・麒麟抄 10】へ
    • 【白猫夢・博侶抄 2】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【白猫夢・麒麟抄 10】へ
    • 【白猫夢・博侶抄 2】へ