黄輪雑貨本店 新館


    「白猫夢」
    白猫夢 第10部

    白猫夢・博侶抄 2

     ←白猫夢・博侶抄 1 →白猫夢・博侶抄 3
    麒麟を巡る話、第488話。
    博士夫妻への訪問者。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2.
     かつて天狐ゼミにおいて葵と共に魔術を学んでいた紺納春は、その在籍中に現在の夫、ルシオに出会った。葵の口添えで彼の卒論を手伝ったことがきっかけとなり、二人は交際を始めた。
     その後、一旦はルシオの卒業により疎遠になりかけたのだが、春は卒業してすぐにルシオの元へ赴き、そのまま結婚。その後は央北の研究機関で、夫婦揃って研究を行っていた。
     その央北において一定の成果を挙げ、学者としての地位を確立した後、二人は春の故郷である央南へと移り住み、大学で教鞭を執りつつ、より精密な研究に没頭していた。

     こうして極めて穏やかに生活していた、幸せ一杯の二人だったが――外で夕食を取った、その帰りの出来事から、央南全体を揺るがす大騒動に巻き込まれることとなった。



    「ごちそうさまでした」
    「いやいや……。本当にごめんね」
    「もう、そればっかり」
     家への帰り道でも謝ってくる夫に、春はぷく、と頬をふくらませた。
    「ご飯は美味しかったですし、指輪も可愛かったです。わたし、十分に満足してますよ。何も謝ることなんか、ありませんから。
     もっと堂々としていて下さいな」
    「あ、……うん」
     またも頭を下げかけたルシオの額にちょん、と人差し指を置き、春はこう続ける。
    「胸を張って」
    「う、うん」
    「お顔を上げて」
    「こう?」
    「はい。バッチリです」
     言われるがままに胸を張り、頭を反らしたルシオを確認し、春は満足気にうなずく。
    「わたしは、あなたの困った顔より、しゃきっとしたお顔の方が好きです」
    「気を付けるよ……」
     若干憮然としつつも、ルシオは言われた通りに表情を直した。

     と――彼らの前から、ふた昔は古く感じられる外套と紋付袴を身にまとった、剣士風の男たちが歩いてきた。
    (なんか……、時代錯誤って言うか)
     その二人を見て、ルシオは思わず横に目をやる。すると自分と同様、面食らった顔をした妻と目が合ったので、二人は目配せだけで応答する。
    (ええ、……変な人たちですね)
    「もし」
     と、その時代錯誤で変な男たちから声をかけられてしまった。
    「……はい」
     無視するわけにも行かず、ルシオが応える。
    「お尋ねしますが、お二人はブロッツォ博士夫妻で相違ないでしょうか」
    「え、……ええ。私がブロッツォです」
     自分の名を呼ばれ、ルシオは思わず顔をしかめた。
     それを見た男たちの片方、頭の薄くなった初老の狐耳が、慌てた様子で手を振る。
    「あ、いや。小生らは怪しい者ではございません。
     こんな道端で声をかけたこと、どうかご容赦いただきたい。何しろお住まいにも大学にもいらっしゃらなかったもので、こうして足取りをたどるほか無かったもので」
    「はあ」
     ルシオがぼんやりとした返事をしたところで、もう一方の、強面でがっしりとした体つきの、短耳の青年が口を開く。
    「我々は焔紅王国から参りました。博士にどうか、お頼みしたい件がございまして」
    「えん、こう? ……って?」
     ルシオが尋ねたところで、春がぐい、と彼の袖を引いた。
    「行きましょう、あなた」
    「え? ちょ、ちょっと待ってよ。いきなりそんな……」
    「いやいや、奥方のお気持ちは十分に分かります」
     狐耳が申し訳無さそうに頭を下げる。
    「央南連合と袂を分かって二十余年、我々に抱く印象はすこぶる不快なものであること、十分に承知しておるつもりです。
     しかしどうか、お話だけでも聞いてはいただけませんでしょうか」
    「結構です。お帰り下さい」
     男たちの要求をにべもなく突っぱねる妻に、ルシオはぎょっとしていた。
    「ハル? なんでそんなに冷たいのさ?」
    「あなた、本当に焔紅王国のことをご存知無いのですか?」
     春は表情を強張らせたまま、ルシオにそう尋ねる。
    「うん、全然知らない」
    「……わたしが知る限りでは」
     春は男たちを一瞥し、冷たく言い放った。
    「焔紅王国は四半世紀前に央南西部を蹂躙しようと画策した、悪人たちの巣窟です」
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【白猫夢・博侶抄 1】へ
    • 【白猫夢・博侶抄 3】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【白猫夢・博侶抄 1】へ
    • 【白猫夢・博侶抄 3】へ